粘島 コンプリート!

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
03 /05 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


真相エンド&ティンカー親友エンドを見終えました!
ちょっと解釈を違えていましたが、ピーターがゲームタイトルである理由がハッキリ判って良かったです。
てっきり「世界の意志の一部」だと思っていたんですけどね~。
コンテストのルールが途中でティンカーによって追加されて・・・。
それをピーターが「知らなかった」「じゃぁ、そういう事になったから」と承認してたので、そういうことなのだと思っていました。
なるほど。
ティンカーは先回りして追加ルールを提案したんですね。



さて。
これ以上はネタバレになるので終わりますが。
特別萌えるストーリだとは感じなかったことだけは言っておきます(爆)。
個人的には、真のピーターエンドと言える真相エンドより、最初に迎えたピーターの個別エンドの方が萌えました。
ま、あくまでも個人の感想なので、真相エンドの方が萌えた方も居られると思いますけどね。

QuinRose作品にしては珍しい仕様となっている今作は、ゲームクリア後の特典で必ずあったキャラからのメッセージがありません。
もしかしてアレは、大陸シリーズやアリスシリーズのみ限定のクリア特典なのでしょうか。
粘島在住のキャラを攻略する度に、おまけのミニゲームが楽しめるようにはなっていますが・・・。
ミニゲームって好きじゃないので、本編に関係ないなら極力やりたくないです(^^;
ジョーカーの国では、トランプゲームのクリアが必須だったので、結構苦労したんですよね。

アクが強く、個性的で魅力的な攻略キャラたちは。
プレイすれば、誰か必ず惹かれるキャラがいるはずですし。
起用された声優陣も相変わらず豪華で実力のある方々ばかり。
これでヒロインの性格がもう少しアレだったら良かったのですが・・・。
心を病んでいるというか、母親の言葉を妄信しているというか。
兎に角、母親以外の人の言葉を全て社交辞令(または家族の欲目)と受け取り、全く信じようとしない彼女は、鬱陶しい以外の何者でもなく。
こんなヒロインに惹かれるキャラ達の気が知れませんでしたが(笑)。
でもそうしないと物語が進みませんからね。
恋愛ルートに入ってからは、楽しめました。

・・・でも、二度とプレイしないと思います。
ごめんなさい。



人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

スポンサーサイト

粘島 【マイケル=ダーリング】にてバグ発見(恐!)

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
02 /29 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


マイケル(CV:立花慎之介さん)を攻略し終えました。
弟に萌えない私ですが、ジョンよりはマイケルの方が好みでした。
でもやっぱり、年上が良いなぁ~(笑)。

と、そんなことよりも言いたい事があります!!
マイケル攻略中に、バグを発見しました。
妖精の女の子が、常に画面の右側に立っているのです!

マイケルに連れられ、妖精が良く集まって遊んでいる場所に出かけた二人。
お祭騒ぎが好きな妖精たちに歓待されました。
どこに行っても人気者のマイケルは、妖精の女の子にダンスに誘われ、踊ることになりました。
マイケルが他の女の子と仲良くするのが面白くないヒロインは、広場の隅の木に背を預け、壁の花になっていたのですが。
偶然通りかかったティンクがヒロインに声を掛けました。

この時の選択肢で、マイケルを選んだ時はバグは発生しなかったのですが。
ティンクを選んだ後は、ずっとモブキャラの妖精の女の子が画面の右端を陣取っています。
しかも、遠近感無視。
最初は、マイケルと一緒に踊っていた妖精の女の子が、こちらを見ている。
遠近感を無視した配置がバグなのだろうと思っていたのですが・・・。
場面が切り替わっても、その女の子が居るのです!!
えぇ。
自宅に帰った後も、右側に妖精の女の子が・・・。

・・・恐・・・(汗)

自宅にまでついて来た妖精の女の子

どうやったら消えるのか。
いつになったら消えるのかと、ドキドキしながらプレイしていたのですが、消える気配が無く・・・。
巻き戻し機能を少し使ったら、何故か何事も無かったかのように消えました。

