ちょっと進みました♪

乙女ゲーム ダイヤの国のアリス
10 /17 2013

ダイヤの国のアリス ~Wonderful Mirror World~ダイヤの国のアリス ~Wonderful Mirror World~
(2013/07/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


なんとか無事、ボリス(CV:杉山紀彰さん)の攻略を終え、ユリウス(CV:子安武人さん)の攻略を始めました!
(≧∇≦)
ミラーワールドの設定は、ヒロインがハートの国の時計塔でユリウスと同居していたことになっているので、ユリウスとは久し振りの感動の再会♪
・・・となるはずですが。
時間軸が違っている関係で、ヒロインの知っているユリウスとは別人のユリウスです。
でも、人間嫌いなユリウスが大好きな私にとって、別人でいることが嬉しいです(笑)
またあのユリウスと一から人間関係が築けるのですから(´∀`)

さぁ。
今度こそ、サクサク進めてエース(CV:平川大輔さん)までたどり着かなければ(笑)
スポンサーサイト

あと少し!

乙女ゲーム ダイヤの国のアリス
07 /31 2013


攻略も後半戦に突入しました。
今までのように個別に感想記事を上げる暇が無く・・・。
とりあえず、ここまでの感想を綴ります!

シドニー(CV:鳥海浩輔さん)

ジェリコ(CV:小山力也さん)

ディー&ダム(CV:福山潤さん)

エリオット(CV:最上嗣生さん)現在ここを攻略中

ブラッド(CV:小西克幸さん)

上記の順で攻略中ですが。
これまで、実はあまりエリオットが好きではありませんでした。
ファンの方ごめんなさい(^^; 
これまでの作品でのヒロインは、彼の内面が見えてくると「可愛い」と評して懐いていましたが。
私には可愛く見えませんでした(^^;
ブラッド至上主義も大概にしろよ!と鬱陶しさしか感じず、かなり攻略が苦痛でした。
しかし今回っ!
ブラッド至上主義そのままの彼が葛藤する様がと~っても素敵でした!
(≧∇≦*)
ブラッドがヒロインを「諜報員」というなら、それは間違いない。
しかし、その諜報員に惚れてしまった自分。
イイですね~( ̄∀ ̄)
あと、根本では後ろ向きで根暗なヒロインが、要所要所でかなり図太くて前向きなんですよね。
お陰で初期作品(ハートの国)ほど鬱陶しさを感じないのも良かったのかもしれません。
ヒロインも攻略相手も鬱陶しいのはゴメンですから。


ディー&ダムはダイヤの国では大人の姿ですが、中身は子供のまま。
クローバーの国のように大人になったり子供になったりすることもなく。
常に大人の姿で我侭ヤンチャを言いながらヒロインに迫ってきます。
無邪気すぎって、罪ですよね(笑)
相手にその気はなくても、大人の姿で言われただドキッとします(/ω\*)
気分屋な彼らですが、基本的な部分ではブラッドの命令に忠実で。
諜報員として疑われているヒロインを「ボスの命令」という理由で常に守ってくれます。
・・・主にエリオットから・・・(^^;
「ボスが殺すなっていっただろ!」
「疑わしきは罰せよ、だ!」
と、毎回同じような理由で喧嘩が始まるのですから大変です。
そのうち本当に「諜報員」と疑われる事件が発生し・・・。
このトラブルを乗り越えてから、ディーとダムの態度が変わってきましたね。
そして、その後に起こった双子の喧嘩も珍しい出来事でした。
しかも喧嘩の理由は「どちらがカッコイイか」ですからね(笑)
で、
カッコイイ ⇒ 好かれる ⇒ お姉さんにより好かれている方がカッコイイ
という図式が出来上がり(笑)
きっとこれが切欠で、彼らはヒロインを女性として意識し始めたのではないでしょうか(妄想)。
いつも一緒で同じような行動パターンのディーとダムですが、違う部分もあります。
その違いも彼らの魅力であり、どちらか一方にだけ特別な感情など持てるはずもありません。
この辺はヒロインの気持ちに共感しますね(笑)
で、仲良く3人で恋人になったのですが。
常識から考えたら変ですよね。
でも3人で恋人同士なのに違和感がないというか、当たり前というか。
しかも周囲も祝福してくれて、ブラッドに至ってはベッドやら新居やらをプレゼントしてくれます。
・・・まぁ、彼の場合、明らかに祝福よりも面白がっているといったほうが正しいのでしょうけど(^^;

