キネマモザイク 【正】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
08 /19 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


正サマを攻略し終えました!!
コンプリートです(〃∇〃)

兄弟の中で一番、物語の展開が自然で楽しめました。
正サマも恋愛に疎いタイプで。
独占欲が強いと自覚しながらも、これが恋なのだとは自覚できない所は、宮ノ杜家特有の偏った教育の賜物ですよね(笑)。
身分違いであり、自分には目指すものがあり・・・と、ヒロインへの想いを断ち切ろうとする正サマ。
いじらしいと言うか、歯痒いと言うか(笑)。
また、正サマを慕うヒロインも、己の立場をわきまえ、親の勧める縁談を受けると決意したものの。
縁談・結納・結婚式と、かなりの急展開に心が付いていかず、戸惑い続けるさまが可哀想でした。

ヒロインの縁談の相手があの元同僚・秀男というのは、これまでのパターンから予想できましたが。
今回はかなり冷たい亭主関白タイプになっていましたね!
「俺と結婚したら帝都へは行かせない。行く必要ないだろ!」とかなり強引。
何故そんなことを言うんだろうと思ったら・・・。
友情に万歳ですね!!
たえも秀男も、いい友達ですよ。
まぁ、手段が少々強引でしたけど(^^;
あのバッドエンドは、かなりの確立でありえそうな終わり方でしたからね。
でも、僅かな可能性に賭け、結婚式当日ヒロインの元へと駆けつけた正サマはカッコ良かったです!
O(≧∇≦)O



さて。
これで攻略対象キャラ全員との恋愛が終わりました。
物語の展開をランク付けするなら、一番が喜助♪二番が正サマでしょうか。
三番は雅で、四番はファンの欲目で守サマですね。

ファンディスクであるこのキネマモザイクは、ファンディスクとは思えないボリュームで、そういう意味では★★★★なのですが。
総評としては★★★ですね。
物語の濃さと言うか、展開の萌え度というか・・・。
個人的な好みではありますが、前作の方が楽しめました。
喜助が攻略可能なので、そういう意味ではキネマモザイクも捨てがたいのですけどね。
前作の展開が楽しかっただけに、ファンディスクの展開の強引さ(専属使用人をつける理由など)はちょっと意味が無い感じがしましたし。
攻略していないときは、彼らの個性が光っていて楽しいキャラなのに、攻略を始めた途端にヘタレになるというか、おバカになるというか・・・。
キャラ萌えしている守サマでさえ、攻略していて疲れました。

なので、彼らの個性を楽しむなら、前作をプレイするか今作の脇役の時に楽しむ事をオススメします。


以上、簡単ではありますが、個人的な感想を綴ってみました。
さぁ、次ぎはどの積みゲーに手を出そうかな♪


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

キネマモザイク 【勇】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
07 /31 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略し終わったのに、なかなか記事に出来ませんでした!
ごめんなさい、勇サマ♪←謝罪感ゼロ(笑)


さて。
野望に満ちた勇サマですが、実際自分が「当主」の器かどうかと言った基本的な部分への疑問はちゃんと持っておられるようです。
良かった(笑)。
かなりの世間知らず・常識知らずで、「軍人の嗜み」と言っては花街へ出かける方ですからね。
自分の事をどこまで冷静に捉えているのか、その辺が判って少し安心しましたが。
相変わらず、自分勝手な人です(笑)。

専属使用人が付き、それを自分の物と豪語する勇サマは、使用人は誰でも一緒だと言いながらも主人公に対してだけは特別に扱います。
「これは俺の物だ。だから俺だけが好きにして良い筈だ」と。
ホント、勝ってですねぇ~。
で、何でそんなに固執するのか、兄弟たちの誰もが気付いているのに、本人だけ気付いていないんですよ(笑)。
なんせ勇サマ、今回が初恋ですから(笑)。
33歳で初恋かぁ・・・。
育つ環境が若干特殊ではありますが、それでも初恋を経験していないと言うのは勇サマらしいと言うか、何と言うか・・・。

そして、それを妨害(という名の娯楽に)しようとする当主・玄一郎様の奇抜な発想!
玄一郎様が現在行っている黒い計画を止めることが出来れば勇サマの勝ちとなり、当主の座と主人公との結婚を承諾。
逆に止められなければ、玄一郎様の勝ちとなり、主人公を好きにするというもので。
てっきり、負ければ主人公が解雇なのだと勘違いした勇サマは、自分が勝てば良いだけと安易に賭けを承諾したのですが。
余計な心配をかけまいと主人公に内緒にしてしまったので、さぁ大変!
玄一郎様から賭けのことを聞かされ、勇サマが負ければ玄一郎様と結婚する話になっていると言うので驚きです。

世継ぎは期待していないが、余生を一人で過ごすのは寂しい・・・とかなんとか、イイ言い訳ですよね(笑)。

使用人の身分で財閥当主との結婚って・・・。
私ならその話、乗るかも(笑)。

まぁ、冗談はさておき。
何が一番大切か、やっと気付いた勇サマの快進撃!
当主の座も少将の座も自分にとっては、褒美として貰うものではなく、いつか自力で勝ち取るものであり。
今、切に望むのは主人公だけ。
そんな勇サマの純粋な気持ちが兄弟達に伝わったのでしょう。
皆の協力のお陰で無事、玄一郎様の野望を阻止!
主人公との結婚を承諾してもらえました。

尤も。
あの、玄一郎様ですからね。
誰と結婚したいと申し出ても、反対しなかったと思いますよ。
家柄云々は勿論反対要素になりうるのですが。
「面白そう」だと匂わせれば、簡単に承諾しそうです(笑)。

バッドエンドは、宮ノ杜家が傾く可能性を示唆し、別離というエンディングでしたね。
「いつか迎えに行く」と言った台詞もなく、実家へ帰るよう促す勇サマ。
・・・見損ないました!!
あれだけ主人公が大切だ、離さないと言っておきながら、巻き込むわけには行かないという理由で別離の道を選ぶなんて・・・。
最後まで守りきるぐらいの度量が無くてどうするんですか!
まぁ、バッドエンドなので、ハッピーエンドを見たあとなら、見る必要ないんですけど(笑)。
だって、バッドエンドは見なくてもハッピーエンド後の後日談は見れますから♪


さて。
これで残す攻略キャラは正サマだけとなりました。
これまでは、名脇役として頑張っていましたが、正サマの恋物語はどうなっていくのでしょうか?!
楽しみです~O(≧∇≦)O
だって、30代の眼鏡男ですから!(笑)

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

キネマモザイク 【雅】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
07 /08 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