ホッ・・・。

目の前に居るのに、まるで見えて居ないかのごとく普通に会話する姉弟たち。
その様子が妙に恐く感じました(笑)。


まぁ、そんなアクシデントはありましたが。
マイケルも無事攻略完了しました。
声は良いのに「弟」というだけで萌えない私・・・。
orz
勿体無い感が拭えませんが、仕方がありません。
一応、全キャラ攻略完了です。
しかし、まだ明かされていない謎が残されています。
いよいよ、真相エンド!!
ティンカーとの友情エンドもあるとか?!
楽しみです♪

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

粘島 【ジョン=ダーリング】

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
02 /21 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


上の弟・ジョン=ダーリング(CV:遊佐浩二さん)の攻略が終わりました。
私の勝手な予想ではありますが(笑)3歳前後年下と思われます。
少なくとも、親の再婚が決まって出会った当初は小さかったと言うのですから、多分それくらいなのではないかと・・・。

ジョンは、学校の成績もよく、真面目で立派な紳士です。
ただ、運動が苦手で、融通が利かず、頑固です。
融通云々は、ヒロインととても似ていますね。
粘島在住のキャラ攻略時には、ヒロインとキャラの恋愛を否定し続け、激しく鬱陶しいキャラでした。
ヒロインも鬱陶しい性格だけど、弟も鬱陶しいって・・・。
でも、フックもそうであったように(フックごめん/笑)、キャラの個別ルートに入ると、そのキャラの魅力が開花します!!
ジョンが甘いものを嫌いになった理由。
特に「プリン」を憎むほど嫌っている理由が明かされます。
・・・まぁ、明かされたからといって、納得いくわけではありませけどね(^^;
少なくとも私は、自分の母親が家を出て行く最後の日に何を作って食べさせてくれたかなど、全く覚えていませんから。
あれ?・・・もしかして、私が薄情なだけ・・・?(笑)

まぁ、それでも、何となく想像はできます。
彼は彼で、幼少時のトラウマを背負っているわけなんですよね。
で、それを未だに引きずっている・・・と。

ヒロインにやたらちょっかいをかけるピーターにあからさまな嫉妬を向け。
次第に自分の気持ちを抑えられなくなっていく過程は、見ていて 滑稽 健気でしたね(笑)。
フックはそんなジョンの心情を一目で見破り(さっすが経験豊富!)、欲しい物は欲しいというよう助言してくれました。
フックって、兄貴分って感じで、良い漢ですね~♪

そして、告白!!
ストレートな愛情表現はクサイですが、ジョンらしいです(^^)
その後・・・。
ベストエンド・ルートでは、湖の対岸(誰も居ない場所)で初体験?!
って、待て待て!
今まで抑えていた分、制御し難いのは判りますけどね。
堅物ジョンといえども、年頃の男の子なのですから、判らなくも無いのですけどね。
でもだからって、恋人になって間が無い上に、初めてが屋外ってどうなの?!
それを受け入れるヒロインもどうなの?!

・・・・ピーター=パンとかティンク=ベル辺りが、上から見ている確率高そうですよね。
実際、それ以降、ピーターはヒロインにちょっかいかけて来なくなりましたから。

うわぁ、恥ずかしすぎる(///;
しかも、遊佐さんのソッチ系の演技は、どのキャラにも負けていません。
色っぽくて艶っぽいです。


こうして迎えたベストエンドは、正真正銘のハッピーエンド。
母親との確執もなくなり、家族皆に祝福されながら永遠の愛を誓い合うものでした。
ウエディングドレスが個人的には好みではありませんでしたが(爆)。
皆が「綺麗」と絶賛するのですから、そういう時代背景という事で納得します。
めでたし、めでたし♪

グッドエンドは・・・。
母親との再会を恐れるヒロイン。
ヒロインさえ側にいてくれるなら、と、ジョンは粘島での生活をもう少し続ける事を提案してくれました。
当然、末弟・マイケルは「じゃぁ、まだ遊べる!」と喜びまして(笑)。
ヒロインの決心がつくまで、粘島での生活を続けるという、ぬるま湯生活を満喫するものでした。
ま、これはこれで、有りですよね。
願い事さえ言わなければ、コンテストのルールは継続され続け。
生活費も要らないし、身の安全も保障される世界ですから。


さて。
それでは次ぎに、末弟・マイケルを攻略しますね!


