クレプシドラ 墓守バロ

乙女ゲーム クレプシドラ
06 /28 2009
クレプシドラ ~光と影の十字架~クレプシドラ ~光と影の十字架~
()
不明

商品詳細を見る


ゲーム内での時間経過が7時間なので、攻略は早いですね。
サクサク進んで楽しいのですが(勿論内容も楽しいです)、逆に簡単すぎて・・・。
寂しいと言うか、勿体無いと言うか、物足りないと言うか、続編希望と言うか(笑)。
そんな感想を持ちながら、プレイしています。

今回攻略したのは、ゾンビで墓守のバロ(CV:成田剣さん)。

バロは兎に角「変」なキャラです。
いつもどこかと電波通信していて、暗くてジメジメしたところが大好き。
怪しい手料理を作り、皆に恐れられていたりします。
そして全攻略キャラの中で一番顔が崩れますね(^^;
一瞬、どの顔が素の顔なのか判らなくなるくらい、まともな顔がありません。
全身を包帯で巻いているゾンビですから、そうでもしないと表情が出ないと言うか、あの変人っぷりが判りにくいからなのでしょうか?
でもあのどこかズレた言動が可笑しく許してしまいます。
それに成田さんの演技、素晴らしいですよね~。
つい先日までプレイしていたクリムゾン・エンパイアに登場した侍従長マーシャルと同一人物なんですよね!
マーシャルは真面目な堅物ですけど、バロは変人・・・。
言動全てが怪しくて素敵です(え?)。
マーシャルタイプも好みですが、こういった変人も好きなんですよ、私(笑)。
先日も話した沢登先輩みたいなタイプとか、ね。
ふふふふ。
そんなバロ攻略ルートでは、初めて公式サイトに載っていないサブキャラが登場しました!
ディスを慕う隣の教会の墓守・ユディトなんですけどね。
バロと同様ゾンビでして、ツギハギだらけの容姿なのに美人なんですよ~。
胸が開いた服を着ていて、スタイルも良いし、ディス目当てに度々この教会にやってくるとバロから説明を受けたときは、ちょっぴりメラっと嫉妬の炎が燃えちゃいました(気の多い私/笑)。
でもこのお姉さん。
高飛車とは少し違った失礼なお姉さんなんですよね~。
ディス以外目に入っていないというか、自分勝手と言うか。
バロに
 「もういい加減に諦めたら?僕の勘だと確実に嫌われてると思うけどなー」
といわれても、気にしません。
寧ろ
 「バロ・・・もしかして私の事が好きなの?だからディスを諦めさせようと?!」
と、前向きです(笑)。
今回もディスに会うことが出来ず、慌ただしく帰っていったユディトですが、あのバロに「変」と評されるなんて・・・。
不憫だ(笑)。
他にも、名前だけですがアルジェンを慕うレダという女性も登場しましたね。
バロルートでは意外な人間(?)関係が明らかに!!
侮りがたし(笑)。

こうして迎えたバロエンドは、バロらしい奇天烈な結婚式(?/笑)でした。
不幸の手紙と見紛うほど熱烈なラブレターをイヴに送り。
当然憤慨したイヴはバロに抗議しに行きました。

「将来一緒の墓穴に入ろう」

確かに受け取り方によっては熱烈な愛の告白です・・・かねぇ(^^;
バロの思いつき結婚式(というか、これはもう“ごっこ遊び”ですね)に付き合わされる牧師・チェンバレンとイヴ。
平和ですねぇ~(笑)。


人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。