ロワイヤル 「マーシャル」

乙女ゲーム クリムゾン・エンパイア
09 /17 2009
クリムゾン・ロワイヤル クリムゾンエンパイア・アペンドディスククリムゾン・ロワイヤル クリムゾンエンパイア・アペンドディスク
(2009/08/08)
Windows

商品詳細を見る


O(≧∇≦)O
マーシャルとジャスティンのどちらを先に攻略しようか散々悩んだのですが(笑)。
どちらも大好きなキャラなので、悩むだけ無駄。
残る攻略対象は3人(2人+1魔)ですからね。
なら、同僚から王子様へ。そして悪魔へと下から順(?)に行く事に決めました♪
エンパイアのエンディングで「浮気しても良いですよ」と突拍子もない事を言ったマーシャルですが・・・。
本当に浮気をしても許してくれるのかな?(笑)
と、楽しみながらプレイしました(〃∇〃)
エンディングの種類もイベント発生条件も今までのキャラと殆ど変わりありませんが。
オランヌ絡みのイベント発生状況が少し異なります。
今までは「オランヌ02a」「オランヌ06a」でしたが、マーシャルとジャスティンは「オランヌ02b」「オランヌ06b」回想になっています。
そしてオランヌ06b回想は78ターン以上、回想05発生済で発生します。

相違点は以上なので、攻略方法とかエンディングの種類とかはもう載せませんね。
以下、ひたすら萌え感想です(〃∇〃)


≪イベント01≫
マーシャルの部屋で寛ぐヒロイン。
働きすぎだといって、マーシャルがツボ圧しマッサージをしてくれますv
そして、部下に任せればいい仕事を引き受けて・・・とヒロインに愚痴らしきものを零します。
しかしその真相は・・・。
部下(男)と泊りがけで仕事にいった事を暗に責めているんです!
嫉妬深いことは想像していましたが、まさかその程度で妬くなんて・・・。
可愛い~vv

≪イベント02≫
オランヌ・ルートで変化があることから簡単に推察できると思いますが。
今までのキャラは休養期間をブライアンの別荘ですごしていました。
しかし今回は(未攻略ですが勿論ジャスティンも同ルートのはず)ジャスティンの実家へのご招待です♪
ふふふふふっ。
イベント01に登場したジャスティンは、ちょっと意地悪風と言うか、ヒロインに対し冷たい物言いをしていましたが(マーシャルを取られた気がして拗ねているんですよね、きっと/笑)、この回はグッと優しいです!
エドワルドに頼み込んで(ジャスティンたっての願いなら絶対頷くであろう超ブラコンにエドワルドですが)許可を得て、ヒロインに休暇を満喫できる環境を提供するなんて・・・。
優しいですよねぇ~。
マーシャル攻略中にも拘らず、フラフラ~ッと気持ちが傾きそうです(笑)。

ジャスティンの実家への移動手段は、今までと同じくオランヌの魔法で鏡から・・・となっていますが。
取り巻く人間が異なるので、ちょっと新鮮でした。
ロナウスの親戚だというコールドナードは、立ち位置的にはランビュール・・・なのかな?
と言っても、ランビュールのように優しくはありませんが(笑)「魔法」を嫌がるヒロインを諌めています。
でもあのヒロインですからね。
結局、半ば無理矢理魔法の鏡へ・・・(笑)。

余談ですが、コールドナードは口、悪すぎです。
主の前だというのに、主の実家を「ぼろい家」だとか「補強しないとまずいんじゃねぇのか」とか、遠慮を知りません。
・・・なんでこんな男がジャスティンの使用人でマーシャルの部下なんでしょう。
第一王子派って、礼儀作法にうるさいイメージがあるのですが、コールドナード一人でそのイメージぶち壊しです。
尤も、それでバランスが取れているのかもしれませんけどね。
あ、言っておきますが、彼が嫌いだと言う意味ではありませんからね。
むしろサバサバしていて好きです。
・・・恋人にはしたくないですけど(笑)。
絡まれるとムカつくけど(笑)。
特にオランヌのイベント06bでは、恋人が居ながらオランヌと夜遊びをしたと、ヒロインを責めます。
そうなってしまったのは、元々約束していたマーシャルの都合が悪くなったため、オランヌが穴埋めをしただけなのですが。
コールドナードは「浮気」と決めつけ、ヒロインに小言を言います。
対するマーシャルは、約束が守れなかった事を謝りこそすれ、オランヌとの仲を疑ったりなどしません。
逆に、コールドナードとヒロインが仲が良いと妬いています。
・・・勘違いも甚だしい上司と部下です(^^;
でもだからこそ、コールドナードはマーシャルの部下として必要不可欠だと感じました。
似たもの同士でも有り、先ほども言いましたが、マーシャルくらい潔癖だと、これくらい形から外れた(でも優秀な)部下が居ないと、ね。