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします




余談ですが。
最近、南の島でのサバイバル生活がしたくて堪らなくなっています。
跡部さんとか、比嘉中キャラとか、未攻略キャラが私を待っている~(笑)。
逆ハーエンドや三角エンド、大好きです!!

テニスの王子様 ぎゅっと! ドキドキサバイバル 海と山のLove Passionテニスの王子様 ぎゅっと! ドキドキサバイバル 海と山のLove Passion
(2011/06/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る

粘島 【ティンク=ベル】

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
02 /13 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


ネバーランド(以下、粘島)の住人最後の攻略相手は、妖精・ティンク=ベル(CV:杉山紀彰さん)。
他のキャラを攻略中、この世界での「妖精」と言うものが何なのか、何となく把握できていただけに、いったいどんな展開になるのかとドキドキしていました。

此処まで来ると、ネタバレ無しでのレビューは不可能なので、ご了承くださいね。


この永遠の世界の中でも、粘島にしか存在していない「妖精」。
この世界の神ともいえる存在「世界の意思」によって作られ「世界の意思」を楽しませる為に存在している「人形」です。
永遠の世界であるが故に、常に刺激を求めてしまう人々と同じく、「世界の意思」も刺激を求めているようです。
そのための、お菓子コンテスト。
異世界から招いた(拉致?)審査員3名。
しかし、異世界から連れてきただけあって、審査員たちは「世界の意思」の思い通りには動きません。

「世界の意思」に望まれ生まれて来た妖精・ティンクは、他の妖精と同じく「世界の意思」だけを愛していました。
しかし、世界の意志と関わりの深いと思われるピーター=パン(この段階で、私はピーターを世界の意志の一部だと解釈しています)が興味を抱くヒロインに興味を抱いた所から、「世界の意志」との溝が発生してしまいました。
「世界の意志」に逆らう事が出来ないはずの妖精。
「世界の意志」が作った世界の中でしか生きられない妖精。

ティンクとその妹・ティンカーは、他の妖精と事なり、より感情的で刺激を求める性質をしていますが。
この2人だけが規格外仕様になったのには、勿論「世界の意志」の気紛れによるものでした。
いつもと違う妖精を作ったら、より刺激的な何かがあるかもしれない。
そんな理由だったのかもしれません。
刺激を求めるティンクが、ピーターのお気に入りのヒロインに興味を示すのは必然。
でも、此処から悲劇(?)が始まりました。

ピーター、フック、シザーと攻略してきましたが、ティンク攻略時が一番切なくて、涙が出そうになりました。
ティンクの残虐性や無知による非常識な行動が、生後100日程度だからというのは、ピーター攻略時に知りましたが。
本人から聞かされると、更にまた違った印象を受けますね。
彼の生い立ちというか、生態環境というか・・・。
知れば知るほど、興味深いです。

あ、そうそう。
人間のような生殖生態ではないにもかかわらず、そういう事が出来るのは何故でしょうね?
( ̄ー ̄)
他の女性とキスしたことがあると言う台詞もありましたし(ヒロインとのキスは特別気持ち良かったと言っていました)。
種族の数を「世界の意志」によって管理されている彼らに生殖能力があるとは思えません。
それなのに、何故人間と同じような事が出来るのか不思議です。

更に言うなら・・・。
この「CERO C」判定は如何なものかと。
スチル的には問題ありませんが、性的表現がかなり大人向けです。
残虐性もありますしね(^^;
それとも、今時の15歳はこの程度の刺激は許容範囲内なのかな?
「親」の立場から言わせていただくなら、もう少し注意書きが欲しい所です。
なんせ、パッケージ的にもゲームタイトル的にも、仄々ファンタジー系が前面に押し出されていますからね。
まぁ、「QuinRoseさんの作品だから・・・」と、その辺を理解している人は良いかもしれませんが。
知らない人がパッケージ買いすると、後悔することになるかもしれませんね。

