24時の鐘とシンデレラ 【フェザー】

乙女ゲーム 24時の鐘とシンデレラ
01 /05 2013

24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


最後の攻略キャラは、鳩のモンスター・フェザー(下野紘さん)です。
上品な女性キャラとして登場した彼女ですが。
実はモンスターという種族は、自由に性別を変えることが可能なのだそうです!
これまで登場したモンスターたちは、皆それぞれ気に入った方の性で過ごしていましたが。
フェザーは、その時の気分で性別を変えているようです。

これにはびっくりですよね。
精霊系のモンスターなら、その説明でも納得できますが。
動物系のモンスターであるトカゲやネズミまで、それは当てはまる設定ですよね!

前作に登場したトカゲのチャンスや今作のネズミのダミアンも、男性型に決めるまでは女性型も経験したのでしょうか・・・?
想像すると笑えてしまいます(笑)
まぁ、それを言うなら、精霊系のモンスターでも同じですけどね(笑)

さて。
フェザーのエンディングだけ他より多くて6種。
ベストEND、女友達END、女……友達!?END、お茶の約束END、下町で舞踏会END、踊り場でワルツENDです。
「男と女のどちらの自分が好きか」とフェザーに問われ、女性を選べば女友達エンドに。
どちらともいえないを選べば、ベストENDまたは女……!?友達ENDになります。
この辺は好感度の調節で変化するっぽいです。
お茶の約束ENDは、実質バッドエンドなのだと思います。
しばらく仕事で留守にするというフェザー。
「帰ってきたらお茶をしよう」と言ってくれますが、帰ってこなかったら・・・?
と、寂しい終わり方でした。
踊り場ワルツENDは、ベストENDより若干好感度が低いとたどり着けるっぽいです。
下町で舞踏会ENDは、お城の舞踏会にドレスが間に合わない状態にする必要があるので、マジックアイテムショップに行っても、オズウェルに挨拶せずに帰りましょう(笑)

フェザー攻略時に感じた疑問は・・・。
シリウスとフェザーは知り合いっぽいにも拘らず、初対面の振りをしている理由が判りませんでした。
どんな因果関係があるのでしょうか?
それは次回作で明かされるのでしょうか?
また、「恋のおまじな」をした張本人の意図は?
あと、正式な雇い主がいるのにもかかわらず、スカーレット家が復興後に始めた事業に参加したフェザーは、何故雇い主からお咎めがないのか・・・。
雇い主を裏切った(?)ことによる解雇という罰なのか、謎にたどり着けたご褒美による放置なのか。
その辺も含めて、次回作の続報及び発売日が気になります!!


続きを読む

スポンサーサイト

24時の鐘とシンデレラ 【ダミアン】

乙女ゲーム 24時の鐘とシンデレラ
01 /01 2013

24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略4人目は、ネズミのモンスター・ダミアン(CV:森田成一さん)です。
森田さんの声は、火原和樹(金色のコルダ)や黒崎一護(BLEACH)のイメージが強かったので、攻略前は色々と不安でしたが。
杞憂に終わりました!
森田さんが、あんな、やる気の無いキャラ(笑)を演じられるとはっ!!
人間に無関心で、面倒事を避けているダミアン。
余計ないざこざを避けるためにの処世術として、偽名を名乗ってモンスターであることを隠したりして、下町で雑用をして生活しています。
しかも雇い主がかなり高位の存在なので、報酬もかなりのもの。
あまり「お金持ち」っぽいそぶりは見せませんが、下町で暮らすには充分過ぎるほどの報酬を得ているようです。
そんな彼がネズミ捕りに引っかかり(笑)ヒロインに助けられました。

間抜けすぎる・・・。

でも、ネズミ捕りにつかまった状態で人型になったら、ネズミ捕り機が壊れてしまう・・・のかな?
人間よりは強い体をもっているので、それくらい平気なのかもしれませんね。
まぁ、若干、痛いかもしれませんが(^^;

ダミアン・ルートは、金太郎飴感が少なく、快適に攻略することができました!
靴を確保するためにフェザーとの友情イベを発生させなければならないし、恩を売る相手・スペンサーとも知り合わなければなりませんので、その辺のイベントは全キャラ共通。
スキップ機能フル活用ですっ飛ばしましょう。
でも、前作オデットの時のようなワンパターンなクライマックスではありません。
嫉妬イベも充実していますし、他キャラとの絡みもイイ!!