作品が CERO D(17歳以上対象)ということもありますが。
今回、かなりイベントCG描写がキワどい・・・気がします。
肌の露出はありませんが。
(あ。ジェリコは上半身裸のシーンがあったっけ)
ヒロインを押し倒した時の体勢が・・・なんか・・・エロいです。
現時点では、エリオットが一番エロく感じたかな?
あと、双子の「初めて」の相手となったヒロインに、どちらが先か指名して欲しいというシーンもある意味エロかったです。
この場合、CGというより双子の言動が、ですね。
選べるかっ!!
とツッコミを入れつつ。
どうなるのかドキドキ(笑)
双子ってば、女性経験ないくせに堂々としていて遠慮がなくて・・・。
(/ω\*)
妄想が止まりません(笑)


メインキャラを攻略しつつ、ナイトメア(CV:杉田智和さん)、ジョーカー(CV:石田彰さん)、グレイ(CV:中井和哉さん)ユリウス(CV:子安武人さん)、エース(CV:平川大輔さん)などのサブキャラ(?)ルートも攻略しました。
残すは、エリオットのサブエンディングとボリスルート・ブラッドルートですね。

ミラーワールドも発売され、無事手に入れましたので早く始められるよう続きを頑張ります!
ヽ(*´∀`)ノ

ダイヤの国のアリス 起動!

乙女ゲーム ダイヤの国のアリス
07 /08 2013



ブログ更新を怠っており、申し訳ありません!
生きております(^^;
乙女ゲームへの愛も変わっておりません(笑)

さて。
それでは最近の乙女ゲームプレイ状況をご報告しますね。

QuinRose作品の怪談ロマンス・シリーズをプレイしていたのですが。
声優買いしただけあって、微妙に萌えず・・・。
結局、放置プレイ中(・・;)
死神稼業は石田さんがご出演なので、既に購入済みなのですが。
それまでに発売されたシリーズ作品が未コンプのため、未開封で保存されています・・・。

そんな私が開封したのが【ダイヤの国のアリス ~Wonderful Wonder World~】です!
まもなくパラレルワールド的な【ダイヤの国のアリス ~Wonderful Mirror World~】が発売されるのもあり、慌てて起動しました(笑)
公式サイトのカウントダウンボイスに刺激されたのもありますしね。

余談ですが。
元々「適当」感が否めなかった公式サイト内で行われているカウントダウンボイスの更新。
日付変更直前にその日分の更新をしたり、二日まとめて更新したり・・・。
毎日更新!カウントダウンボイス♪と、謳っているなら、ちゃんと実行してもらいたいですよね。
で、かなりしつこく要望という名の苦情をぶつけてみました。
まぁ、きっと、行動に移したのは私だけではないと思うんですけどね。
ある日突然「前日分カウントダウンボイス」のリンクが追加されました。
これで更新が遅くなっても大丈夫!って事でしょうね。
・・・┐(´д`)┌
石田さんの声を聞き逃したくない身としては、ありがたい処置ですけど。
一日一回は公式サイトを訪れているのですから、きちんと日付変更とともに更新すれば苦情もないでしょうにね・・・。

何はともあれ。
ダイヤの国のミラーワールド・キャラによるカウントダウンボイスを聞いているうちに、ダイヤの国のワンダーワールドキャラに会いたくなりまして(笑)
現在、シドニー(CV:鳥海浩輔さん)攻略が終了しました!
白うさぎ・ペーターとは違った意味で病んでいる彼。
自分の気持ちの変化に気づいているのかいないのか・・・。
独占欲丸出しの態度がとっても可愛いです!!
また、案内人であるペーター不在の世界で心細い思いをするヒロインに微妙に共感(?)できました。
このシリーズのヒロインはネガティブでしつこいくらい否定的な考えを維持していて鬱陶しくて堪らないのですが。
ハートの国 → クローバーの国 → ダイヤの国 ときて、ちょっと緩和された感があります。
癖のあるキャラたちに揉まれたせいでしょうか?(笑)
また、記憶にこそ残っていませんが。
ジョーカーの影響もあるかもしれませんね。

キャラデザが変わり、奇抜な色合いから柔らかな色合いに変化したのも好感が持てます♪
これなら、コンプできるかもしれませんね(笑)
というわけで、現在はドードー鳥・ジェリコ(CV:小山力也さん)を攻略中。
いろいろと謎が明かされていくので、もしかして後半の攻略が良かったのかもしれませんが・・・。
真相が早く知りたい私としては、早めに攻略を始めて良かったと感じています。
尤も。
他キャラでも真相にたどり着けるのかもしれませんけどね(笑)


亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。