06/25のツイートまとめ

Twitter
06 /26 2011
Subtree923

「いざ出陣!恋戦」の佐々木小次郎・悲恋エンドを見ました。戦が終わり、城に無事戻ってきた姫ですが。城主である父の病は重く、姫に跡を継いで欲しいと・・・。思い悩み小次郎に相談する姫。小次郎と想いが通じ合ったにも拘らず、いつか別の誰かを婿養子を迎えねばならないのです。辛いですねぇ。
06-25 13:19

でもちょっと待ってください。夫婦にはなれずとも、生涯主従として側にいる事が出来る・・・って悲恋ですか?!まぁ、確かに現代ならそうでしょうが。あの時代なら、それはかなり幸せな結末の様な気がします。良いなぁ、小次郎に生涯の忠誠を誓ってもらえて。姫が羨ましいです。
06-25 13:21

ってか、もしかして小次郎は女城主の愛人になるのでしょうか?姫がいつか婿を取った暁には・・・。その婿養子殿は、きっと小次郎にヤキモキするんだろうなぁ。とか、その後を色々妄想してしまいました(笑)。大丈夫か、この国は(笑)
06-25 13:23

通常エンドも見ました。東西の戦は西側の勝利。しかし姫の城は信長に制圧され両親は出家。お家再興の為には小次郎への想いを断ち切り、信長に勧められた三成との縁談を承諾しなければなりません。切ないですねぇ。家は大事だが、小次郎も大事。家を捨てれば尽くしてくれた家臣たちを見捨てる事に。
06-25 14:31

思い悩む姫。何度も小次郎へ想いを伝えても、小次郎は「身分が違う」と言って受け入れてくれず。しかもそれでも優しくしてくれるのですから諦めが付きません。そんな時、信長が「この縁談を断れば小次郎の腕を折る」とまで言うのですから承諾しないわけには行きません。うううっ、姫ってば、可哀想。
06-25 14:33

と、此処までシリアスで哀しい展開だったのに、三成との顔合わせが終わった途端ギャグ展開に?!実はこの縁談、信長と秀秋の賭けから始まったようなのです。秀秋は小次郎に。信長は三成に。それぞれ姫が選ぶ相手を賭けていたようでして(笑)可哀想に、そんな事に振り回される姫(と小次郎?)です。
06-25 14:35

しかし此処で私の涙腺を揺るがす出来事がっ!秀秋が手配した馬に乗って姫を連れて城から出ようとした小次郎。当然門番はそれを阻止しようと門を閉め始めたのですが。その門番を羽交い絞めにして阻止する者が!それは信長に制圧されるずっと前からこの城に仕えていた者たちで。「姫様逃げて!」と。
06-25 14:38

姫は良い家臣を持っていますね。しかし真剣に悩んで落ち込んでいた2人が可哀想になるほどで。何ともフザケた賭けをしたものです(^^;となると、恨まれても仕方のない秀秋と信長ですが。ってか、信長はその後も恨まれてそうですが(笑)秀秋に感謝する小次郎が何だかなぁ・・・って感じです(笑)
06-25 15:03



人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします



いざ、出陣! 恋戦(通常版)いざ、出陣! 恋戦(通常版)
(2011/05/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

で、結局。姫としての身分と国を捨て。奥州の伊達政宗の下に仕官した小次郎と夫婦になり、幸せに暮らす2人。・・・何というか。通常エンドと言うより、私的にはハッピーエンドですけどね。祝言エンドより幸福度が高い気がします。 
06-25 15:12

さて。PSP「いざ出陣!恋戦」をコンプしたので次ぎのゲームに移りたいと思います。先日発売されたテニスの王子様のゲームでDS「ぎゅっと!ドキドキサバイバル」です♪攻略対象44名って多すぎです。なので好きなキャラだけ攻略予定(〃∇〃)先ずは忍足謙也(CV:福山潤さん)を狙ってみます!
06-25 16:16

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。