スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華ヤカ哉、我ガ一族 【茂】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /15 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


主人公はデフォルト名「浅木はる」でプレイすると、名前を呼んでもらえます。
とても18歳とは思えないほど絵に描いたようなドジをする新米使用人です。
シュミレーション式なので、スキル上げが少々面倒ですが、ときメモに比べれば楽なのではないでしょうか?
あと、データの読み込みにかなり時間がかかり、イライラしましたね・・・。
場面の切り替わりに時間がかかって、せっかくのめり込んでも興ざめしてしまいます。
尤も。
全体的なストーリーや個性的なキャラのお陰で、何とかそのストレスを紛らわせる事が出来ましたけどね。
時代背景が大正で、身分制度が根強い時代という事もあり、プレイ初期はクズだのゴミだのと兄弟達にかなり酷い扱われ方をします。
でも、それが変化して行くのが良いんですよね!!
特に、第一印象が好みの長男・正は、とっても私好みに変化します♪
次第に言葉が優しくなって来るんですよ~。


初回プレイなので、色々と取りこぼしたイベントやスチルがありましたが。
とりあえず、1周目が終了しました!
予想外で三男・茂ルートに入ってしまいましたが、結果オーライって事で(笑)。
ただ、こんな風にゲーム前半の共通ルートで兄弟全員の好感度を上げて行くと、話の辻褄が合わない場面が発生します。
例えば・・・。
宮ノ杜家が海水浴場を作った時の話しなのですが。
当初、長男・正の好感度が高かったらしく、正が主人公を海水浴場に連れて行くと言っていたのに。
実際にその場に行ってみれば「俺が連れてきたのに~」と、五男・博が不満を言い・・・。
結局、三男・茂と浜辺を散歩するイベントが発生しました。
・・・メチャクチャです(^^;
なので、2周目以降は誰か一人を決めて好感度を上げてプレイしようと思います。




茂って、飄々としていると言うか、周囲に関心が無いというか。
人と深く接してこない性格なので、傍観者のイメージが強く。
「実は切れ者?!」という第一印象でしたが。
・・・・・・・・・・・。
何と言いますか・・・。
・・・・・・・・・・・。
予想を裏切って、心も体も弱い人だったんですね(^^;
6人兄弟の中で、一番力が弱いって・・・。
末っ子の雅より弱いって有りですか?!
そして打たれ弱いですよね。
逆境に弱くて、逃げてしまう人です。

それでも、ヒロインや周囲に恵まれていたので、最終的には道を踏み外すことも無く、ハッピーエンドになれたのではないでしょうか。
良かったですねぇ、家族や使用人たちが良い人達ばかりで♪


サスペンス有り、笑い有り。
そんな中での身分違いの恋!
当主の命により解雇された主人公。
引き裂かれた二人。
クライマックスでは、涙が零れてしまいました。
ううううっ。
茂、もう少ししっかりしなさいよ!!
と、怒鳴りたくなりましたね(笑)。
代弁してくれたヒロインの同僚・たえちゃん、ありがとう!!

謎が残ってはいますが(当主の思惑とか、暗殺者の思惑とか、屋敷に残った茂の兄弟たちのその後とか)、とりあえずハッピーエンドに辿り着けて良かったです。
さて。
とりあえず、もう一度共通部分をプレイして、茂の取りこぼしイベントでも見ましょうかね。

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。