さて。
こうして「世界の意志」に逆らったがために、「世界の意志」から排除される羽目になったティンク。
妖精としての力を奪われ、「世界の意志」の世界では生きていけなくなってしまいました。
妖精は、世界に必要とされる事でその存在を保っているからです。
ティンクに残された世界はヒロインだけ。
でもそのヒロインも、元の世界に戻るというので、プレイしていて腹が立って腹が立って・・・。
家族よりもティンクでしょ!!
と、何度叫びそうになったことか(笑)。
相変わらずこのヒロインは頑固で融通が利かなくて視野が狭くて鬱陶しいです。
それでも、グッドエンドもベストエンドも楽しめました。
健気で素直で可愛いティンク。
純粋なのに俗物で(笑)一番エロいかもしれません。

此処までのプレイで、シザーが一番のお気に入りキャラになると確信していた私ですが(笑)
ティンクの・・・というか、杉山さんの演技の素晴らしさにノックアウトです!
生後間もないティンクは、言語能力や生活能力はあるのに常識を知らず、他人の感情に興味がありません。
自分の感情のみを優先し、自分が楽しいことしかしません。
人を殺すこともそうです。
そんな彼がヒロインと関わっていく事でどんどん成長し、変化していくのですが。
その感情の機微といいますか・・・。
落ち込んだ時、喜んだ時、拗ねた時など、成長とともに変化する感情をとっても上手く演じておられて、引き込まれてしまいました。

という訳で、シザーに続いてティンク攻略も大満足♪
次ぎは弟達を攻略して行きますね。

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

粘島 【シザー=ガビアルウォッチ】

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
02 /09 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


期待を裏切らなかったシザー=ガビアルウォッチ(CV:三木眞一郎さん)!!
楽しかったです(〃∇〃)

破壊活動が大好きで、時計ワニが大好きで、ビスケットをこよなく愛するシザー。
(彼曰く、ビスケットを食べることも破壊活動の一環とか/笑)
人格崩壊していて、人を人とも思わず・・・と言うか、完全に無関心で。
余程の重要人物意外は、自分の側近と言えども名前を覚えないという、かなりの徹底振りです。
海賊討伐時と、時計ワニと過ごす時間と、ビスケットを食べている時以外は、生気の感じられないつまらなそうな顔をしている彼は。
上官としては優秀で頼れる人物ですが、人としては誰にも信用されない無慈悲な人物です。
しかし仕事が出来るから、本隊に居る上官から大目に見られているというのだから凄いものです。
まぁ、ネバーランドが辺境の地という事もあり、目が行き届かないので、放ってあるというのもあると思いますけどね。

シザーを攻略すれば、なぜ時計ワニは時計の音がするのか、とか。
シザーの性格が、なぜ現在のように壊れてしまったのか、とか。
謎が解明されます。
そして謎が解明されると・・・。
シザーが別の意味で壊れます(笑)。
あれほど他人に興味の無かったシザーが、ヒロインにベタ惚れ。
それはもう、見ていて恥ずかしいほどの壊れっぷりです。
フック海賊団を目の前にして「デート中だから争わない」と微笑みながら言われてもねぇ・・・(^^;
フックじゃなくても戸惑います。

あ。
余談ですが、どうしてフックだけ名前で呼ばれないのでしょうね。
ジェイムズ=フックなのだから、ジェイムズで良い気もしますが・・・?