ヒロインが幼馴染のルイスと仲良さそうに話すのを見て嫉妬し、自分の気持ちの変化に気付き始めたダミアン。
可愛いですね~。
人間に興味は無いけど、彼女を特別だと思っている自分に気付き・・・。
そしてそれが恋だと気付くのです。
モンスターって、外見どおりに精神面が成長しないのでしょうね。
尤も。
本能の方が勝っているらしく、自分の気持ちに気付いてからの行動は早いですけど(笑)。

あと、オズウェルとの戦闘イベも良かったです!!
多分・・・。
本当に、私の予想(願望)なのですが。
オズウェルは、ダミアンは勿論、彼の雇い主の事も良く思っていないのではないでしょうか。
雇い主が城に滞在していることから、城への出入りはある程度自由になるダミアンですが。
やはりモンスターだけあって、人間の衛兵たちには嫌われているようです。
まぁ・・・。
雇い主は普段から傍迷惑な事をしてしでかしてるっぽいですからね(^^;
その片棒を担いでいるであろうダミアンも、当然目の敵にされるはずで。
そんな彼が、知人女性(ヒロインのことです)と一緒に城の裏庭に居れば、オズウェルとしては攻撃魔法の一つや二つ、ぶつけてみたくなる・・・はず(^^;

普段が穏やかで感情の起伏が少ないオズウェルの激昂した姿が素敵でした♪(笑)

エンディングは5種。
ベストEND、豆スープEND、楽団END、新しい隣人END、雲隠れENDの5種

豆スープENDは、これまで経験してきた「委ねる」的なエンディングでしょうか。
でも、ダミアンは何もしてくれなくて(笑)ただ、家の復興に拘りすぎているから肩の力を抜いて今を楽しんでみるのも良いんじゃない?と提案してくれただけで。
その案に乗ると、家族4人で慎ましくも幸せな生活が続き、ダミアンとも友好関係が続く。というエンディングでした。
ダミアンとは恋愛関係にはなれませんでしたが、家族との平和な日々は何ものにも代えがたいですからね。
一応、ハッピーエンドですし、何よりも「金太郎飴」感が無くて良いです!!
そうですよ!
何でもかんでも同じ展開にする必要は無いんです。

楽団ENDは、ベビーシッターよりも割りの良い仕事を見つけ、復興の手助けになる!と意気込む終わり方でした。
そんなに世間は甘くないと思いますが・・・。
ダミアンが過保護に彼女を心配する様が可愛かったです♪

新しい隣人ENDは、舞踏会で有力者に協力を求めたものの・・・。
結局成果はなく、家族仲良く慎ましく生活していたら、ダミアンが同じアパートの隣に越してくるエンディングでした。
あのアパート、上と下だけじゃなくて、横にも部屋があったんですね(^^;
確かに、ビジュアル的には大きな建物なので、不思議に思ってはいましたが・・・。
階下にフェザーが住んでいる以外、住人がいないので、てっきり二階建ての上と下に住んでいるのだと思っていました。
階下には鳩のモンスター・フェザー。
隣にはネズミのモンスター・ダミアン。
そのうち、モンスターの住人が更に増えるのでは?(笑)

