薄桜鬼DS 藤堂平助

乙女ゲーム 薄桜鬼シリーズ
02 /19 2011

薄桜鬼DS(通常版)薄桜鬼DS(通常版)
(2010/03/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る


藤堂平助(CV:吉野裕行さん)を攻略し終えました♪
後半はキャラ毎にストーリーが異なっていて、イイですね!!
飽きません(〃∇〃)

土方さんのルートでは、最期の最後で山南さんが素敵でした!!
リュミエール様~O(≧∇≦)O ・・・って感じでした(笑)。
沖田さんのルートでは、ヒロインの生き別れた兄がとっても鬱陶しかったです(え?)。
なんて嫌な奴なんだ・・・と、何度思ったか(^^;
土方さんのルートでは、チラリと姿を見せただけだったので、まさかあのヒロイン似の美女が生き別れた兄だったとは・・・。
余談ですが。
可能なら、もっと男性キャラでも違和感の無い声優さんを起用して欲しかったです。
いえ、あまりにも可愛らしい声だったので、声変わりが終わった時期の男の子を演じさせるには無理があったかと。

で、今回の平助ルートですが、こちらでは鬼の姫である千姫が大活躍(?)でしたね。
鬼の血を絶やさないため。子を成す為だけにヒロインを攫おうとしていた風間に、「ここにも鬼の女がいるでしょ!」と、ヒロインを助けたのです。
数少ない女鬼であり、正統なる本家筋の鬼の血を持つものの定め・種の存続。
そのために犠牲になる千姫は、とっても高潔な方でした。
カッコイイなぁ~。

最終的には、今まで攻略したキャラと同じく、羅刹の力をかなり使った平助の寿命は少なく。
辛うじてヒロインの故郷である村の清い風土によって、少し緩和されるという終わり方でした。
残り少ない人生。
最期の最期まで共にあることを願う二人・・・。
ハッピーエンドなのに切ないですね。


人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。