雅の攻略が終わりました!
キネマモザイクの弐年目もーどは、攻略対象にした途端萎える展開になるキャラが多く悶々としていたのですが。
雅ルートはイイ意味で雅節が効いていましたね!
O(≧∇≦)O
ゴミだの馬鹿だの言われながら、それでも雅を理解しようとする主人公の前向きさがイイです。
あと、雅が少しずつ優しさを素直(?)に表現できるようになる様も素敵でした♪

全体的なストーリーはこれまでと同じなのですが。
専属相手が雅というだけで、こんなに安心できる展開はありませんでした。
これまで攻略した兄弟たちは、皆が大なり小なり当主・玄一郎の策に振り回されていましたからね(笑)。
雅は主人公より2歳年下ですが、それを感じさせない行動力が魅力的です!
まぁ、恋愛には疎く、なかなか自分の気持ちに気付けていない感はありましたが。
普段が頭脳明晰なだけに、その辺のギャップもまた魅力ですよね。
あの若さで、一体何手先を読んで行動しているのでしょうか。


バッドエンドは、正真正銘のバッドエンドでしたけど(^^;
いや、あの場合、デッドエンド?!
ハッピーエンドは、全て丸く収まってくれましたね。
雅と母親の確執も、当主争いも、主人公の実家の方も・・・。
そして一番ホッとしたのが、玄一郎の病気に関してですね。
雅の策にまんまとハマってしまい、屈辱を味わ・・・っているはずなのに、どこか嬉しそうな玄一郎。
きっと、彼にだけ判る愉しみを最後の最期まで満喫した事でしょう。



さて。
次ぎは勇サマの専属使用人になってきますね♪
帝國万歳(笑)。

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

キネマモザイク 【進】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
06 /28 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


キネマモザイクの攻略も後半戦となりました。
で、気が付いたのですが・・・。
攻略対象になった途端、キャラのヘタレっぷりが何ともいえませんね(^^;
前作では、キャラの欠点も魅了的に感じる展開でしたが。
今作では何故かキャラルートがトキメキません・・・。
茂も博も、攻略対象外の時の方がしっかり(?)していて、兄弟を気遣う様が良かったと感じていたのですが。
進もある意味、同じ印象を受けました。
ブラックな面は相変わらず魅力的ではあるのですが。
あのヘタレっぷりは萎えます。
主人公は、何故彼に魅力を感じたのでしょうか?
まぁ、あの時代なら、異性からある程度好意を示されれば、コロッと行くのかもしれませんけどね(爆)。
だって、ちょっと手を握られただけでドキドキする時代ですよ。
ドキドキ=恋 と錯覚しますよね。
吊橋効果的な感じで(笑)。


さて。
それでは、本題に入ります。

進ルートは笑が止まりません!!
イジられキャラの進サマ。
何かと皆にからかわれ、邪魔され・・・。
ご兄弟達に愛されていますね~(笑)

進には、心を許せる人がいません。
唯一の友人が三治ですからね。
誰にでも優しく気遣いの人ですが、それだけ自分を出さずに生きてきた人です。
そんな彼に、旦那様の気紛れで専属が付き・・・。
何で専属を付けようと思ったのでしょうね、旦那様は。
茂ルートでは、専属となった相手が当主にならなければ解雇と言う厳しい条件があったのに。
進ルートでは、そういった条件は一切無し!
そんなことで時期当主が決まるのでしょうか・・・。
と、悩みつつプレイしました。
同じ使用人であるたえと2人で、進の専属使用人の座を競う事になり。
それが解決する頃には、銃で撃たれて肩を怪我し・・・。
災難が続く主人公ですが、それがきっかけで進は彼女を自分の専属にと考えたのですから、結果オーライでしょうか?

退院祝いに、主人公の行きたい所へ2人で出かけようとする進。
当然、進としては逢い引きのつもりなのですが。
主人公の方が割り切っていて、使用人として同行する程度の気持ちなのですよね(笑)。
それが証拠に、出かける際、一番厄介な(主人公を気に入っている)博に見つかり、茂に見つかり、守にも見つかり・・・。
結局、全兄弟が逢引についていくことになったのですが。
「皆様も行かれるのでしたら冷たい飲物を用意してきます」
と、準備を始める主人公。
2人っきりになりたかったのは、進だけのようです(笑)。

それにしても、守サマって・・・。
「逢い引きの邪魔をするのはどうかと思うが・・・」
とか言いながら、チャッカリ付いてくるのは何故ですか?!
暑いからですか?
海で涼もうと思ったのですか?
逢い引きの邪魔をしてでも?!
さすが守サマ!
そんな貴方が大好きです(〃∇〃)
まぁ、若干・・・海での髪型はいただけませんが・・・(笑)
何であんな風に結い上げているのでしょう。
守サマのセンスを疑います。
いや、まぁ、そんな守サマも好きですけどね!!

はっ!
マズいマズい。
進ルートでした(^^;


前半は小さな笑いが絶えない展開で楽しめましたが。
後半、当主の命で守サマを撃つよう命じられた秀男の手元が狂った為に、主人公が肩を負傷した辺りからシビアな展開でしたね。
その展開はイイのですが・・・。
その後、ブラック進が主人公に銃を向け、三つ編みした髪の片方を打ち落とし・・・。
正気を取り戻した彼の台詞には驚きました。
「責任を取る」といって、主人公と結婚しようとするとは!
自分の気持ちも伝えず、相手の気持ちを聞かず。
ただ「責任を取って結婚しようと思う」ってアリですか?!
身分の高い側からの求婚は強制でしかない事に何故気が付かないのでしょうね、彼は。

・・・まぁ、何だかんだ言って、進は女性の扱い方を知りませんからね。
順番を間違えても仕方が無いのかもしれませんが。
それでも女性の立場から言わせて貰えば、身勝手な判断で腹が立ちました。
主人公が可哀想です。
重ねて言うなら。
そんな彼を「慕っている」という主人公の気持ちも理解できませんが(笑)。

三治に諭され(?)順番を間違えた事に気付き、改めて求婚。
そしてハッピーエンドですが。
結婚したら、家を出て独立すれば良いのに・・・と、最後の最後まで共感できずに終わりました。


さて。
次ぎは、雅サマを攻略・・・かな?

