12時の鐘とシンデレラ 【シリウス=ブラッドレイ】

乙女ゲーム 12時の鐘とシンデレラ
12 /22 2012

12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る


最後の攻略キャラは、楽しみに、楽しみに残しておいた魔法使い・シリウス(CV:高橋広樹さん)!
友情イベでは明かされなかった、シリウスの年齢が明かされます(笑)
服装が奇抜で少々怪しい風体ですが・・・。
ヒロインに対して、過保護で過保護で過保護で、超心配性の彼。
どうやら「魔法使い」になったことによる副作用(?)的なもののようです。

まぁ、その辺はプレイしてのお楽しみですね。

さて。
残念なのは、基本的な物語が、やはり金太郎飴だったことでしょうか(^^;
王道キャラであるロイとシリウスを攻略したら、全体像が見えてくるはず・・・。
この二人のスチルが多かったので、そういう事なのでしょう。
個人的には、グラスの設定が好きですし、好戦的なギルバートも好みですし。
普段は優しくて気が付かないけど、実は狂気を隠し持っているチャンスも好きです。
なので、全キャラ攻略しても損ではありませんが・・・。
そうなると、なおの事「金太郎飴」的展開が残念です。
QuinRose作品にしては、物語が短くスチルも少な目。
友情イベなどのサブストーリーも数えるほどしかありません。
シンデレラシリーズは、12時・24時・0時と3部作になっているので、一つ一つが薄めに作ってあるのかもしれませんね。
ちょっと癖のある乙女ゲームを作成する会社なので、ユーザーが固定されがちですが。
こういった作品は、乙女ゲーム初心者や、今までQuinRose作品に手が出せなかった方も楽しめるのではないでしょうか?
大陸シリーズやアリスシリーズが好きな方には、確実に物足りなさが芽生えると思いますけど。

最後に気になったのが、このルートで発した常闇の王の台詞です。
「国を救おうなんざ、魔法使いにゃ似合わない高尚さだ」
って・・・え?常闇の王は国を滅ぼす予定なの・・・?
人間との親交として、城に滞在しているのではなく?

とまぁ、ささやかな疑問も残っておりますが。
常闇の王とは、0時の~で攻略可能っぽいので、楽しみにしておくことにします!
取りこぼしたスチル(差分)も拾い終わったので、24時~を起動しますね♪




24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る

スポンサーサイト

12時の鐘とシンデレラ 【チャンス】

乙女ゲーム 12時の鐘とシンデレラ
12 /21 2012

12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略4人目は御者でトカゲのモンスター・チャンス(CV:吉野裕行さん)です。
・・・グラスのときも感じましたが、ちょっと呼びにくい名前です。
まぁ、ハロウィンが魔王ですからね。
モンスターの名前が多少(?)お茶目なのは仕方が無いのかもしれませんね(^^;

えー。
物語の展開としては、金太郎飴です。
心優しいモンスターで、いつもニコニコ。
偏見と差別を受けても頑張って人と共存しようと努力しています。
まるで犬のようにヒロインに懐く様は、可愛らしいのですが。
かといって年下や幼いイメージはありません。
また、個人的には、吉野さんのこういった演技、大好きです!
薄桜鬼の平助やヤッターマン1号より大人ボイスでイイです♪

さて。
ここまで攻略し、感想を綴ってきましたが。
ちょっと書き忘れた注意書きがあります。
他のQuinRose作品を知っている私は慣れているので平気ですが・・・。
CERO C(15歳以上対象)で良いのだろうかと思えるほど、両想いになった後の展開がエロいです。
残虐なシーンは無いので、これくらいのエロは目を瞑れなくは無いのですが。
同じCERO Cでも、「魔法使いとご主人様」や「アラビアンズ・ロスト」とは微妙に方向性が異なります。
(ま、シリーズが違いますから比べるのもアレですけどね)
両想いになって、そういう展開にあるのは良いのですが・・・。
世界観的には、中世ヨーロッパのような感じですよね。
そんな世界で、むやみやたらにスカートをたくし上げて足を晒しちゃ駄目だと思うんです。
いえ、正確に表現するなら・・・。
晒すのは良いのです。
婚前にそういう関係になっても、2人が合意の上なら問題ありません。
問題はグラスやチャンスのルートで見れるスチルです。

ま、○○○○ー(伏せる意味あるのか?)ですから、本能のままにってところの表現なのかもしれませんけどね(え?偏見?)