バッドエンドといえる雲隠れENDは、ダミアンが自分の言いたいことを言うだけ言って(愛の告白&ランタンの呪いの真犯人)ヒロインの前から姿を消してしまうものでした。
相手がモンスターなので、ネズミの姿になってしまえば、彼女に本物と偽物の区別は付きませんし。
ダミアン自身が己の葛藤(?)から抜け出すまで、姿を見せることはないでしょう。
あるいは・・・。
もしかすると、ダミアンの雇い主が、ダミアンに釘を刺したのかもしれませんね。
今まで経験したどのバッドエンドよりも、寂しく感じた終わり方でした。



繰り返し書きますが。
前作・12時の鐘とシンデレラほど、金太郎飴っぽい展開ではなく。
また、キャラ別の個性的な展開が魅力的な今作。
このままいけば、今年発売予定の続編・0時の鐘とシンデレラに期待が膨らみますね!

続きを読む

24時の鐘とシンデレラ 【オズウェル=サヴァレ】

乙女ゲーム 24時の鐘とシンデレラ
12 /30 2012

24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略3人目は、オズウェル=サヴァレ(CV:津田健次郎さん)です。
実は、今回の攻略キャラの中で、一番期待していたキャラです!
(≧∇≦*)
予想を裏切らない展開の数々に萌が止まりません!!
ネタバレ暴走感想ですが、お許し下さい。

気になるお店(何の店だか判らないという意味)を発見し、足を踏み入れてみると。
そこには、愛想の悪い常連客が一人、店主と話をしています。
ヒロインに対し「出て行け」と露骨で尊大な態度をとる彼は、第一印象最悪の相手ですが。
見目が良くて話し上手で賢いとくれば女性が放っておくはずありません。
そのことで、過去に色々あったらしく、人付き合いを極端に避ける寂しがりに(笑)
ただ、ヒロインが今まで周りにいたどの女性とも異なる反応を示すので興味を示したらしく。
本来の「懐に入れた相手にはとことん世話を焼くお節介気質」も作用し、微妙な友人関係に♪

でも確かに、あんな風に世話を焼かれたら女性は「もしかして・・・」と勘違いしてしまいますよね。

エンディングは5種で、ベストEND・師弟END・魔法使いとダンスEND・プロポーズEND・置いてけぼりENDです。
魔法使いとダンスENDは、酔ったオズウェルを介抱していたら策にハマって捕らわれるEND(*´ω`*)
途中、旅に誘われるのですが、それを承諾したら師弟ENDに。
置いてけぼりENDは、好感度が低すぎると発生するもので、オズウェルが黙って一人で先に旅立ってしまいます。
一応これがバッドエンドになりますが。
勝気で負けん気の強いヒロインなので「いつか探し出してやる!」という感じで終わったので、それほど淋しい感じはありません。
なので、個人的にはプロポーズENDが一番萌えなかったかな・・・。


基本的な展開は一緒で、各種友情イベを発生させ、靴と恩を着せる相手を確保したら、オズウェルトの親密度を上げていきましょう。
旅の誘いは断って、そのまま親密度を上げて行ったらベストENDにたどり着きます。
そして、ベストENDにも拘らず、プロポーズなし!
彼らしい愛情表現はあるものの、プロポーズではありません。
でもそれ以上に心温まる愛情表現でした!

友情イベを見た時から、何となく彼の正体については察しがついていたものの。
それでもやはり、あの告白はウケました(笑)
ヒロインがストレートに好意を言葉にした返事が「俺は魔法使いだ」って。
それ、返事になってないから(笑)

価値観というか、感性がズレているので、すれ違ったり喧嘩したり。
でもその度に仲直りして、より強い絆で結ばれて。
魔法使いということで、女性と距離をとるようにしていたオズウェルが、ヒロインに惹かれ、己を抑制できなくなっていく過程が可愛いです!
もちろん、振り回されるヒロインは、ちょっぴり可愛そうですが。
ハッピーエンドなのでそのへんは許してあげましょう(笑)
なんだか波乱万丈でドキドキ楽しめる恋愛でした!
オズウェル、萌~(*´ω`*)
同じ魔法使いでも、シリウスの方がもっと悲壮感が漂っていましたね。
オズウェルは、ヒロインが老いて先立つことに関しては触れませんでしたから、そんな先の心配よりも「今」を大切にしたいと思ったのかもしれませんね。

