暁の空を仰ぐもの

趣味 文庫/小説
08 /29 2009
貴族探偵エドワード  茜の空を仰ぐもの (角川ビーンズ文庫)貴族探偵エドワード 茜の空を仰ぐもの (角川ビーンズ文庫)
(2009/08/01)
椹野 道流

商品詳細を見る


読み終えました~vv
アルヴィンが活躍してくれて嬉しいです(〃∇〃)
そしてネコハチも♪

日本に似た国・チーノで宿敵スカーレットフレイムと対決したエドワードたち。
色々ありましたね~。
何だかギュッと詰まった内容でした。
国主や神通力を操る人たち(ネコハチのかつての同胞)の協力も得て。
アルヴィン・マクファーソン・ネコハチが武器に妖力(又は神力)を注ぎ込んだ事でチーノの武人達も一太刀だけとはいえ、敵を攻撃できるようになり。
エドワードの光の剣で、敵にかなりのダメージを与える事が出来ました。
でも・・・。
スカーレットフレイムの中に、ウノスケの婚約者・ユウヅキの肉体!!
これには驚きましたが。
ウノスケはやり遂げました。
その後、最愛の人を手にかけたと悔やむウノスケですが、そんな彼を元気付けた(?)のはマクファーソンでした。
人外の物に体を乗っ取られ、意志を奪われ、死さえ選べない状況は、そうなった者にしか判りません。
だからこそマクファーソンにはユウヅキの気持ちが痛いほど判ったのでしょう。

こうして宿敵を見事討ち果たしたエドワルド一向。
O(≧∇≦)O
おめでとう~!!
マクファーソンが子供の姿に成長できたり、ウノスケの妹がエドワードに恋したり。
まだまだ今後の展開が楽しみですね。
でも個人的には、妹さんには諦めて欲しい・・・かも?
次巻もチーノでのお話だということですので、楽しみですねvv

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。