エドワルド側と違って、ジャスティン側はアットホームな主従関係で。
皆で一緒に食卓を囲んでいます。
バトラーズの右京なんて、お茶さえ一緒に飲んでくれませんでしたから。
この中世ヨーロッパを思わせる貴族世界観では有り得ない状況のはずなのに、妙に違和感なく馴染んでいるのが凄いです。
・・・ジャスティンって、本当に「王」に向いていませんね。
優しくて正直者で部下思い。
イメージとしては、“良いお父さん”かな?(笑)

≪イベント03≫
先日ジャスティンの実家に招待された際に食したチーズがとても美味しくて、地元で作っていると言うマヌー夫妻にお礼を言いに行くことになったヒロイン。
生憎ジャスティンは都合が付かず、マーシャルと2人で行くことに。
しかし魔法での移動が体質的に合わないヒロインは、乗り物酔いならぬ魔法酔いでフラフラ。
屋敷からの移動に馬を使ったのですが、そんな状態では乗馬などできるはずも無く、マーシャルと一緒に乗る事に。
・・・ラブラブの図です(笑)。
そしてマヌー婦人に弱いマーシャル。
本当の孫のように可愛がられていて、タジタジになるマーシャルが可愛いですvv

≪イベント04≫
ジャスティン秘蔵のワインが置いてあるワイナリーまで遠出したふたり。
地下のワイン倉庫は薄暗くて良い雰囲気ですよね(笑)。
そして予想を裏切らないマーシャルに行動に拍手喝采を送りたいです!
O(≧∇≦)O
マーシャルってば・・・ムッツリ系の激情家ですよね。
あ、余談ですが、CGのその手のシーンって、目を開けているキャラが多くないですか?
何だかちょっとムードが無いような気がするのは・・・気のせい?
至近距離過ぎて視界がぼやけそう(笑)。

≪イベント05≫
マーシャルとヒロインが恋仲になったことで、ジャスティンがエドワルドと対立しようとしないばかりか、逆に仲良くなろうと(?)努力する姿が何とも言えません。
ワインの贈り物とか、ね。
本当に家族のように部下を、マーシャルを大切にしているんですね・・・。

そして今回、マーシャルがオランヌを密かに「先生」と呼んでいる理由が明かされました!!
占いを習うって・・・一体どうしたんでしょうね。
ヒロインとの将来が心配だからでしょうか?
ただの恋占い?
それとも他の意図が?!
気になります(笑)。

≪イベント06≫
まだ新米の頃の2人の回想シーンから始まり、ちょっとビックリ。
だってイベントって、いつも城や城下町をバックに「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」からじゃないですか(笑)。
今回は若かりし頃の2人(でも服装が違うだけで外見的変化無し)のCGがバックで始まりましたからね。
まだ薄給だった頃、高級で美味しいと有名だった喫茶店に憧れていたヒロイン。
今ではお互いに高給取りに。
そこで今回のデートは、そんな高級喫茶へ行ってみたのですが・・・。
チョコレートは好きでも、甘いものを沢山食べられると言うわけではないヒロインは、目の前に並んだ甘味の山にちょっと引き気味(笑)。
でも、このお店でおなか一杯食べる事が夢だったヒロインと。
ヒロインに奢れるようになるという夢を持っていたマーシャル。
2人の願いが叶った瞬間は、ちょっと仄々していて普通の(一般人の)カップルみたいで微笑ましかったです♪