あと、嫉妬イベも萌えました!
舞踏会でライナスと他愛の無い話をしただけなのに。
「婚約者と何の話をしていたんだっ!」って。
酔った勢いとはいえ、鞭で迫るオズウェルって・・・。
酒癖悪すぎ。
でも、萌えました(笑)



余談ですが・・・。
もしかして私は、タレ目キャラに弱いのでしょうか?
オズウェルといい、シリウスといい・・・。
いや、それとも、魔法使いに弱いのかな?

続きを読む

24時の鐘とシンデレラ 【ルイス=リード】

乙女ゲーム 24時の鐘とシンデレラ
12 /29 2012

24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略二人目は、幼馴染のルイス(CV:鈴村健一さん)です。
低めの声で、落ち着いた男性を演じる鈴村さん。
幼なじみという設定上、どうしても気安くて、年下っぽいイメージがありますが、その辺を上手く「大人の男性」として表現してくれましたΣ(゚∀゚ノ)ノ
ありがとうございます(*´∀`*)

エンディングは、ベストEND・月夜のキスEND・急展開END・すれ違いEND・おあずけENDの5種。
バッドエンドは、すれ違いENDということになるのかな・・・?
尤も、まだ可能性が残された終わり方でしたけどね。
短期とはいえ、僻地(?)勤務を志願したルイスの心境は彼にしか判らない出来事で。
任期を終え、戻ってきた彼と、じっくりと話し合う必要があります。
・・・という終わり方でした。
急展開ENDは、途中で発生するプロポーズを承諾すると、迎えることができます。
この辺は前作やライナスと似た展開ですね。

攻略のポイントは、基本ライナスと同じです。
好感度の上がる選択肢を選び。
ダミアンやフェザー、オズウェルとの友情イベントを発生させ。
・・・。
あ、そうそう!
前回書き忘れていましたが、スペンサーと友情イベ(?)も発生させなければなりません。
ヒロインの計画を実行するためには、ドレスと靴。そして恩を着せる相手が必要ですから!
好感度MAXだと、ベストENDに。
好感度が少し低い(好感度表示画面でハートが一つ足りない)と、月夜のキスENDになる・・・はずです。
友情イベの発生順序も、気にしなくて良い・・・はず(^^;
オズウェルと知り合ってから「魔法」の相談をするもよし。
知り合う前に相談するもよし。
個人的には、ルイスの嫉妬イベが楽しかったので、オズウェルと知り合ってからルイスと喫茶店に行くことをオススメします(笑)。
いや~、ルイスって、心が狭いというか、余裕がないというか(笑)。
ヒロインが親しく話をする男性全てに嫉妬するものですから、面白くて面白くて(*´ω`*)

ライナス攻略時から、ヒロインへの想いをダダ漏れさせているルイスですが(笑)
攻略対象時にもそれはハッキリと表しています。
が・・・。
QuinRose作品のヒロインは、結構耳年増であっても、自分の恋愛に関してはかなり奥手というか、鈍いというか・・・。
今作のヒロインも、あれほど積極的にアピールしているルイスの気持ちになかなか気づきません。
・・・馬鹿か、こいつ。
と、思わず突っ込んでしまいたくなるほど、鈍いです。
なので、そういう意味では、ヒロインへの印象が悪いですけど・・・。
まぁ、概ねストレスなくプレイできるキャラです。

婚約者がいるということで、一応遠慮しているルイスですが。
遠慮の仕方がちょっと変わっていて(笑)
両想いになっても「結婚」するまでは手を出さないという昔気質のお付き合いです。
ヒロインもヒロインで、早めに婚約解消してしまえば良いものを・・・。
いつまでもズルズルと放置しているから、ルイスが悩んでしまうんですよね。

