薄桜鬼DS 土方歳三

乙女ゲーム 薄桜鬼シリーズ
02 /12 2011
薄桜鬼DS(通常版)薄桜鬼DS(通常版)
(2010/03/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る


土方歳三(CV:三木眞一郎さん)とのエンディングを迎えました♪
次々に羅刹となった仲間たちが死んで行き、この世に残る羅刹は土方さんのみ・・・。
戦況が不利になり、北へ北へと逃げていく旧幕府軍と新選組。
でも、蝦夷地(北海道)の水(風土?)が羅刹の力を弱めるのか、土方さんの羅刹としての「血を欲する衝動」が激減したようです。
羅刹化も少なくなり、何とか残りの寿命を確保した土方さん。
かといって、寿命そのものは短くなったままなので、明日をも知れない命である事に変わりは無く。
降参という形で戦争が終わり、生き延びた土方さんとヒロインは、僅かな可能性に「未来」を夢見ているのでした。

来年も、この桜が見れますように、と。

ううううっ。
私の予想では、きっと来年は無いでしょう。
あれだけ力を使ったのですから。

表題の「薄桜鬼」はどういう意味なのかとずっと思っていたのですが。
鬼である風間(CV:津田健次郎さん)が名付けたものでした。
まがい物の鬼として見下していた風間ですが、最後の最後で彼を本物の鬼と認めたのです。
その心境の変化が私には良く判らなかったのですが(ずっと敵対していたのに)・・・。
彼も彼なりに、時代を見てきたからこその心境の変化なのでしょうかね。

何はともあれ。
一応、ハッピーエンドです。
幸せは短い時間かもしれませんが、仲睦まじく過ごす時間が持てたのは良かったです。
気になるのは、沖田さんのその後・・・。
江戸で療養していた沖田さんのその後が判らないまま終わってしまいました。
途中で脱退した原田さんや永倉さんは、どんな形で政府軍と戦い、その後どうなったのでしょうか?
これはそのキャラルートで明らかになるのかな?
まぁ、永倉さんは攻略キャラじゃないのでアレですが(笑)別の物語が紡がれるんですよね?
楽しみです♪


人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。