あ。
誤解の無いように言っておきます。
私的には全然OKです!(笑)
QuinRose作品のそういったところは慣れていますし、私自身イイ歳ですから。
ただ、知らずにプレイしたら、びっくりするかな・・・と。


さぁ。
残す攻略キャラは、あと1人!
楽しみに取っておいた、魔法使いさんです♪
彼との物語りも金太郎飴なのでしょうか・・・?
多少違う展開を期待をしつつ、頑張ります♪(^^)




魔法使いとご主人様~New Ground~(通常版)魔法使いとご主人様~New Ground~(通常版)
(2011/11/23)
Sony PSP

商品詳細を見る



アラビアンズ・ロスト (通常版)アラビアンズ・ロスト (通常版)
(2012/06/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

12時の鐘とシンデレラ 【グラス=ウォーカー】

乙女ゲーム 12時の鐘とシンデレラ
12 /20 2012

12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略3人目は、下町で靴屋を営んでいる偏屈職人(笑)グラス=ウォーカー(CV:櫻井孝宏さん)です。
靴職人としての腕は超一流!
生半可な靴は作らない上に、良心的な価格で販売しています。
が。
性格はぶっきら棒で、人付き合いが下手です。
なので、腕は良いのに閑古鳥が鳴いている靴屋の店主です(笑)
で、まぁ、そんな彼との恋愛は心地よかったのですが・・・。
微妙に展開がギルバート(CV:子安武人さん)と同じなのは何故でしょう・・・。
金太郎飴的展開は望んでいないのですけどね(^^;
まぁ、「ヒロインが王子を誑し込む」という作戦上、見過ごせず攫いたくなる彼らの気持ちは判るのですが。
何も同じような展開で話を進めなくても・・・ねぇ。

あ、そうそう!
何故、靴職人がガラスの靴を作れるのか不思議だったのですが。
グラス(ややこしい名前だ)を攻略してやっと納得しました。
彼が○○○○ーだから可能な技だったのですね!
(と私は解釈したのですが正解でしょうか?)
だって、靴は皮で作るものと相場が決まっていますから。

個人的には、透明なガラスの靴は好きじゃないですけど(^^;
あの世界の社交界的には好評なのでしょうかねぇ・・・。
足のお手入れが半端では絶対に履けない靴だと思います!

12時の鐘とシンデレラ 【ギルバート=クロイス】

乙女ゲーム 12時の鐘とシンデレラ
12 /19 2012

12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略二人目は、ギルバート=クロイス(CV:子安武人さん)です。
前から言っていますが。
ちょっと癖のあるキャラを演じる子安さんって、大好きなんです!
今回のキャラは、ちょっと(?)危ない思考の持ち主で。
狂気をはらんでいるといっても過言ではないかと(どの辺がちょっとなんだ!/笑)

偏屈で融通がj利かなくて口が悪くて尊大で。
剣の腕は超一流だが、好戦的で自己中。
弱肉強食を地で行く人ですからね。
友人としてはもちろん、恋人としても難有りの人です。
出会いは最悪でしたし(^^;
でもだからこそ、交流を深めて行く内に気付いた彼の優しさ(?)に流されてしまっても仕方が無いかな・・・?とか感じてしまう私は、ヒロイン並みに色ボケているというか馬鹿になっています(笑)

このルートでは、最初に攻略したロイの正体は明かされないままですが。
真夜中に手品の練習(?)をしている男の正体は明かされました。
あと、御者のチャンス(CV:吉野裕行さん)がちょっぴり登場しましたね。

王子の護衛という立場でありながら、王子に意見したり反抗したりしても「ちょっと謹慎」を言いつけられるだけで済むあたり、彼の力の凄さが窺えます。
・・・敵に回したら怖いタイプです(^^;
個人的には、そんな奇妙な彼らの主従関係的な会話がもっと見たかったですね。

12時の鐘とシンデレラ 【ロイ=ディフェンタール】

乙女ゲーム 12時の鐘とシンデレラ
12 /18 2012

12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る


12時の鐘とシンデレラを起動しました!
わくわく♪
わくわく♪


■あらすじ■
人間とモンスターと呼ばれる人外が共存する国。
不思議な力を持つマジックアイテムや魔法使いが存在する世界(ハロウィンワールド)の物語の第一弾!