まぁ、その辺の葛藤というか、悩みは二人で解決していくとして。

一番の見所は、ライナスの嫉妬(?)イベントでしょうか!!
(≧∇≦*)
ルイスは、初っ端から露骨に嫉妬してくれるので、嫉妬されたい願望の私としては嬉しいキャラなのですが。
それとは異なり、凍結状態の婚約者であるライナスが、ルイスと火花を燃やすシーンが素敵でした!!
きっと、嫉妬というより対抗心と表現したほうが良いのかもしれませんが。
初対面の相手(ルイス)にいきなり喧嘩腰で話しかけられたことに内心腹を立てていたのでしょう。
また、凍結中とはいえ、自分の婚約者と仲良くしているのが気に入らなかったのではないでしょうか?
ヒロインのことが恋愛的に好きというわけではなくても、自分の「おもちゃ」を取られるのは良い気がしないので張り合ってみた・・・といったところではないかと。
ぼーっとした印象の強いライナスのブラックな面を彼のルート以外で見ることができ、ちょっと得した気分です♪


物語の展開は、婚約者のライナスと同じになるはずがなく。
ルイスらしい終わり方でした♪
金太郎飴じゃなかったことに感謝ですね!
まぁ、基本的な展開は金太郎飴ですけど・・・。
前作のヒロインのように「王城から攫うベストエンド」は飽きましたから(笑)
ただ・・・。
ちょっとエロ度が増したのは気のせいでしょうか?!
前作よりも。
ライナス・ルートよりも、最後がエロかったです。
・・・足、晒し過ぎ・・・。
ってか、ルイス、手が早すぎ(・・;)
この世界観が「結婚するまで」我慢するような古臭い世界観ではないというのは判りましたが。
それでもちょっとエロ度が高い気がしました(^^;

続きを読む

24時の鐘とシンデレラ 【ライナス=ランドール】

乙女ゲーム 24時の鐘とシンデレラ
12 /28 2012

24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


ライナス=ランドール(CV:遊佐浩二さん)は上級貴族のボンボン。
常にボーッとしていて、興味のないことに関しては無関心。
逆に、関心を持つと、とことん突き詰めます。

携える武器はフレイル(怖っ!)で、腰には常にクマのぬいぐるみというシュールな出で立ち。
遊佐さんにしては珍しい、ゆったりボーッとした演技で。
今月初めにプレイしていた「薄桜鬼遊戯録弐」の原田佐之助とは大違い!
なんて覇気のないキャラなんだ・・・と(笑)
そんな彼の成長記ともいえるこのルートは、彼との恋愛だけでなく、変化を楽しむこともできます。
そして!!
ある程度親密になると、嫉妬もしてくれます(*´∀`*)
基本が優しいので、ずっとネチネチと嫉妬することはありませんが。
自分の感情には素直なので、不穏な雰囲気を隠すことなく、ヒロインに詰め寄ってきます。

あと、欲望に忠実なので(笑)場所を考えず・・・。
いや、彼なりに考えているのかもしれませんが、公共の場でヒロインに手を出そうとします。
ってか、手を出しました(笑)
お互い初めてのはずなのに・・・。
人気がないとはいえ、図書館でって・・・私なら絶対嫌ですね。


全体的な攻略難易度は、前作よりも上・・・でしょうか?
ベストEND、玉の輿END、婚約解消END、虫かごEND、仮面舞踏会ENDがあります。
性格的に難アリ(狂気含む)の彼との恋愛ですから、結婚後も大変だとは思いますが。
絶対浮気はしないでしょうし、大切にしてくれることは間違いなしですね。
・・・それを良しとするかどうかは、貴方次第・・・(笑)。