さて。
こうして迎えたエンディングですが。
バカップルエンドと言っても差し支えないグッドエンドも良かったですし、シザーに(遠回しに)プロポーズされるベストエンドも捨てがたいです!
シザーの側近のクリップやルーラーに「奥様」と呼ばれるのも悪くありませんね(笑)
まぁ、更に個人的な意見を言うなら、ルーラーも好みです(〃∇〃)
仕事が出来る眼鏡男子、大好きです♪
殆ど笑う事のないルーラーが、ウエハースを見つけたときに見せた無邪気な笑顔にヤラレマシタ・・・。
これが、ギャップ萌え?
まぁ、シザーほどじゃないですけど(笑)。

という訳で、シザー=ガビアルウォッチ攻略は大満足でした♪
次ぎは、ティンク=ベル(CV:杉山紀彰さん)を攻略します。
【世界の意思】によって作られた「人形」である妖精。
妖精は基本、自分の意志を持たない存在なのだとか・・・。
そういう意味では、ティンクや、その妹・ティンカーは規格外らしいのですが。
まだまだ謎だらけの妖精です。
彼を攻略したら、その辺の謎が解き明かされるのでしょうか?
楽しみです!!

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

粘島 【ジェイムズ=フック】

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
02 /08 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


ピーター=パン攻略時には、どうしても好きになれなかったフック船長(CV:置鮎龍太郎さん)ですが。
いざフック・ルートに入ると、彼の魅力が見えてきました。
争いを嫌い、完璧を目指すヒロインとは、何かと意見が衝突する彼ですが。
気の強い女が好きだという事から、惹かれて行き。
そして、仲間にはトコトン優しいフックに惹かれるヒロインは、相変わらず頑固で融通が利きませんが、それでも後半は良い感じに落ち着いてきました。

フック海賊団は、海賊といっても、商船を襲うのではなく。
そんな商船を狙う海賊を相手に略奪を行っているとの事で。
同じ強奪でも相手が悪人なら「何となく良いかな?」と思えてしまう辺り、私もヒロイン同様、病んでいるのかもしれません(笑)。

財宝も女も「奪うまでが楽しい」と豪語するフックにショックを受けましたが。
何の事はありません。
単なる照れ隠しでした。
側近であるスミー曰く。
手に入れたお気に入りの宝は、病的なくらい大切にするのだそうです(笑)。

そんな彼とのエンディングは、ベストエンドよりも、グッドエンドの方が好みでしたね♪
ベストエンドは、ヒロインだけ粘島に残って・・・というものでしたが。
グッドエンドは、帰ろうとしたヒロインを拉致し、無理矢理連れ去るというものでした。
いや~、海賊らしい手段に出ましたね(笑)。
何とも彼らしい行動です。


さて。
次の攻略相手は、フックの宿敵、シザー=ガビアルウォッチ(CV:三木眞一郎さん)です。
私の中では、一番ビジュアルが好み♪
モノクルで人格崩壊で(笑)とにかく変人です。
そんな彼とどんな恋愛が出来るのか、楽しみです(〃∇〃)


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

粘島 【ピーター=パン】

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
01 /29 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


ピーター=パン(CV:石田彰さん)の攻略を終えました!!
頑張りましたよ~(^^;
見る側の気持ち一つで、大人に見えたり子供に見えたりするピーター。
石田さんの子供演技と青年演技の両方を堪能できるお得感たっぷりのキャラです♪
ただ・・・。
前回記事に挙げたように、OPを含む前半部分までは、かなり我慢しながらプレイしました。
しかし、ピータールートに入ってしばらくした頃。
主人公が、元の世界で、いかに今まで周囲が見えておらず、母親の言葉しか聞ことしていなかったのか。
その辺を異常と認識したあたりから楽しめるようになりました。

母親が主人公を恨んでいたことは判明したのですが。
嫌な思い出を封印してしまった主人公には、その原因が思い出せません。
破天荒ながらも純粋なピーターに惹かれていきながら、母親との和解も望む主人公。
元の世界に戻るか、この世界に残るか・・・。
究極の選択が待っています。

過去のQuinRose作品とは異なり、作業的要素が無く、選択肢(二択)で物語が進みます。
選択肢は、キャラの好感度を左右する程度なので、どちらを選んでもストーリー的には大きな変化はありません。
最終的なエンディングが変わってくるくらいです。
エンディングは2種。
ネバーランドに残るベストENDと、元の世界に戻るグッドENDです。
まぁ、どちらにしても、ピーターと幸せになれますけどね。
ただ。
やはりQuinRose作品らしく、1人を攻略しただけでは数々の疑問点が残ります。
母親に恨まれる理由もそうですが、ピーター=パンという、ネバーランド(以下、粘島)でも異質な存在とされている彼の秘密などです。
真相エンドに辿り着くには、粘島の住人を攻略しないといけないようです。