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

キネマモザイク 【茂】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
05 /27 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


積みゲーが日々増えるのですが。
プレイ状況は相変わらずまったり、のんびりです。
本日、やっと宮ノ杜茂(CV:前田剛さん)の攻略が終わりました。

彼は何と無く、根本的なところが博とそう変わりませんよね。
幼いといいますか、楽な方へ逃げると言いますか・・・。
世間を甘く見ていますし、1人じゃ何も出来ない所とか似ています(笑)。
そんな彼との恋愛は、忍耐。でした。
博と違ってイイ大人なはずの彼との恋愛がこれほど苦痛を感じるとは思いませんでした(^^;
あぁ、イライラする。
もっとしっかりしなさいよ!!
クヨクヨしても始まらないでしょ!!
と、何度檄を飛ばしたことか(^^;

弐年目もーどでは、田舎生活ではなく、洋服店の店主と言う目標が出来た茂ですが。
当然のことながら、当主・玄一郎の妨害があり、一筋縄では行かないという物語でした。
そして、当時にしてはかなり斬新なデザインのウエディングドレスをデザインしましたよね。
あの時代にアレほど肌を露出させるとは・・・。
ただ単に、茂が見たかっただけなのかもしれませんが(笑)。
恥ずかしげも無くそれを着る主人公も主人公です。
キミには恥じらいと言うものが無いのですか?!
まぁ、オーダーメイドの服を作るために、婚前前(しかも恋人にすらなっていない時期に)茂に下着姿を晒して寸法を測ってもらっていましたから、この程度今更かもしれませんけどね(笑)。

はぁ・・・。
それにしても、萌えが足りない・・・。
茂ファンには申し訳無いのですが、個人的には前作のエンディングの方が好きです。
もう少し「大人」な対応をしてくれるキャラが好みなので・・・。
さて、次ぎは誰を攻略しようかな。


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

キネマモザイク 【博】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
05 /06 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(限定版:挿絵入台本冊子/ドラマCD同梱)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(限定版:挿絵入台本冊子/ドラマCD同梱)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


キネマモザイクの攻略3人目は、博(CV:岸尾だいすけさん)です。
勉強は、やれば出来る子なんですけどね~。
何でも器用にこなすくせに、飽き性が災いし、全てにおいて長続きしません。
精神年齢が幼いのも原因かもしれませんね。

そんな彼からの愛情は、ストレートで曇りないもので、聞いていて恥ずかしいと言うより・・・。
引きます(笑)。
・・・。
ごめんなさい(^^;
でもあの時代ですから、あんな風に直球で愛情表現をされたら、よほどの相手じゃない限り、女性はときめきますよね。
なので、ヒロインが博に惹かれていくのは理解できました。

女性とお付き合いをしたことが無いうえ、そういった知識が兄弟の中で一番持ち合わせて居ないこともあり、悩んだり葛藤したり相談したり・・・。
相談相手が、祖父の仇・守というのがいささかアレですが(笑)。
背に腹はかえられないと言いますか。
兄弟の中で、一番一般的な恋愛情報を持っている相手が彼しか居ないのだから仕方がありませんよね。
また、守の世話好きが良い感じに作用していて、兄弟の絆が深まる感じが良かったです。
もちろん、このルート本編は、博の成長が楽しめる物語になっていました。

前作では、発明家として活躍する未来でしたが。
「弐年目もーど」では別の未来が待っていましたね!
彼の精神的な成長が物語の中に盛り込まれているであろう事はプレイ前から予想できていたのですが。
まさか、将来の夢が医者に変わるとは思いませんでした。
そして、ヒロインよりも夢を選んだ博。
離れたくない・好きだから結婚しよう。
という安易な考えしか持ち合わせていなかった博が、自分の将来・相手の幸せを考えられるようになったんですよね。

うんうん。
お母さんは嬉しいです。
と、母の気持ちでプレイしてしまいました(笑)

エンディングは二種。
夢のために工学部から医学部へ編入し、帝大を卒業後はエゲレスへ洋行することを決意した博。
父親が再び倒れてしまった為に、母親の手伝いをする為に使用人を辞め、実家に戻ったヒロイン。
それぞれ後悔しない為の己の道を選び、離れ離れになってしまった2人です。

グッドエンドは、大学を卒業し、来月には洋行する博と再会し、いきなりプロポーズされるもので。
バッドエンドは、偶然銀座で擦れ違ったにも拘らず、お互い気付かずに終わってしまうものでした。
尤も。
ヒロインはその後、たえや千富に電話で連絡を入れていたので、案外その後に再会できたかもしれませんけどね。

玄一郎の考えは、相変わらず読めません。
ってか、平助はどこまで理解して忠誠を誓っているのでしょうね。
「父親」ではなく、常に「宮ノ杜家当主」として息子達と接しているものの、時々「父親」の顔が見える気がするのです。
勿論、私の気のせいかもしれませんけどね。
前作では、全キャラ攻略後も玄一郎を理解する事は出来ませんでしたが。
今作では、どこまで彼の本心が垣間見れるのでしょうね。

あ、そうそう。
博ルートでは、新人使用人・小野田秀男(CV:近藤隆さん)の立ち居地が微妙に変化していました。
守と喜助攻略時には、実家を捨てて役者になるために帝都に出てきて・・・。
父親との折り合いが悪く、ずっと実家に戻っておらず、その父親が亡くなってからもそれは変わらない・・・云々の設定がありましたが。
博ルートでは、田舎の村に小さいながらも工場を持つソコソコ裕福な家で。
薮入りで帰省した時に母親に「そろそろ父親を継げ」とまで言われていましたから、きっと父親も健在なのでしょう。
ルートによって、秀男の家族背景が変化しているのに、ちょっと驚きましたが。
新鮮でとても楽しめました。
まぁ、玄一郎に利用されるという意味では、扱いが同じなのですけどね(笑)。
それは兎も角。
こういう飽きさせない工夫がこのゲームの良い所ですねぇ~。
1人攻略ごとに、追加されるミニエピソードも前作同様存在していますし、繰り返しプレイする身としては、嬉しい仕様です。

さて。
次の攻略相手は、茂にしようかな・・・?


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします



華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る

キネマモザイク 【喜助】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
04 /29 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(限定版:挿絵入台本冊子/ドラマCD同梱)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(限定版:挿絵入台本冊子/ドラマCD同梱)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


空き時間を見つけては、コツコツとプレイし、やっと二人目の攻略が終了しました!
守の次に攻略したのは、宮ノ杜当主直属の情報屋・有田喜助(CV:片桐勇介さん)です。
28歳(本編中に誕生日を迎えて29歳になります)で恋愛結婚に憧れる世話好きのお節介さん♪
嘘が苦手で純粋で・・・可愛い人です(〃∇〃)
前作では喜助と恋愛が出来ず、残念に思っていたので、今回は堪能しました!
良いですねぇ~。

風邪を引いて寝込んだ喜助を看病したり。
足を撃たれて入院した喜助を看病したり。
お陰で、喜助との距離が急接近♪
照れる喜助が可愛くて、可愛くて・・・。
一緒に海に行って手を繋いで歩いたり。
怪我した足で、主人公を追いかけて、力尽きて(?)抱きついたり。
本当に奥ゆかしさの中にトキメキが含まれる恋愛でした。

