影執事マルクの忘却

趣味 文庫/小説
09 /24 2009
ただいま~。
昨日の夕方、無事帰宅しました!
が、メチャクチャ疲れました。
まさか残暑が襲ってくるとは・・・。
私、暑さにとても弱いのです。
出発する当日までが、秋らしくとても涼しかったので、油断していました。
娘を抱っこし、2人分の荷物を背負い、片手にお土産を持って・・歩く・・・歩く・・・・・歩き続けました。
船着場が工事中でして、臨時の搭乗口までが遠くなっていたのも原因でした。
とどめは、自家用車の運転。
・・・日差しが暑い・・・眠い・・・太陽が眩しい・・・眠い。
娘は気持ち良さそうに眠っていましたが、私まで眠るわけにはいきません。
可愛い娘と無事自宅へ帰り着くため、必死で睡魔と戦いました。

ふぅ。
思い出しただけで、疲れがよみがえってきそうです(^^;

16時には帰宅したのですが、荷物の片付けもソコソコに爆睡。
気が付けば二時間も寝ていました。


以上、旅の報告でした。
そして、そんなハードな旅の中、この本だけは読み終えました。

影執事マルクの忘却 (富士見ファンタジア文庫)影執事マルクの忘却 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/07/18)
手島 史詞

商品詳細を見る


既に最新刊の5巻影執事マルクの迷走 (富士見ファンタジア文庫)が発売されているので、慌てて読み終えました(^^;
今回はマルクの主・エルミナお嬢様が記憶喪失になる・・・と言うお話で。
しかもただのショック(転落による頭部打撲)による記憶喪失ではなく、エルミナが持つ「力」の影響でそうなったと言う事で、今後も同様の症状が現れる可能性がある・・・との事。
仕える主が自分の事を忘れてしまい、マルクがかなり狼狽していましたね。
それにマルクの過去がまた1つ明らかになり、女性関係と言うか、恋愛に疎くなった経緯が明かされ・・・。
ぷぷぷっ。
まだ若いのに、不憫な子です。
マルクの手違いシリーズは、予想出来ない展開が続くので、毎回(良い意味で)ハラハラドキドキっ!
強いて不満を上げるなら、男性率が低い事でしょうか?(笑)
家令やギャングのボス以外にも、もっと良い男が沢山出てくると、私としては嬉しいのです。
・・・ドリーマーですから(笑)。
さて、そういった意味合いも込めて、今後の展開に期待です♪
あ、因みに、5巻は既に購入しました。
これは短編集だそうですけど、今度は続刊が発売される前に読み終えたいと思います(^^;

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。