攻略のポイント(ベストENDへの道)は、オズウェル=サヴァレ(CV:津田健次郎さん)の友情イベントを発生させるために謎のお店に立ち寄ること。
親しくなると、ドレスのアレンジの手伝いと、王家に恩を売る手助けをしてもらえます。
あと、ダミアン(CV:森田成一さん)とフェザー(CV:下野紘さん)との友情イベントを発生させ、フェザーから靴を手に入れる手助けをしてもらう必要があります。
ダミアンには、公園に行くと会えます。
フェザーには、自宅を選択すると、家の前で会えるので、一緒にお茶をしましょう。

舞踏会に行けないとベストENDは迎えられないので、必ず友情イベを発生させる必要があります。
まぁ、この辺は前作と同じ感じですね。
舞踏会の話がある前にプロポーズを受けると、玉の輿ENDになります。

死別などの悲恋エンドはありません。
婚約解消ENDも、辛い悲しい終わりではなく「また最初から始めよう」と思える終わり方ですが。
基本的に、ベストEND以外はモヤモヤとした不消化な気分で終わります。
イベントやCGコンプが目的ではないのでしたら、ベストEND以外は見る必要はないのではないでしょうか。

続きを読む

「24時の鐘とシンデレラ」 起動

乙女ゲーム 24時の鐘とシンデレラ
12 /27 2012

24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る

■ストーリー■

人間と、モンスターと呼ばれる人外が共存する国。
不思議な力を持つマジックアイテムや魔法使いが共存する世界。
今作は、前作のヒロイン・オデットの意地悪な(!?)二番目の義姉が主役です。

下級貴族の娘。
しかし、父を亡くしてからは、母と姉と働きながら下町暮らしをしている。
貴族の男性と母の再婚が決まり、下町暮らしから貴族らしい優雅な生活へ。
同時に年の近い妹ができ、仲良くしたいと思うもののなかなかうまくいかず、歯がゆく思っている。
そんな時、義父が突然の事故死。
事後処理をした弁護士からは、多額の負債があることを告げられた。
義父の死を悼む間もなく、家族4人下町のアパートへと引っ越す。
妹との距離は近付くが、裕福な家庭で育った彼女にとって慣れない貧乏暮らしが続くことを心配している。
借金を抱えた下町での生活。 状況を好転させるようなアテはない。
それでも、灰を被るような生活は一時的なものにしてみせる―――。
ヒロインの奮闘が始まった。


■キャスト■

ライナス=ランドール/CV:遊佐浩二さん
ルイス=リード/CV:鈴村健一さん
オズウェル=サヴァレ/CV:津田健次郎さん
ダミアン/CV:森田成一さん
フェザー/CV:下野紘さん
シリウス=ブラッドレイ/CV:高橋広樹さん
スペンサー=ヘンドリック/CV:中田譲治さん
                          他

苗字固定。
ヒロイン名・ロザリアは名前変換可能。
デフォルト名でのボイス呼び無し。
前作を知らなくてもプレイ可能。
た・だ・し。
おすすめとしては、両方プレイして欲しいですね。
まぁ・・・。
前作のヒロインである末妹のCVを大久保瑠美さんが担当されているので、自分の中のイメージとのギャップに少々苦労しましたが。
末妹らしい愛らしい声で、前作で垣間見た「したたかさ」とか、ツッコミ上手な面は隠されています。
前作を知らなければ、きっと「お淑やかなお嬢様」という印象しか残さないことでしょう。
また、時系列を考えながらプレイする楽しみもあり、妹の画策や今作ヒロインの画策があってこその物語なのだと思えますので、未プレイの方は是非、前作もプレイしてみてくださいね。

では、まずは婚約者の攻略から始めようと思います。
私的には、婚約者が「王道」キャラだと思って、ライナスを選んだのですが。
イベントやCG閲覧画面での並び順的には、幼なじみのルイスが最初に居るので、もしかすると彼の方が王道キャラなのかな・・・?

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。