エンディングは2種で、グッドエンドとバッドエンドがありますが。
基本、内容は同じで、スチルが有るか無いかの違いなので、わざわざ観る必要はない・・・かも?
イベントコンプを目指すなら、当然両方見る必要があり、二ヶ月おきの審査も不合格にならないといけませんが。
前作で、イベントコンプの特典が無かったので、今回も無いだろうと予想して、コンプしていません。
でも、スチルコンプ特典はあるので、必ずグッドエンドを見ましょう♪

喜助ルートでしか手に入らないアイテムがあるので、このルートで受けられる各種依頼は全てコンプしました。
お陰で、宮ノ杜家当主とその妻達との馴れ初めも見る事が出来ました。
守の母親・カズ江とは、どんな恋愛をしたのでしょうね。
出会いは描かれていましたが、その後2人が結婚に至るまでが気になる終わり方でした。
玄一郎様って・・・本当に、人を愛する心が無いのでしょうか?
未だに良く判らない方です。
個人的には、玄一郎の若かりし頃より、平助の若かりし頃にときめきました(笑)。
生涯独身を通し、玄一郎様に忠誠を誓って生涯仕える平助の過去には、一体何があったのでしょうか。
むむむむっ。


華ヤカ3とか、発売されないかなぁ(笑)

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

キネマモザイク 【守】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
04 /15 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


先ずは、ご兄弟たちの中で一番好きなキャラである(CV:泰勇気さん)から攻略してみました。
とりあえず、各種依頼は無視(笑)
守との甘いエンディングを夢見てパラ上げを頑張りました!

充実した物語が綴られている『弐年目もーど』は、とてもファンディスクと呼べるものではありません。
例えるなら、「華ヤカ 2」って感じでしょうか?
前作はパラ上げ期間が1年近くあったのですが、ファンディスクというだけあって、その長さは短めになっていましたが。
物語そのものは、とてもファンディスクのレベルではないです!!
素晴らしいO(≧∇≦)O

前作で当主が決まらず、ヒロインの使用人としての弐年目が始まる設定ですが。
当主争いに隠し子・守が加わる事となり、新たに雇われた使用人・秀男がなにやら曰く有り気で期待に胸を膨らませながらプレイ開始!
常識外れなご兄弟達と、常識人(?)の守では、微妙に会話がズレていて。
シリアスなはずなのに笑いを誘う展開が多数(笑)。
とても人殺しとは思えない、優しい守です。
お酒に弱く、そのせいで誤解が生じ「使用人とネタ」事件が発生した時は大爆笑しました(笑)。
あのご兄弟たちの発想力というか、妄想力というか・・・。
思い込んだら一直線って所は、素直なんだか単純なんだか(笑)。

あと、小説家・御杜守として頑張っている姿も笑いを誘いましたね・・・。
毎回、月末に一気に書き上げるあの根性!
凄いとしか言いようが無いですよね。
毎日コツコツ書いていけば、締め切りに追われる事も、睡眠不足になる事も、前後不覚になる事もないというのに・・・(笑)
庶民派なのに、盆踊りが踊れないところとか。
泣いている女(知人限定)がいれば、慰めようとする優しさとか。
前作では判らなかった部分が描かれていて、守の魅力がギュッと詰まった物語でした。

クライマックスでは、「守と永遠に再会できないの?!」と切なくなりましたが。
そこは乙女ゲームですからね。
ハッピーエンドが待っていました♪

ただ、一つ疑問が・・・。
一時期とはいえ、殺人罪で警察に追われた身でしょ?
一応、玄一郎が取り計らって、罪が全て消えたとしても、小説家として今後やって行けるのでしょうか?
だって、編集者の方は、御杜が宮ノ杜の子息だと知っていますからね。
屋敷を出た後は、御杜守として生きて行くと言っていましたが、小説家・御杜守は存在しているのでしょうか。
・・・生活、苦しそうですよね・・・。

頑張れ!O(≧∇≦)O



あ。
余談ですが。
次男・勇の母親・トキの声が変わっていて違和感が・・・。
何故、CVを変更されたのでしょうか?
前作のイメージが強かったので、何度聞いても違和感が拭えません。
全キャラ攻略し終えた頃には、慣れているかな・・・?

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク 起動!!

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
04 /08 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(限定版:挿絵入台本冊子/ドラマCD同梱)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(限定版:挿絵入台本冊子/ドラマCD同梱)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


既に発売されて数ヶ月経つので、限定版は売り切れているのではないかと心配しましたが・・・。
某所にて発見した為、嬉しくてつい購入ボタンを押してしまいました(笑)。



・・・・・・・・・。

金策をなんとかしなければ・・・。




まぁ、それは兎も角!!
今までプレイした乙女ゲームたちの中で、かなり上位に位置付けしたいお気に入りの乙女ゲームのファンディスク♪
しかも、ただのファンディスクではなく、使用人生活弐年目が存在し、もう一度あのお屋敷で使用人を勤める事が出来るのです。
ゲーム内容は、

・弐年目もーど
・後日談もーど
・情報屋もーど

の3種があるので、先ずは、本編の後日談を観ました♪
選択肢も無い、ただ読み進めるものですが、各キャラ全て甘い(でもそれなりに問題を抱えての)生活を過ごします。
守との生活は、貧しいながらも幸せそうでしたし。
雅は相変わらず愛情表現が捻くれているし。
博はすっかり大人になってましたが、墓穴の掘り方が博らしいし。
進は一応意地悪設定ですが、後日談ではその辺があまり具体的に表現されてなくて物足りなかったり。
茂は農家の婿養子姿が板についていて、すっかり逞しくなったし。
勇は相変わらず暴走系の愛情表現で笑いをそそり(笑)。
正は結婚して半年も経つのに、いまだに手を出していないって・・・。
・・・・。
これは大いに突っ込みたいですね。
確かに、正から見ればヒロインは幼いかもしれませんが。
それほど子供ってわけではありませんからね。
それにしても、半年って・・・。
周囲に世継ぎを催促されて、やっと重い腰を上げる正は、よくそれまで我慢できましたよね(^^;

因みに、今は限定版のドラマCDを聞きながら記事を書いています。
【真夏ノどきどき旅館ニテ】です。
守が、何だかんだと言いながら、周りに流されて良い様に扱き使われているのが笑えます。
・・・不憫な人だ・・・(笑)
夏の薮入り時期の話なのですが、使用人が居ないため、食事を作るものが居らず。
仕方なく守が(自分用の)朝食を作り始めたのですが・・・。
結局、兄弟達全員の分を作ったんですよ!
しかもその料理がとても美味しいとのこと♪
私も食べたいです(〃∇〃)


さて。
そろそろ「弐年目もーど」を起動しようと思います。
どんな使用人生活が待っているのでしょうね~。
ただ・・・。
『華ヤカ哉、我ガ一族』はとても好きですし、ヒロインの「浅木はる」も嫌いでは無いのですが。
何故かプレイ後に、「浅木はる」を妬いている自分がいるのです・・・。
きっと、ドリーマーな性格が邪魔をするのでしょうね。
・・・まずい・・・。
守夢とか書き始めそうだ。


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 <総評的な感想>

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /26 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


これは素晴らしい乙女ゲームですね!
すっごく気に入りました。
なので、珍しく総評的な感想記事を上げます(笑)。
攻略の注意点的な感じかな?
メモ程度に綴ってみようと思います。



先ず、第一。
全キャラ、独り言が多い!