≪イベント07≫
ジャスティンの実家には、家族と言ってもいいほど可愛がっている犬が居ます。
賢く病気も無く、当然躾も行き届いていて、コンクールで優勝できるほどの名犬です。
しかし何時訪れても、犬は(広い)檻の中。
不思議に思って、庭に放してみては?と提案するのですが・・・。
ジャスティンもマーシャルもコールドナードも顔を見合わせて無言です。
一体何事かと思ったら・・・。

マーシャルは犬が苦手なのだそうです(笑)。
あ、いえ、笑ってはいけませんよね。
うんうん。
誰しも苦手なものはあるものですから。
でも、犬が檻から出た瞬間、ダッシュでコールドナードの後ろに隠れるマーシャルが・・・プププっ。
可愛くておかしいです!O(≧∇≦)O

≪イベント08≫
部下へのお土産用に買ってきたジャスティンの実家近くで製造・貯蔵されたワイン。
それを飲んでしたたか酔ったリリーはヒロインと二人きりと言う事も有り甘えまくっています。
しかしマーシャルの話が出ると、自分はこんなに慕っているのに!!と、マーシャルに負けていることが悔しくて泣き出します。
・・・まぁ、勝ち負けの問題じゃないと思いますが。
そんな室内へ入ってきたロイヤー。
手には酒瓶(笑)。
そして泣いている公爵令嬢を見てヒロインを責めます。
「なにリリー様を泣かせているんだ!」と。
・・・何というか、この位置関係って、かなり変ですよね。
使用人の地位的には、明らかにリリーよりもロイヤーの方が上なのに。
ロイヤーの主の妹という事から、立ち位置的にはロイヤーが下になってしまうんですから。
・・・で、希少な(しかも癖のある強い)お酒を持ってきてくれたロイヤーと一緒に飲む事になってしまったヒロインですが。
実はこの後、マーシャルと約束をしています。
ヒロイン、何だかすっかりその事を失念しているような気が・・・(笑)
因みにこの時、リリーは酔いつぶれてしまい、夢の中。
静かなものです(笑)。
で、案の定マーシャルがヒロインを探しに詰め所を訪れ、そこに居るロイヤーに目を留めます。
以前、酒場でヒロインに絡み、マーシャルに殴られたことをロイヤーは忘れていませんからね。
ちょっと慌てていました(笑)。
珍しく本気で酔っているロイヤーとヒロインを見て、マーシャルは呆れ顔。
そしてしっかりお仕置きをしてくれます。
・・・ロイヤーの前でイチャつき始めるんですよね・・・。
まぁ、一応酔いつぶれて寝ていると言う事になっていましたが。
仮にも護衛職。ブライアンの侍従長ですよ!
・・・絶対狸寝入りだ。うん。そうに違いない!
ってか、そうであって欲しい(妄想/笑)。

≪イベント09≫
ジャスティンの実家近くにある猟師小屋でのひと時。
穏やかでのんびりと過ごせるこんな田舎に老後は住みたいというマーシャル。
確かに、良い所ですね・・・。
無事現役を引退できらた、それも夢ではないですよね。
そして、さり気なく「あなたも一緒にどうですか?」とさり気なくプロポーズ?!
O(≧∇≦)O
何時どうなるか判らない護衛職に就いている2人ですからね。
二人揃って現役を引退・・・と言うのは、かなり難しい状況ですが、それでも夢見たくなります。
いつの日か、そんな日が来ると良いですね・・・。




では、以下は迎えたエンディング順に感想を・・・。


≪民衆ゼロEND2≫
民衆の支持率が下がった事から、街を視察するヒロインとマーシャル。
自分の怠慢から起こった事態に責任を感じているヒロインですが、マーシャルも同様に責任を感じています。
自分がヒロインの時間を割いたせいだ、と。
しばらく支持率を上げるために仕事に明け暮れる事になると覚悟しているヒロインは、別れを惜しんでマーシャルと街を歩いているのですが、マーシャルは仕事を手伝うと言ってくれました!
ジャスティンの許可もハルキアの許可も得て、これからは共に仕事をするのです♪
恋人同士の甘い時間は当分お預けですが、仕事でも傍に居られるって良いですよね。
マーシャルの優しい気遣いが素敵です(〃∇〃)

