三国恋戦記 ≪公瑾≫

乙女ゲーム 三国恋戦記(PC版・PSP版)
05 /02 2010
三国恋戦記~オトメの兵法!~ 初回限定版 (予約キャンペーン特典:「システムボイスCD」付き)三国恋戦記~オトメの兵法!~ 初回限定版 (予約キャンペーン特典:「システムボイスCD」付き)
(2010/03/19)
Windows Vista

商品詳細を見る



仲謀の部下である公瑾(CV:諏訪部順一さん)は、いつも笑顔で内心を悟らせない切れ者副官。
ああいうタイプは、くわせ者・・・とも言いますよね。
笑顔でサラリととんでもない事を言うので、とても怖い人です。
しかもその微笑が消える事は無い・・・。
困った時でさえ、細目でにこやかな表情です。
・・・でも公瑾ルートに入れば、開眼している姿(笑)も見られ、ちょっと印象が変わりますけどね♪
しかも最初のスチルがカッコイイっ!!
見惚れたのは私だけでしょうか?!
公瑾も目が開いていて(笑)、しかも不敵な笑みを(〃∇〃)
・・・いえ、笑みはいつも浮かべているんですけどね。
主人公を守るように立つその姿と表情が格好良いのです♪
うわぁ・・・。
私は副官好きなので、最後の方に残していたキャラの一人ではあるのですが・・・。
それぞれの副官の中で、一番萌えが少ないだろうと考えていた相手だっただけに、不意打ちですっ!!
やはり「副官」は格好良いですね~O(≧∇≦)O
どこで萌えるか侮れません。
仲謀ルートでは「頭はキレるけど本当に嫌な奴」でしたけどね(笑)。
因みに、公瑾ルートに入って間もなくの軍儀を成功させれば、公瑾のLOVE度はMAXになります。
なのでこのスチル時の公瑾は、主人公に特別な想いを抱いている状態なのです!!
いや~、良いですねぇ、この展開。
つい先ほどまで、あれほど警戒されていたのに、嘘のように慕われて・・・。
ふふふふ(〃∇〃)

とは言っても、やはり一筋縄では行かない公瑾。
言葉の端々に優しさが現れる・・・という事も無く(笑)。
冷たい微笑を浮かべたまま、主人公に対しての態度が変わることはありません。
それに、仲謀ルートで聞いた小橋さんとの婚約話しも、当然公瑾ルートで出て来るでしょうしね。
きっとゴチャゴチャするぞ~と、かなり期待しながらプレイしました(笑)。

基本となるストーリーは同じでして。
一通り「本」の空白が埋まった所で、現代に帰れるチャンスが訪れるのですが・・・。
お世話になった玄徳軍の今後が気になって、帰ることに踏ん切りがつかない主人公。
「本」の光に飲み込まれ、その場に居た公瑾と共に過去へと飛ばされてしまいました。
この過去で過ごす時間が、毎回2人の愛を育むんですよねぇ~♪
なので、ここでも期待ですvv
しかし・・・。
好感度情報的には、公瑾の気持ちは明らかに主人公に向いているはずなのですが・・・。
ちっとも優しくならないっ!!甘くならないっ!!
過去という事もあり、知り合いに会い(仲謀の父親でした)、戸惑うのは判りますが。
愛しい人と一緒に旅をしているんですよ!!
もう少し甘くなっても良いはずなのに・・・。
他のキャラと違って、言葉の端々に優しさを垣間見るとか、甘い響きがあるとか。
そういったことが全くありません。
強いて言うなら、過去から現在へ戻る時・・・でしょうか。
手を繋ぎ、一緒に元の時代へ戻った2人。
戻れた喜びで興奮した主人公は、その勢いで公瑾に抱きつきました。
主人公に抱きつかれ、一瞬驚き、一瞬躊躇い、一瞬抱きしめようとしましたが、結局冷静に対処した公瑾。
一体何を考えているのか・・・。
物語は終盤だというのに、掴めない男です。
ホント、我慢強いですね~(笑)

丁寧なデスマス口調の公瑾ですが、一度だけ主人公を怒鳴った事があります。
あの時は、ドキッとしましたねぇ~。
というか、早く言って貰いたくてウズウズしていたんですよねぇ(笑)。
こういう本心を隠すのに慣れているキャラの、箍が外れる瞬間が萌えますからね!
期待通りの展開に、ときめいてしまいました(笑)。

こうして向かえたエンディング。
ラブラブですね~。
ってか、祝いの席って事でしたが、何の祝いの席なのでしょうか?
もしかして主人公と公瑾の婚儀?
それにしては、公瑾が軽装でしたよね・・・。
それとも、主人公が正式に仲謀軍に入った祝いの席なのでしょうか?
でも周囲に「後でゆっくりいちゃつけ」などと冷やかされていましたし、やっぱり婚儀かなぁ・・・。
ま、幸せそうで、何よりですけど♪


人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。