え?
全然注意点じゃない?(笑)
いや、だって、ねぇ。
プレイした事のある方なら、誰もが思ったはず!
本当に皆さん、独り言が多いです。
謀に向きませんよ?(笑)
当主と執事は部屋で密談しているのでバレることは無いとおもいますが・・・。
他の方は、廊下とか庭とか、場所を考えずに独り言し過ぎです!
あの用心深い暗殺者・守でさえ、独り言が多いのに驚きました。

皆さん、もっと心の中で考えをまとめた方が良いですよ(^^;



さて。
第2に、攻略順ですね。
キャラルートによって、明かされる部分と明かされない部分があって。
暗殺者の意図とか、当主の意図とか・・・ってか、当主の意図は最後まで私も「何となく・・・」としか判ってい無いのですが。
とりあえず、「良き父」や「良き夫」であろうとは露ほども考えておらず。
「宮ノ杜家当主」としてだけの人生を歩むのだという揺ぎ無い決意というか信念というか・・・。
そういう物を持って生きているのだと言う事は判りましたが。
兎に角、謎が多すぎて事件の真相を知る事無くキャラルートが終わってしまいます。
なので、背景にある謎をある程度把握する為にも、隠しキャラの暗殺者・守は早めに攻略したほうが、楽しめるのではないかと・・・。
尤も。
「謎は最後の最後まで知らずにいた方が良い」
という方も居られるかと思いますので、強制はしませんが・・・。

という訳で、私的攻略順は。
まずアイテム入手の為に五男・博を攻略しつつ、ミニゲーム(?)の依頼もこなし。
手に入れた図書室やアトリエの鍵を入手し、アトリエ内にある「華ヤカ哉、我ガ一族」の本を入手します。
博攻略後は、ゲームタイトル画面下に「華ヤカ哉、我ガ一族」が出現するので、それを起動し、守ルートを攻略。
その後は好きな方から順に攻略して行けば良いのではないでしょうか。

まぁ、茂ルートで、当主が何ゆえ茂に守を殺すよう命じたのか、未だに判りませんが・・・。
それでも、相関図が判っているのと判っていないのとでは、物語の楽しみ方が変わってきますからね。


第3にアイテム収集について。
アイテム収集は攻略に必須ではありませんが。
庭の花壇で採取する事が出来る四季の「押し花」は、早めに手に入れた方が良いかもしれません。
まぁ、これも好みだとは思うのですが。
四季の押し花全てを集めると、特別アイテムの靴が手に入るのです♪
これを履けば、ヒロインの歩く速度が二倍に!
屋敷内などを徘徊するのが楽しいと思えるのでしたら、ゆっくり歩くヒロインよりスタスタ歩くヒロインの方が良いでしょう?(笑)
キーアイテム以外は二周目以降引き継げるので、手に入れるなら早い方が良いですよ。
あと、各種依頼をこなし手に入れる蓄音機の部品ですね!
個人的な意見ではありますが、この「靴」と「蓄音機」は後々まで楽しめるのでオススメです。




全キャラ攻略を終えましたが、一番好きなのは、やはり御杜守でしょうか。
個人的には、雅ルートの守が一番笑えましたね(笑)
雅と守が手を組み。
雅からヒロインを遠ざけた父親・玄一郎を殺すよう守に命令した所までは良かった(?)のですが。
その後、守が玄一郎の話しに耳を傾けてしまったのは誤算でしたね(笑)。
尤も、平和的に終わったので、これはこれで良い結末だと思うのですが。
あれほど憎かった玄一郎に、何を言われて守は落ち込んだのでしょう・・・。
守ルートで明かされた「お前の母親の方から好きになった」とか言われたのでしょうか?
母の形見を玄一郎が持っていたことについて問い詰め、そんな展開になったのではないかと想像しましたが。
・・・落ち込んでいるであろう守が、表の顔で執筆に勤しんむ姿を想像し・・・。
つい、笑ってしまいました(笑)。
裏の顔の時は、冷徹でカッコイイ守ですが。
最後の最後で決まらないのが彼らしいというか、何と言うか。
まぁ、私はそこが魅力的で良いんですよね♪


という訳で、私の評価は★★★★★です。
ストーリーも、ゲーム性も良かったで!
時代背景を考慮した切ない身分違いの恋。
手を繋ぐだけでもドキドキの時代が上手く表現されていました。
頼み事を引き受けることで手に入るアイテムは、本編攻略には必要が無いものの、集めると楽しめるものが多かったですし(ラジオとか蓄音機とか)。
乙女ゲームでこれほど恋愛過程が上手く表現できている作品はあまりありませんよ!
パラ上げが面倒といえば面倒ですが、ときメモなどに比べたらそれほど苦ではありません。
攻略キャラごとに上手く物語がまとまっていますし、当主・玄一郎の真意が判りにくくはありますが、筋の通った展開です。
あ。
バグが一つだけありました。
進ルートで、彼の親友・三治の台詞の表記と音声が一箇所だけ違っていました。
それ以外は不具合もなく、読み込みにもの凄く時間がかかる以外は快適です。

プレイ当初「クズ」だの「ゴミ」だの「虫」だの言われていた使用人のヒロインですが。
乙女ゲームらしく、その変化する過程が楽しかったです!!

使用人二年目がプレイできるキネマモザイクも是非プレイしたいのですが・・・。
今月は無理っぽいので、来月給料が入ったら絶対買いますね!!