・・・先は長いなぁ。

まぁ、主人公が心を入れ替え(?)粘島での生活を受け入れる事が出来るのなら、プレイしている此方としても楽しめる事が判明しましたしね。
前半部分の鬱陶しさをいかに乗り切るかが鍵ですね(^^;

という訳で、次ぎはジェイムズ=フック(CV:置鮎龍太郎さん)を攻略したいと思います。
置鮎さんは好きですが、フックの第一印象は最悪です。
しかも、ピータールートでは、無理矢理キスされましたしね。
粗野で粗暴でデリカシーが無いのは、海賊だから良いのですが(良いんだ/笑)。
ピーターより弱いくせに突っかかっていく無鉄砲さと言うか、学習能力の無さというか・・・。
お子ちゃまか?!
と、突っ込みたくなる言動の数々に、大人の魅力を見出せないキャラです(ゴメン、フック/笑)。
そんな彼のどの部分に主人公は惹かれるのでしょう。
ちょっと期待しながら、プレイ開始です!!


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします





余談ですが。
アラビアンズ・ロストがリメイクされてPSPで発売されるようですね!!
アラ・ロスの世界観を表すには、以前のキャラデザの方が合っているように感じますが。
まぁ、個性的なので、第一印象的にはアレですしね。
プレイしていたら全く問題なく、寧ろとても雰囲気が出ていたので、ちょっと残念です。
新規のキャラデザは、より乙女ゲームっぽい感じですね。
えぇ。
本当に、乙女ゲームっぽいです。
・・・攻略対象が全て犯罪者という事以外は(笑)

そして、PSP用の新たなエンディングに加え、PS2やDS移植時に追加されたエピソードやエンディングも移植されるとの事♪
盛りだくさんですね~。
PC版はフルコンプしましたし、PSP版ではフルコンプはしなかったものの、一応全キャラエンディングを迎えました。
DS版は(何故か)部分ボイスだったので、プレイ意欲が沸かず。
結局誰も攻略しないまま放置していたので、このフルボイス仕様で追加エピソード付きの移植は嬉しいです。
カーティス(CV:石田彰さん)とまた恋愛できるんですね♪


アラビアンズ・ロスト -The engagement on desert-アラビアンズ・ロスト -The engagement on desert-
(2006/08/11)
Windows XP

商品詳細を見る


アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~アラビアンズ・ロスト~The engagement on desert~
(2007/10/11)
PlayStation2

商品詳細を見る


アラビアンズ・ロストアラビアンズ・ロスト
(2009/09/10)
Nintendo DS

商品詳細を見る

やる気が起きないのは何故?!

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
01 /23 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


最初の攻略キャラは、やはりピーター=パン(CV:石田彰さん)。
きっと楽しくプレイできると期待しながら始めたのですが・・・。
いえ、石田さんに問題はありませんよ。
可愛らしい少年ボイスで、基本自己中なキャラですが。
嘘は絶対つきません。
ヒロインも子分(迷子たち)も大切にしています。
彼なりの方法で、ですけど(笑)。