≪貴族ゼロEND2≫
貴族の支持率が下がったために、使用人たちが集まって対策を練ることに。
ジャスティンの意向に沿う形でしか協力が出来ないながらも、マーシャルと一緒に過ごせることに喜ぶヒロイン。
しかしマーシャルは自分の自制が利かないからと、冷静を装います。
・・・最後まで装いきれませんけどね(笑)
一度箍が外れると危ないタイプですから。
でも自覚しているだけマシなのかな?(笑)

≪支持率未達成END≫
支持率が足りず、マーシャルが尻拭いをする事になり、ジャスティンが少々ご立腹?!
慌ただしく奔走するヒロインに、相も変らぬ冷たくキツイ一言を。
・・・でも基本、部下思いですからね。
今回協力するのは、ヒロインのためでもエドワルドのためでもないと言い張ったジャスティンですが、きっとどちらの事も心配している事でしょう。
長い休養期間が終わり、これからは多忙になる2人。
エドワルドの戴冠式が終わり、執務が順調に行けば、いずれ城から離れた場所で執務を行う事になるなるのが判っているので、別れを惜しみます。
でもこの期間に2人の絆は随分と深く強くなりましたからね!
離れても大丈夫だと思えました。
体質的にも精神的にも魔法が苦手なヒロインが、その力を使ってマーシャルに会いに行くところを想像し、顔がにやけます。
ラブラブだなぁ~(笑)。

≪好感度未達成END≫
マーシャルが拗ねてしまいました(笑)。
会議の後など、ロクに挨拶もしてくれませんからね。
マーシャルは結構根暗系なので(笑)、休養期間中、仕事を優先させ構ってもらえなかったのがよほどショックだったようです。
ヒロインが仲直り(?)に飲みに誘うと、飲むペースが速い速い(^^;
酔っているのか、仕事が抜けきらないのか、恋人らしくゆっくりと過ごせる残された日数を「きりきり休みましょう」と言ってきます。
・・・マーシャル、表現が変(笑)。
でもそこも可愛いと感じてしまう私です(〃∇〃)

≪マーシャルEND≫
宝石店で貴金属を目の前にし、悩むマーシャル。
どんなに悩んでも選べないようで、ヒロインに委ねます。
どうやらマーシャル用の指輪を探していたようで。
そして選んだのは、エンパイア本編でマーシャルからプレゼントされた指輪と対と言ってもおかしくないほど一目見ただけで惹き付けられたシンプルな指輪。
手袋を外した(初めて見ました!)マーシャルの薬指にぴったりとはまります・・・。
この時一瞬「結婚エンド?!」と期待したのですが。
どうやら指輪の交換をしただけのようです。
お互い危険な仕事を続けていく以上、引退するまで「結婚」は出来ないと判っています。
だからこそ、せめて指輪だけでも交換したのでしょう。
正式に入籍し、家族になることは無理でも、それはあくまでも現時点で、です。
いつの日か本当に家族になろうという約束の証って感じで、良いですね!
O(≧∇≦)O

夫婦同然となったにも拘らず、マーシャルは以前と変わらずオランヌのところに通い、恋占いをしてもらっています(笑)。
一体何年間、占いに通っていたのでしょうね。
ヒロインの安否や今後の展開を心配しながら、「先生」に占ってもらうマーシャル。
別に占いが悪いわけではないのですが、マーシャルのイメージと違っていたので最初はかなり驚きました。
でも、これもある意味、彼らしい・・・んですよね?(笑)

王に即位し、エドワルドの地位が安定してから、執務の場所を王城より遠い場所に変えたのですが。
マーシャルに会えない日々にちょっと疲れ気味・・・。
そんなある日、マーシャルが護衛長(ヒロイン)の部屋に現れました!
どうやらオランヌの魔法で鏡からやって来たようです。
勿論、オランヌの独断ではなく、王・エドワルドの計らいもあって、です。
こうしてお互いが支え合い、力を得ている関係って良いですよね~。

ふふふふふっ♪
無事、マーシャルをコンプ。
一番普通っぽい恋愛で楽しかったです!!

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。