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る

華ヤカ哉、我ガ一族 【雅】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /26 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


宮ノ杜家の六男・雅(CV:岡本信彦さん)は、ヒロインより年下です。
我侭大王で、自分より身分の低いものを蔑視していて、傲慢な態度を崩しませんが。
実は結構優しい子で、多分、兄弟の中で一番頭が良いと思われます。
洋書もスラスラ読めますし・・・。
というか、洋書ばかり読んでいるのもどうかと思いますが(^^;
その証拠に、かなり常識部分の知識が偏っていましたしね。
でも、学校で習う内容は「全て知っている事」なので退屈なのだとか・・・。
素晴らしい頭脳ですよね!
観察力・洞察力も優れていて、限られた情報から9割方正しい答えを導き出していきます。
そんな年下らしさを全く感じさせ無い我侭大王の末っ子君は、予想通りのツンデレで♪
雅ルートに入ってからは、楽しくて楽しくて(〃∇〃)
「次期当主に相応しい環境作り」の為に、密かにヒロインが解雇されたシーンでは、ちょっと切なくなりましたが。
例え後手に廻ったとしても、あの頭の良い雅が気づかないはずはありませんからね。
安心してその辺を見守る事が出来ました。

御杜守の正体も、初対面で結構見破っていましたし。
本当に、人を見る目がありますね。
まぁ、年齢的に経験不足で、どうしても事件を未然に防ぐ・・・といより、事後処理が迅速で的確としか評せ無いのは残念ですが。
それはこれからの彼の努力次第ですよね!!
当主就任、おめでとう♪
ヒロインも使用人を辞め、雅の母親が経営する呉服屋の店員になりましたし。
正や勇を手玉に取る雅の当主振りは素晴らしいです!
あ。
そういえば、兄弟の中で1人だけ、全裸シーンがありましたね(笑)
お風呂で読書って・・・優雅だなぁ。



人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 【進】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /24 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る



続いての攻略相手は、四男・進(CV:梯篤司さん)です。
誰にでも優しく温厚な警察官の彼ですが・・・。
親友に裏切られたことで、自分の本性に気がつきます。

宮ノ杜家に嫁いだ母親の中で、一番身分が低いこともあり、ずっと自分の存在意義について苦悩し続けていました。
誰に対しても興味がなく、だからこそ誰にでも平等に優しくできる進は、きっと心が弱いのでしょうね・・・。
自分が傷つかずに生きていくための処世術のようなものでしょうか。
二重人格っぽいですが、「自分」を理解できていないがために感情のコントロールが上手くいかないのでしょう。

それにしても、梯篤司さんの演技は凄かったですね・・・。
優しく気遣う進。
誰に対しても一切興味がないという、事務的な会話。
冷たい声音。
感情のこもらない演技が素晴らしいっ!!
進の感情は、短期間で起きた様々な出来事のせいで、本当に色々と変化して行くのですが。
その過程を上手く演技しておられるなと感じました!
淡々と言葉を紡いでいるようで、場面によって冷たく聞こえたり、怒りを滲ませていたり。
優しい台詞なのに、突き放して聞こえるとか。
進の感情の変化をここまで声だけで表現できるなんて凄いですね。
で、一番萌えたのは、キレたときの声音でしょうか(〃∇〃)
ヒロインが撃たれて腕を怪我したのですが。
気を失った彼女を片手に抱きながら、敵に銃を向け無慈悲に撃ちまくっていたいましたね。
明らかに「危ない人」状態ですが、カッコ良かったです(〃∇〃)


誰にも興味がないはずなのに。
ヒロインの縁談相手が親友だと知ると、苛立ちが募って行きます。
興味がない相手の縁談が気になるのは何故か。
自分が理解できない進。
そんな彼が悩んで、悩んで、ずっと悩んで・・・。
悩んでいる期間が、本当に長かったですね(笑)
なので、やっと自分の気持ちに気付いたときは、こちらが嬉しくなりました!!
O(≧∇≦)O

物腰は柔らかいけど、実は意地悪な進とのエンディング&後日談は、今まで攻略した誰よりも萌えました!!
彼になら、もっと意地悪されてもイイです(笑)


さぁ、最後の攻略相手は末っ子くんです♪
いつもなら、年下は好みではないので、最後にとっておくことは殆どないのですが。
(いや、そんな事を言ったら全キャラ私より年下ですが)
「年下キャラ=幼い声」のイメージがあるので苦手なんですよね。
でも、今回はそんな心配はありません!!
とても素敵なお声なのですよね~(〃∇〃)
なので、年齢を気にせずプレイできそうです♪

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 【勇】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /22 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略5人目は、次男・勇(CV:田坂秀樹さん)です。
1人攻略するごとに最初からプレイしているのですが(注:誕生日アイテムコンプ目的)。
その度に新たな追加エピソードがあるので本当に飽きずにプレイできますね!
個別キャラ攻略済で見ることが出来るのかな・・・?
本編で語られなかった「会話」程度のささやかなエピソードですが。
次男・勇を攻略中にもかかわらず、先日攻略した長男・正のエピソードが入ってきまして・・・。
思わず、正に浮気しそうになりました(笑)。
いや~、正って眼鏡キャラじゃないですか!
好みなんですよね~(笑)


まぁ、それは兎も角。
勇の攻略が終わりました。
このルートでも泣きました。
・・・私って、涙腺、ゆる過ぎでしょうか・・・?
声優の皆様の演技が上手すぎるのがいけないんです!!

親友・たえとの喧嘩とか。
勇とヒロインは両想いなのに、当主が勧める(絶対断れない)縁談をしなければならない辛さだとか。
もう、その試練の度に泣きました。
それと、謎の暗殺者(このルートでは名前が明かされませんでした)にヒロインが斬られたところとか・・・。
暗殺者を攻略済みで、彼の気持ちが判っているだけに仕方が無いとしても、切なくなりましたね。

勇ルートの楽しさは、やはり彼の人としての感情の欠落がポイントですよね。
正も「使用人」をクズだとかゴミだとか言って見下していましたが、それでも人間らしい感情をちゃんと持っていました。
でも勇には人を「愛しい」と思う感情が欠落していて・・・。
なので初めての感情に戸惑い、気持ちより先に行動を起こしてしまうところが・・・。
(*≧m≦*)ぷぷぷっ。
「普通の女性として接して欲しい」=「接吻」って!!
極端すぎ!!(笑)
更に!!
それが初めてだったヒロインが泣くのも怒るのも仕方が無いというのに、その辺が理解できず母親に相談する所が笑えます!!

