スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キネマモザイク 【正】

乙女ゲーム 華ヤカ哉、我ガ一族
08 /19 2012

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
(2011/12/08)
Sony PSP

商品詳細を見る


正サマを攻略し終えました!!
コンプリートです(〃∇〃)

兄弟の中で一番、物語の展開が自然で楽しめました。
正サマも恋愛に疎いタイプで。
独占欲が強いと自覚しながらも、これが恋なのだとは自覚できない所は、宮ノ杜家特有の偏った教育の賜物ですよね(笑)。
身分違いであり、自分には目指すものがあり・・・と、ヒロインへの想いを断ち切ろうとする正サマ。
いじらしいと言うか、歯痒いと言うか(笑)。
また、正サマを慕うヒロインも、己の立場をわきまえ、親の勧める縁談を受けると決意したものの。
縁談・結納・結婚式と、かなりの急展開に心が付いていかず、戸惑い続けるさまが可哀想でした。

ヒロインの縁談の相手があの元同僚・秀男というのは、これまでのパターンから予想できましたが。
今回はかなり冷たい亭主関白タイプになっていましたね!
「俺と結婚したら帝都へは行かせない。行く必要ないだろ!」とかなり強引。
何故そんなことを言うんだろうと思ったら・・・。
友情に万歳ですね!!
たえも秀男も、いい友達ですよ。
まぁ、手段が少々強引でしたけど(^^;
あのバッドエンドは、かなりの確立でありえそうな終わり方でしたからね。
でも、僅かな可能性に賭け、結婚式当日ヒロインの元へと駆けつけた正サマはカッコ良かったです!
O(≧∇≦)O



さて。
これで攻略対象キャラ全員との恋愛が終わりました。
物語の展開をランク付けするなら、一番が喜助♪二番が正サマでしょうか。
三番は雅で、四番はファンの欲目で守サマですね。

ファンディスクであるこのキネマモザイクは、ファンディスクとは思えないボリュームで、そういう意味では★★★★なのですが。
総評としては★★★ですね。
物語の濃さと言うか、展開の萌え度というか・・・。
個人的な好みではありますが、前作の方が楽しめました。
喜助が攻略可能なので、そういう意味ではキネマモザイクも捨てがたいのですけどね。
前作の展開が楽しかっただけに、ファンディスクの展開の強引さ(専属使用人をつける理由など)はちょっと意味が無い感じがしましたし。
攻略していないときは、彼らの個性が光っていて楽しいキャラなのに、攻略を始めた途端にヘタレになるというか、おバカになるというか・・・。
キャラ萌えしている守サマでさえ、攻略していて疲れました。

なので、彼らの個性を楽しむなら、前作をプレイするか今作の脇役の時に楽しむ事をオススメします。


以上、簡単ではありますが、個人的な感想を綴ってみました。
さぁ、次ぎはどの積みゲーに手を出そうかな♪


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。