GS3 大迫力

乙女ゲーム ときメモGS3
07 /13 2010
ときめきメモリアル Girls Side 3rd Storyときめきメモリアル Girls Side 3rd Story
(2010/06/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る


隠しキャラ最後の1人、大迫力(おおさこ ちから/CV:市来光弘さん)。
ヒロインのクラス担任で、現国担当の24歳(ヒロイン入学時)。
大学時代、ラグビー部に所属していたとかで、熱血で声の大きな体育会系・・・の割には爽やかさも含(笑)。
身長が低い(161cm)のは、気にならないのですが・・・。
顔が幼すぎるので、ビジュアル的に好みではありませんでした。
でも、攻略サイト様に【隠しキャラ中、一番攻略に努力が必要】とあったので、チャレンジ精神をくすぐられ(笑)頑張りました!!

先ず最初のテストで、赤点3つ以上をとり、補習を受ける所から攻略が始まります。
そして次のテストでは1位を取る勢いで勉強しなければなりません。
ローズクイーンに選ばれる事も攻略条件なので、パラ上げに必死です。
そして何よりも辛いのが、他の攻略キャラを無視しなければならない事・・・。
パラが上がると、自然とモテてくるので、下校に誘われたりデートに誘われたりするのですが。
それら全て、丁重にお断り。
先生は、一筋で頑張らないと攻略不可っぽいです。

2年目(?)の体育祭で1位を取ると、帰宅時にイベント発生。
夕日の沈む海岸を走っている大迫先生を発見しました。
日課なのだそうです(^^;
「青春」が大好きな大迫先生に感化され、ヒロインも一緒に走る事に(笑)。
このノリの良さには笑えました。

この後、ヒロインが転んで足を挫き、大迫先生が心配そうに診るシーンがあるのですが・・・。
私はコレにやられました。
大迫先生がカッコ良く見えてしまったのです(いえ、それが悪いというわけではなく)。

アルバム・大迫先生

大迫先生が「大人」で「先生」で「素敵」に見えた瞬間、コレは頑張らねば!!と思いましたね(笑)。
本当に攻略し甲斐のあるキャラです。
エンディングに収録されない(ノーマルエンド?)「告白したけど諭される」エンディングもあるということで、3年目の文化祭でセーブ。
文化祭準備を一回だけお休みし、そのまま進めたら、先生に「その気持ちは勘違いだ」と諭されてしまいました。
う~ん、大人の対応だ。
そして、教師の鑑です。

大迫先生は、過去の先生達(氷室・若王子)のように、バレンタインのチョコを渡す事も、デートをする事も、課外授業をする事も無いですが。
でも考えてみたら、そんなことをしている暇、無いんですよね。
パラ上げが忙しくて(^^;
そういう意味では、確かに攻略し甲斐のあるキャラです。
うんうん。

告白EDは、凄く青春していましたよ~。
「思いっきりぶつかって来い!俺が全力で受け止めてやる!!」
というようなことを言われて、本当に全力でぶつかって行くヒロイン(笑)。
完全に宙に浮いていましたね。
何というか・・・。
ダイビングしてる感じというか、空中殺法というか(笑)。
大迫先生に飛びつくように抱きついているのですが、足の位置が明らかに頭よりも高いんですよね。
あれは上から落ちてこないと、あんな風にはなりません・・・よね?
ま、愛されてるって事で、良いんですけど(笑)


さぁ、隠しキャラはこれで以上ですよね!
次こそは、今作の王子様・桜井琉夏(CV:杉田智和さん)の告白ED1を狙いたいと思います♪


人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。