軍人の嗜みでもあり、三十路過ぎの男性なので、女性経験があるのは判りますが。
恋愛経験が無いっていうのには驚きです。
まぁ、特殊な環境で育ったので、女性といえば「色町」しかなかったのかもしれませんが。
本当に「嗜み」としてしか女性と接していないというのは・・・。

そんな勇がヒロインへの気持ちを特別なものと自覚したのは、暗殺者に斬られてからです。
失うわけには行かない大切な存在。
地位や名誉よりも大切なものを彼はやっと見つけることが出来たのですよね。
まぁ、その後の行動が幼すぎましたけど・・・(笑)
大きいナリして、やっている事が子供なので、その辺も笑えます。
大切な人→ずっと側にいたい→結婚しよう
という単純な発想は、博ルートでも嫌というほど見たので充分です。
まぁ、その辺はヒロインがしっかりと諭してくれましたけどね。

宮ノ杜家の次男が使用人と結婚できるはず無いじゃないですか。
・・・まぁ、ハッピーエンドでは結婚しましたが(笑)。
でもこれは偏に、勇の母親・トキが協力してくれたお陰ですよね。
トキのお願いにより、兄弟達が勇とヒロインが引き裂かれないよう動いてくれたのですから。
それにしても・・・。
お金で解決しようとする正には呆れました。
まぁ、確かに有効な手だとは思いますよ。
ヒロインの縁談相手は、勇の上官の子息なのですから、その上官を金で落とせば何とかなるかもしれませんが。
卑劣というか、金持ちのやる事は・・・(呆)
いえ、まぁ、正らしいと言えば、正らしいのですけどね(笑)。

このルートでも感じましたが、やはり雅は頭が切れますね!
言い方はきついですが、全て正論です。
正たち大人組みの醜い口論を冷静に突っ込めるのは彼しかいません!
ますます攻略が楽しみになってきました。
なので、最後の楽しみにしておきます♪
さぁ、次ぎの相手は進ですよ~!!

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 【正】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /21 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略4人目は、長男・正(CV:宮内敦士さん)です。
いや~、泣きました。
マジで号泣しました。
未プレイの方は、ティッシュorハンカチを必ず携帯してプレイして下さいね。
え?
泣くのは私くらい・・・?
そんな事は無いでしょう。
・・・うん。
きっと(^^;


そして、睡眠時間3時間です(笑)
今日の2時までプレイし、朝5時に起きました。
・・・辛いです(^^;
でも楽しかったから良いんです!!

使用人を「ゴミ」とか言いながらも、所々で優しさを垣間見せる正。
生まれ育った環境が環境なだけに、上から目線は直りませんが(笑)。
ヒロインに惹かれて行く様が可愛いです♪

当主になるためだけに生きてきた正。
母親に「宮ノ杜家当主になれ」「当主になったら宮ノ杜家を潰せ」と言い続けられ、利用されていると知りながらも言う通りに生きてきた正。
何だか、可哀想ですね・・・。
母親との確執・当主の座・使用人との道ならぬ恋。
様々な試練の中、母を突き放し、「当主」を選び、ヒロインをも手放そうとするシーンでは、涙が止まりませんでした。

うううう。
互いの気持ちを確かめ合った後に別れの言葉も口にするなんて。
辛すぎます。

3月末で使用人を辞め、実家に帰るヒロイン。
4月から新・当主になる正。
2人の気持ちを知っている兄弟達が、離れ離れになってしまう2人を何とかしてくっつけようと画策するのですが・・・。

年末年始のイベントでも感じたのですが。
六男・雅は、かなり頭が切れるのでは・・・?!
頭脳明晰・容姿端麗・性格悪し!(笑)
でも、気が向くととっても優しいし、協力的です。
だって、自分の兄の嫁が元使用人っていうのは、雅的には絶対嫌なはずですよね?
少なくとも、ヒロインが宮ノ杜家に勤め始めた当初は、考えられない話しです。
それなのに、兄とヒロインがくっつく為の策を講じるなんて、凄い変化です!
侮りがたし、我侭大王(笑)
俄然、攻略が楽しみなりましたね。

それにしても・・・。
冷静に考えれば、穴だらけの雅の策に、まんまとハマる正も正だと思いませんか?(笑)
車に撥ねられ重症を負ったヒロインが走って逃げれるわけ無いじゃないですか!
ぷぷぷっ。
それだけ、ヒロインの事になると冷静ではいられないという事なのでしょうけどね。
三十路を過ぎた(時代的にかなりオジサンですよね)男が此処まで可愛いと思えるなんて、攻略前は想像もつきませんでした。

ヒロインも、当主の座も手に入れた正。
幸せいっぱいですね!
後は・・・。
ヒロインの家族・・・特に妹達に恐がられないよう、努力してください(後日談参照/笑)


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 【御杜 守】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /21 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略3人目は、謎の暗殺者・御杜守(CV:泰勇気さん)。
最初に攻略した三男・茂ルート本編では、名前が出てきませんでしたが。
五男・博ルートでは、売れない作家(?)という設定で博と絡みがあり、博に試練を与えた人物です。
本編の最後の方で、博は守の正体を知り、彼が何故宮ノ杜家に恨みを持つのか理解したようですが。
結局プレイヤーには明かされないまま終わりましたからね。
まぁ、何となく判ってはいたのですが。
それでもキチンと守の苦悩を知りたかったので、隠しキャラにも拘らず、早々に手を出しました♪

御杜守ルートはパラ上げの必要が無く、サクサク進みます♪
選択肢の出現回数も少なく、好感度上げも簡単!
簡単で良いですね~(笑)。

15歳の時に病弱の母を亡くし。
以来5年間、体を鍛えて忍者並の暗殺術を身に付けた彼は。
その後、表では書生・御杜守として駆け出しの作家を演じつつ、裏では暗殺者として生活し、いつか宮ノ杜家の者達を皆殺しにしようと積年の恨みを募らせていました。

そんな時に出会ったのがヒロインです。
この最初の出逢いが故意なのか偶然なのかは判りませんが。
口の軽いヒロインは、人の良さそうな守に屋敷での出来事を気軽に喋るので(使用人失格です/笑)利用され始めました。
家族想いのヒロインが、親が勧める縁談を断れず悩んでいると。
守が「偽の婚約者」として実家まで来てくれました。
この辺から、守はヒロインに惹かれていたのでしょうが・・・。
何で惹かれたのか判りません(笑)
守は彼女のどこに惹かれたのでしょうね・・・。

ま、それは兎も角。
惹かれ始めると、守の態度が可愛いです!
ムキになってる姿が何とも言えません。
冷徹な暗殺者がヒロインの言動に振り回されるなんて・・・ぷぷぷ。
ムキになって大声で反論する守るが可愛く見えて仕方がありませんでした。

クライマックスから、エンディング~後日談は萌えました~(〃∇〃)

ヒロインと共に生活する事で、宮ノ杜家への恨みを少しずつ和らげて行く守。
かといって、このままヒロインと幸せな生活を続けていく事など不可能で。
ケジメをつけるために行動します。
こうして迎えたハッピーエンド!
あんなに長い間一緒に生活していたのに、守はヒロインに一切手を出さなかったんですね~。
凄いなぁ。
まぁ、抱きしめたりはしていましたけどね。

守を攻略後は、キャラのプロフィール画面の名前が「御杜守」→「宮ノ杜守」と変更になります。
正式に宮ノ杜家の戸籍を手に入れたんですよね!
ヒロインのご両親には、何て挨拶したのでしょうね?
一度「偽の婚約者」をしているだけに、心証が悪いでしょうし、きっと二度目は頭から反対されてそう(笑)。
それでも2人の絆があれば、何とかなるのでしょうね。
守が幸せになれて本当に良かったです!!

