三国恋戦記 ≪玄徳≫

乙女ゲーム 三国恋戦記(PC版・PSP版)
04 /18 2010
三国恋戦記~オトメの兵法!~ 初回限定版 (予約キャンペーン特典:「システムボイスCD」付き)三国恋戦記~オトメの兵法!~ 初回限定版 (予約キャンペーン特典:「システムボイスCD」付き)
(2010/03/19)
Windows Vista

商品詳細を見る


続いての攻略相手は、玄徳(CV:三木真一郎さん)です。
多分、王道キャラ・・・ですよね。
今回主人公が迷い込んだ異世界で最初に出会った人で、右も左も(世界観も)判らないヒロインを救ってくれた人でも有ります。

玄徳はその世界の三つ巴となる勢力の1つの大将で、ノーマルエンドではもう1つの勢力である仲謀(CV:森久保祥太郎さん)の妹と結婚していました。
政略結婚です。
きっと、玄徳ルートでは、その辺でゴチャゴチャすると思っていたのですが・・・。
予想通り、玄徳への想いに気付いたヒロインは、そのことでかなり心を痛めていました。
・・・ちょっと感情移入して、涙が・・・。

そしてその結婚を機に、何故か玄徳とギクシャクするようになり。
「嫌われた?」「疑われている?」と、疑心暗鬼になるヒロイン。
でもそれって、玄徳も自分の気持ちに気付いていて、その上ヒロインがいつか元の世界に返らなければならないことを知っているから、こうなったんですよね。
もどかしい2人です。

そんなぎこちない関係のまま、物語は最終章へ・・・。
政略結婚は、じつは「罠」というオチでして。
玄徳は誰とも既成事実を作っていませんでした(笑)。
良かったですね~。
そして、元の世界に帰ろうとするヒロインを必死に止める玄徳。
うんうん。
もっと早くから、それだけ必死になれば良いのに(笑)。
こうして迎えたハッピーエンド。
お互いの気持ちを確かめ合い、ヒロインは元の世界に戻れる唯一の手段である「本」を手放し。
この世界で生きていく事に決めました。

めでたし、めでたし・・・。

って、いつまでヒロインは制服を着ているのでしょうね(笑)。
いい加減に、その世界の民族衣装を着れば良いのに。
・・・玄徳さんも、贈れば良いのに。

あ、そうそう。
余談ですが、玄徳ルートに入ると、石田さん演じる子龍の出番は全くありません。
名前がちょっと出てくる程度・・・。
石田さん目当てで購入したゲームなのに、声さえ聴けないって、辛いですね(^^;

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

三国恋戦記面白そうですね~。
読んでいたら欲しくなってきました(笑)
なんとかやり繰りして買おうかな・・・

ちなみに亜樹さんは今のところどのキャラがお気に入りですか?

Re: タイトルなし

v-278クレハさん

予想以上に面白いです。
主人公の惚けた感じとか、無知っぷりとか、世間知らずな所など、色々と突っ込みどころ満載なので、その辺で評価が別れるのではないかと感じてはいますが。
戦そのものを失くすために努力する姿は素晴らしいと感じています。
そして何よりも、攻略キャラクターたちの魅力がvv
絵がアレなので、臨場感には欠けますが(笑)
それを補って余りあるほどの声優さんたちの演技力!!
最初は「好みじゃないけど・・・」と思っていたキャラも、だんだん好きになっていきます(笑)。

現在、3人しか攻略していないので、まだまだ変動しそうなお気に入り度ですが。
それでも「副官」たちに魅せられていますvv
雲長(CV:櫻井さん)、文若(CV:竹本さん)、公瑾(CV:諏訪部さん)の3人です。
私、大将よりも副将の方が好みなんです(〃∇〃)
これで眼鏡をかけていれば言う事なし!!(笑)
・・・なので、最後のほうに取っておこうと、この三人はまだ誰も攻略しておりません。
週末しかプレイできないので、今日明日、頑張って進めていきますね!!

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。