華ヤカ哉、我ガ一族 【御杜 守】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
03 /21 2012

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
(2010/07/01)
Sony PSP

商品詳細を見る


攻略3人目は、謎の暗殺者・御杜守(CV:泰勇気さん)。
最初に攻略した三男・茂ルート本編では、名前が出てきませんでしたが。
五男・博ルートでは、売れない作家(?)という設定で博と絡みがあり、博に試練を与えた人物です。
本編の最後の方で、博は守の正体を知り、彼が何故宮ノ杜家に恨みを持つのか理解したようですが。
結局プレイヤーには明かされないまま終わりましたからね。
まぁ、何となく判ってはいたのですが。
それでもキチンと守の苦悩を知りたかったので、隠しキャラにも拘らず、早々に手を出しました♪

御杜守ルートはパラ上げの必要が無く、サクサク進みます♪
選択肢の出現回数も少なく、好感度上げも簡単!
簡単で良いですね~(笑)。

15歳の時に病弱の母を亡くし。
以来5年間、体を鍛えて忍者並の暗殺術を身に付けた彼は。
その後、表では書生・御杜守として駆け出しの作家を演じつつ、裏では暗殺者として生活し、いつか宮ノ杜家の者達を皆殺しにしようと積年の恨みを募らせていました。

そんな時に出会ったのがヒロインです。
この最初の出逢いが故意なのか偶然なのかは判りませんが。
口の軽いヒロインは、人の良さそうな守に屋敷での出来事を気軽に喋るので(使用人失格です/笑)利用され始めました。
家族想いのヒロインが、親が勧める縁談を断れず悩んでいると。
守が「偽の婚約者」として実家まで来てくれました。
この辺から、守はヒロインに惹かれていたのでしょうが・・・。
何で惹かれたのか判りません(笑)
守は彼女のどこに惹かれたのでしょうね・・・。

ま、それは兎も角。
惹かれ始めると、守の態度が可愛いです!
ムキになってる姿が何とも言えません。
冷徹な暗殺者がヒロインの言動に振り回されるなんて・・・ぷぷぷ。
ムキになって大声で反論する守るが可愛く見えて仕方がありませんでした。

クライマックスから、エンディング~後日談は萌えました~(〃∇〃)

ヒロインと共に生活する事で、宮ノ杜家への恨みを少しずつ和らげて行く守。
かといって、このままヒロインと幸せな生活を続けていく事など不可能で。
ケジメをつけるために行動します。
こうして迎えたハッピーエンド!
あんなに長い間一緒に生活していたのに、守はヒロインに一切手を出さなかったんですね~。
凄いなぁ。
まぁ、抱きしめたりはしていましたけどね。

守を攻略後は、キャラのプロフィール画面の名前が「御杜守」→「宮ノ杜守」と変更になります。
正式に宮ノ杜家の戸籍を手に入れたんですよね!
ヒロインのご両親には、何て挨拶したのでしょうね?
一度「偽の婚約者」をしているだけに、心証が悪いでしょうし、きっと二度目は頭から反対されてそう(笑)。
それでも2人の絆があれば、何とかなるのでしょうね。
守が幸せになれて本当に良かったです!!

人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。