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 【博】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /20 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


三男・茂の取りこぼしスチルを回収後(イベントはコンプしていません)。
結局、各種依頼をコンプする気になった私(笑)。
博ルートでしか手に入らない依頼アイテムがあるというので、2周目は博を攻略してみました。

博は宮ノ杜家の五男坊。
ヒロインと同い年です。
恵まれた環境で、でも敷かれたレールの上を歩かないといけない生活に苦痛を感じながら生きている子で。
全てにおいて考えが幼い子です。
まぁ、まだ学生ですしね。
しかも五男と来れば、それほど地位や名誉に拘るはずも無いですし・・・。
最初に攻略した茂並に、周囲に流されて生きている・・・って感じの雰囲気でした。

ハッキリ言って、私の好みじゃないです(^^;
ごめんなさい。
でも、葛藤する姿や、ヒロインを大切に想う気持ちは良かったです。
子供らしい浅はかな考えに突っ走る様は、ちょっとイラつきますが、等身大という感じでしたからね。

スチルコンプ後に見ることが出来る後日談では、5年経過後のもので。
すっかり大人になった博は、格好良かったです!
たくましく成長しましたね~。
そしてヒロインにプロポーズ・・・するのは良いのですが。
暗殺者との「自分が居ない五年間は宮ノ杜家とヒロインに手を出すな」という約束の方はどうなったのでしょうか?
すっごく気になる終わり方でした(^^;

さぁ!
次ぎは、謎多き暗殺者!!
博ルートで手に入れた「華ヤカ哉、我ガ一族」を起動させ、隠しキャラ・御杜守の攻略をしたいと思います!

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 【茂】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /15 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


主人公はデフォルト名「浅木はる」でプレイすると、名前を呼んでもらえます。
とても18歳とは思えないほど絵に描いたようなドジをする新米使用人です。
シュミレーション式なので、スキル上げが少々面倒ですが、ときメモに比べれば楽なのではないでしょうか?
あと、データの読み込みにかなり時間がかかり、イライラしましたね・・・。
場面の切り替わりに時間がかかって、せっかくのめり込んでも興ざめしてしまいます。
尤も。
全体的なストーリーや個性的なキャラのお陰で、何とかそのストレスを紛らわせる事が出来ましたけどね。
時代背景が大正で、身分制度が根強い時代という事もあり、プレイ初期はクズだのゴミだのと兄弟達にかなり酷い扱われ方をします。
でも、それが変化して行くのが良いんですよね!!
特に、第一印象が好みの長男・正は、とっても私好みに変化します♪
次第に言葉が優しくなって来るんですよ~。


初回プレイなので、色々と取りこぼしたイベントやスチルがありましたが。
とりあえず、1周目が終了しました!
予想外で三男・茂ルートに入ってしまいましたが、結果オーライって事で(笑)。
ただ、こんな風にゲーム前半の共通ルートで兄弟全員の好感度を上げて行くと、話の辻褄が合わない場面が発生します。
例えば・・・。
宮ノ杜家が海水浴場を作った時の話しなのですが。
当初、長男・正の好感度が高かったらしく、正が主人公を海水浴場に連れて行くと言っていたのに。
実際にその場に行ってみれば「俺が連れてきたのに~」と、五男・博が不満を言い・・・。
結局、三男・茂と浜辺を散歩するイベントが発生しました。
・・・メチャクチャです(^^;
なので、2周目以降は誰か一人を決めて好感度を上げてプレイしようと思います。




茂って、飄々としていると言うか、周囲に関心が無いというか。
人と深く接してこない性格なので、傍観者のイメージが強く。
「実は切れ者?!」という第一印象でしたが。
・・・・・・・・・・・。
何と言いますか・・・。
・・・・・・・・・・・。
予想を裏切って、心も体も弱い人だったんですね(^^;
6人兄弟の中で、一番力が弱いって・・・。
末っ子の雅より弱いって有りですか?!
そして打たれ弱いですよね。
逆境に弱くて、逃げてしまう人です。

それでも、ヒロインや周囲に恵まれていたので、最終的には道を踏み外すことも無く、ハッピーエンドになれたのではないでしょうか。
良かったですねぇ、家族や使用人たちが良い人達ばかりで♪


サスペンス有り、笑い有り。
そんな中での身分違いの恋!
当主の命により解雇された主人公。
引き裂かれた二人。
クライマックスでは、涙が零れてしまいました。
ううううっ。
茂、もう少ししっかりしなさいよ!!
と、怒鳴りたくなりましたね(笑)。
代弁してくれたヒロインの同僚・たえちゃん、ありがとう!!

謎が残ってはいますが(当主の思惑とか、暗殺者の思惑とか、屋敷に残った茂の兄弟たちのその後とか)、とりあえずハッピーエンドに辿り着けて良かったです。
さて。
とりあえず、もう一度共通部分をプレイして、茂の取りこぼしイベントでも見ましょうかね。

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

華ヤカ哉、我ガ一族 起動!

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /13 2012
間もなく、長い休暇が終わる私・・・。
今の内に積みゲーを消化しなければと!!と、使命感に燃え(笑)次なるゲームを起動しました。


華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


大正時代という、時代背景がイイですね!
これですよ、これ!
私が求めていたものは、これなんですよ!!


文明開華 葵座異聞録文明開華 葵座異聞録
(2011/08/18)
Sony PSP

商品詳細を見る

↑このゲームに足りないものですよ!
文明開化は、明治の時代背景。
華ヤカは、大正の時代背景。
これをプレイしたら、いかに文明開化の攻略男性陣の手が早いかが判りますよね!
恋愛過程を無視した強引な展開・・・。
もし、華ヤカもこんなだったらどうしようかと心配してしていましたが、彼方此方のレビューにある通り、素敵ゲームですね!!

ミニゲーム(?)の依頼が面倒ですが、コンプを目指さないのなら実行する必要無いようなので、適当に飛ばしてプレイ(笑)
全キャラの好感度が上がる選択肢でプレイしていたら、最初の目当てのキャラ・博(CV:岸尾だいすけさん)ではなく、茂(CV:前田剛さん)のルートに入ってしまいました。

ま、いいか(笑)

結構時間と根気が必要なこのゲーム。

AMNESIA LATER (限定版:特典ドラマCD2枚組同梱) 予約特典ドラマCD付きAMNESIA LATER (限定版:特典ドラマCD2枚組同梱) 予約特典ドラマCD付き
(2012/03/15)
Sony PSP

商品詳細を見る
アムネシアレイターが届くまでの時間潰しには向かないことが判明しましたが、楽しくて止められそうにありません。
今週は茂さんとの愛を育んでいきますね♪


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。