ヒロインは、父グラハム=スカーレットと共に暮らす裕福な貴族の娘。
名前変換可能。苗字固定。
デフォルト名・オデットでプレイしてもボイス無し!

ある日、父から再婚する旨を告げられ、継母と二人の義姉に引き合わされる。
三人を金目当てだと思っているが故に、打ち解けることが出来ず、貴族特有の捻くれた見方しかできないヒロイン
……。
そんな時、父が突然の事故死。
事後処理をした弁護士からは、スカーレット家には多額の負債があることを告げられる。

スカーレット家を捨てることも可能だが、一緒に借金を返済しながら力を合わせて生活していこうと言う継母と姉二人。
ここに至りやっと三人が自分を家族として見てくれていることに気づき、あえて苦難の道を選ぶことに!

借金返済のために屋敷を手放し、家族とともに下町で新しい生活を始めるヒロイン。
スカーレット家の再興を心に誓いつつ、灰を被る生活が始まった―――。


■キャスト■

ロイ=ディフェンタール(CV:岡本信彦さん)
ギルバート=クロイス(CV:子安武人さん)
グラス=ウォーカー(CV:櫻井孝宏さん)
チャンス(CV:吉野裕行さん)
シリウス=ブラッドレイ(CV:高橋広樹さん)
レイナルド(CV:草尾毅さん)
フェザー(CV:下野紘さん)


貴族特有の穿った見方(再婚相手をお金目当てと信じて疑わなかった)をするヒロインに、最初はちょっと「あ。やっぱりクインロゼ作品だな・・・」と感じましたが。
信じることのできる相手に出会ったことで、少しずつ素直になって置く彼女は、とても可愛い子でした。
しかも、ただ可愛いだけではありません。
突っ込みのタイミングも絶妙で、少々貴族的ではない(上品さに欠ける)振る舞いに好感が持てます(笑)
突っ込みは、クインロゼ作品のヒロインには欠かせない要素ではありますが。
やはりそのヒロインの性格によっては鬱陶しいですからね。
今回のヒロインはサバサバしていて、良かったです。
まぁ、アラビアンズ・ロストのアイリーン程ではないかもしれませんけどね(笑)

最初に攻略したのは、王道キャラと思われるロイです。
お忍びで下町にやってきた世間知らずの貴族のボンボンと下町娘との叶わぬ恋・・・っぽい物語(笑)
バッドエンドも含め、相変わらず多数のエンディングが用意されています。

最初に好みの男性を選択する場面があり、そこから先は、その選んだキャラのルートなので、途中の選択肢を色々変えていけば問題無く全てのエンディングが見れると思いますが。
基本は、他キャラとの友情イベントを発生させるかさせないかで、エンディングが別れるようです。
例えば・・・。
靴屋・グラスとの友情イベントを発生させるか、させないか。
魔法使い・シリウスとの友情イベントを発生させるか、させないか。
といったところでしょうか?
エンディングが多彩ですが、大陸シリーズほど難しくないので、システム的には「お菓子な島のピーターパン」っぽいゲームでしょうかね。

ロイとの物語は、可も不可もなく。
文字通り王道キャラでした(笑)
全体的に胸温かくなる物語って感じで。
若干切なくなる程度で、号泣することはありませんでした。
バッドエンドも、死別などの悲壮なものではなく。
復興できなかったね的な感じでしょうか・・・。
なので、誰もが安心してプレイできるのではないでしょうか?

このルートでは、名前や声だけしか登場しないキャラもいるので、今後そういったキャラがどう絡んでくるのか楽しみです!!





お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る



アラビアンズ・ロスト (通常版)アラビアンズ・ロスト (通常版)
(2012/06/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。