アブナイ恋の捜査室 【穂積泪】

乙女ゲーム アブナイ恋の捜査室
10 /08 2012

アブナイ★恋の捜査室(通常版)アブナイ★恋の捜査室(通常版)
(2012/05/31)
Sony PSP

商品詳細を見る



穂積泪(CV:三木眞一郎さん)のファースト・シーズンは、小野瀬のファースト・シーズンでハッピーエンドを迎えた直後にルートが開通します。
これまで関わった爆発・脅迫・拉致事件は一応犯人が見つかり解決したものの、物証は無く。
主犯と思われる人物が記憶障害を起こし、自白が無理な状態なため、真相がハッキリしないというところから物語が始まります。
てっきり今までのパターンから、穂積もこれまでの攻略キャラと同じように、同じ時系列で同じ事件に携わり恋愛感情を抱くのだと思っていたので、この展開は嬉しかったです!
やはりワンパターンは飽きますから(笑)

最初は、ファースト・シーズンもジョン・スミスの仕業なのかと疑いましたが。
実は、意外(でも無いのかな?)な人物が主犯で計画を練っていました。
それに気付いたのは、やはり女性(ヒロイン)ならではの視点があったからでしょうか?

誰とも恋愛関係になっておらず、既に捜査室にも馴染んできた時期でもあり。
ヒロインは結構遠慮無く、穂積に質問を投げかけていました。
オカマキャラなのに男らしい室長に、勘の良い彼女はどこか違和感を感じたのでしょうね。
そして、彼を知れば知るほど惹かれて行く自分を自覚し始め・・・。
穂積も、彼女を意識し始めているものの、上司と部下と言う関係を壊すことを由とせず。
結構、後半までオカマキャラで誤魔化していました。
でも、真犯人を捕まえる際、怪我を負った(かすり傷です/笑)ヒロインに「責任を取る」と言って迫ったり。
なんだかんだ言って、我慢の限界だったみたいですね(笑)。

これまでの経験から、穂積が警察官内で「鬼」だの「悪魔」だの言われているのは、鬼畜系の成せる業ですよね。
満面の笑顔でドスの効いた脅し文句を言ったり。
怒る時に、椅子や机を蹴飛ばしたり。
ホント、キレると容赦しませんからね(^^;
でも、これが恋愛に関わると、完全にエロオヤジ化します(笑)。
酔ったヒロインに迫ったり。
「何が食べたい」とヒロインに問われ、ヒロインを食べようとしたり。
夕食準備をするヒロインに、告白後から今までずっと我慢していたんだからと、ベッドに連れ込んだり。
自分の欲望に忠実です(笑)。

でも、すっごく幸せでした。
ハッピーエンドは勿論ですが、ノーマルエンドもバッドエンドも萌えました!
真相に辿り着けなかったバッドエンドでは、勇気を出して告白しても、あっさりフラれてしまいショックを受けましたが。
その後ヒロインに移動命令が下り、交通課へ出戻り勤務。
穂積と離れ離れになった時はどうなるのかとドキドキしましたが。
部署が変わったことで上司と部下の柵から外された事もあり、穂積が「恋人候補」としての可能性を示唆してくれました!
O(≧∇≦)O
もう、勿体ぶっちゃって~。穂積ってば。
素直に好きだから付き合いたいって言えば良いのに~。
三十路にもなって奥手なんですから(笑)


そして迎えたセカンド・シーズン。
穂積がヒロインのことを好き過ぎて好き過ぎて、もう、可愛いの何の(笑)
物語は、ジョン・スミスが小野瀬ルート以上に親密に関わってくる、結構シリアス展開です。
ジョン・スミスは一体何者なのでしょう・・・。
変装の名人で声色も得意で、暗示にまで長けています。
今回は藤守慶史(通称アニ)に変装してヒロインに近付き、穂積についての噂を伝えます。
そして、アニと親しそうにしている場面を写真に撮られ、署内で女性たちの噂の的となり・・・。
穂積はヒロインがアニと浮気しているのでは?と疑い、嫉妬で激昂。
真実を確かめようともせず、ヒロインを責めます。
それだけ穂積が彼女を想っているというのは判りますが。
ちょっと考えれば判りそうなものですけどね。
結局、ヒロインも穂積も、ジョン・スミスに踊らされてしまっているんですよね(^^;
恐るべし、世界的大怪盗。

そんな大怪盗も、小野瀬の機転により逮捕!
・・・10分間だけという短い拘束時間でしたが、一応逮捕されました。
まぁでも、考えてみたら当たり前ですよね。
完璧な変装とはいえ、自らが警視庁内をウロウロしていれば捕まるリスクは当然あるわけで。
アレほど頭の良い大怪盗なら、捕まった後の脱出方法も考えていて当たり前ですからね。
個人的にヒロインのことを気に入ったみたいですし。
まだまだ穂積は安心できないかもしれませんね。
頑張れ、穂積!!O(≧∇≦)O


人気blogランキングへ
↑1クリックお願いします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。