では、何が気に入らないかといいますと・・・。
ヒロインの性格といいますか、家庭環境といいますか。
何であんなに頑ななのでしょう。
「完璧な女性」に憧れるのまでは良いのですが、
そのための手段を問わないといいますか、融通が利かず、自分の常識を人に押し付けている感じがどうにも私には合いません。
彼女は心を病んでいるのでしょう。
それは判るのですが、それでもアリス以上に好きになれないタイプなのです。
アリスの超ネガティブ志向は好きじゃありませんが、あのテンポの良い毒のある突込みは、かなり気分が良いですからね。
しかし今回のヒロイン・ウエンディは、年齢不詳ですが学校を卒業し、家事手伝いをしている女性。
つまり、大人設定です。
自分が決めた事は貫く、心の強い女性・・・という第一印象でしたが。
強引にネバーランドへ連れてこられたため「早く家に帰りたい」と言いながらも、自分が決めた「目標体重になるまでお菓子を食べない」というルールを厳守し、お菓子コンテストの審査員を続けています。
お菓子の味も判らず審査して、本当に正しい答えが出せるのでしょうか?
家に帰りたくないとしか思えません。
しかも異世界の住人には、異世界でのルールや常識があります。
にも拘らず、自分の世界の常識を押し付けている感が強く、鬱陶しいです。
この「大人の女性」らしからぬ言動が、私は気に入りません。

あと、ウエンディの実母の言動も理解不能です。
彼女も心を病んでいますよね。
飴と鞭を使い分ける事無く、鞭のみで娘を育てている彼女は、きっと夫を亡くして心が壊れたのでしょう。
そこまでは何となく理解できるのですが・・・。
そんな彼女の仕打ちに違和感や疑問を感じる事無く、母親の望む「完璧な女性」になろうと努力しているウエンディは、それ以上に心を病んでいるとしか思えません。
少なくともアレは愛娘に向ける言動ではありませんからね。
まるでシンデレラの継母のようなキツイ言動。
私だったら、家を出ます(笑)

とは言っても、現在攻略途中。
まだクリアしていない為、中間報告になります。
この鬱陶しさを我慢してプレイを続ければ、彼女のあの「不幸そう」な「幸せな日常」の意味が判明するのでしょう。
うん。
そうでなければ、ずっと嫌な気分のままですから(^^;
家事に楽しみを見出そうとするピーターは正しいと思うんですけどね・・・。
家事は楽しむものではないというウエンディの考えは理解できません。
まぁ、ピーターの楽しみ方は度が過ぎているかもしれませんが(笑)
それでも「楽しむ」ことは悪くないと思うんですよね。
何でそんなに頑なに否定するのでしょう。

その辺の秘密を知る為にも。
ピーターが彼女を選んだ理由も。
また、実母のあの冷たい仕打ちもクリア後には解決すると信じて頑張ります!!


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

お菓子な島のピーターパン 起動!!

乙女ゲーム お菓子な島のピーターパン
01 /10 2012

お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る


QuinRoseさんの新作【お菓子な島のピーターパン】をやっと起動しました(笑)。
予約購入したんですけどね。
他のゲームが一段落してから・・・と思っていたことと、前野智昭さんにハマってしまったことが原因で、長々と放置してしまいました。
とは言っても、もっと放置してあるゲームがあるんですけどね~。
・・・華ヤカ、アムネシア、StarrySkyも未開封・・・。
他にも、コンプせず放置しているものが数点。
何をやっているんだか、私は(^^;
という訳で(?)、今日から心を入れ替え(笑/待て!)乙女ゲームに勤しみたいと思います♪
子供達の冬休みが終わりましたしね~( ̄ー ̄)

余談ですが。
本日起動したこのゲームですが、アリスシリーズでも大陸シリーズでもないため、ゲーム情報が出た当初は購入を迷いました。
しかしキャスト発表後、即行で予約しました(爆)

【キャスト】
ピーター=パン/石田彰さん
ジェイムズ=フック/置鮎龍太郎さん
シザー=ガビアルウォッチ/三木眞一郎さん
ティンク=ベル/杉山紀彰さん
ジョン=ダーリング/遊佐浩二さん
マイケル=ダーリング/立花慎之介さん

石田さんと三木さんと遊佐さんと杉山さんと・・・って、この豪華声優陣は何なんですか!!
萌え~♪
踊らされている・・・絶対、QuinRoseさんに踊らされている。
そう自覚しながらも、ついつい手が購入ボタンをポチッと、ね。
ははははは(^^;


さて。
馴染んだシリーズとは異なる世界。
楽しみでもあり、不安でもある微妙な気分でプレイ開始です!

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします


亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。