スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12時の鐘とシンデレラ 【ロイ=ディフェンタール】

乙女ゲーム 12時の鐘とシンデレラ
12 /18 2012

12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)12時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/02/23)
Sony PSP

商品詳細を見る


12時の鐘とシンデレラを起動しました!
わくわく♪
わくわく♪


■あらすじ■
人間とモンスターと呼ばれる人外が共存する国。
不思議な力を持つマジックアイテムや魔法使いが存在する世界(ハロウィンワールド)の物語の第一弾!

ヒロインは、父グラハム=スカーレットと共に暮らす裕福な貴族の娘。
名前変換可能。苗字固定。
デフォルト名・オデットでプレイしてもボイス無し!

ある日、父から再婚する旨を告げられ、継母と二人の義姉に引き合わされる。
三人を金目当てだと思っているが故に、打ち解けることが出来ず、貴族特有の捻くれた見方しかできないヒロイン
……。
そんな時、父が突然の事故死。
事後処理をした弁護士からは、スカーレット家には多額の負債があることを告げられる。

スカーレット家を捨てることも可能だが、一緒に借金を返済しながら力を合わせて生活していこうと言う継母と姉二人。
ここに至りやっと三人が自分を家族として見てくれていることに気づき、あえて苦難の道を選ぶことに!

借金返済のために屋敷を手放し、家族とともに下町で新しい生活を始めるヒロイン。
スカーレット家の再興を心に誓いつつ、灰を被る生活が始まった―――。


■キャスト■

ロイ=ディフェンタール(CV:岡本信彦さん)
ギルバート=クロイス(CV:子安武人さん)
グラス=ウォーカー(CV:櫻井孝宏さん)
チャンス(CV:吉野裕行さん)
シリウス=ブラッドレイ(CV:高橋広樹さん)
レイナルド(CV:草尾毅さん)
フェザー(CV:下野紘さん)


貴族特有の穿った見方(再婚相手をお金目当てと信じて疑わなかった)をするヒロインに、最初はちょっと「あ。やっぱりクインロゼ作品だな・・・」と感じましたが。
信じることのできる相手に出会ったことで、少しずつ素直になって置く彼女は、とても可愛い子でした。
しかも、ただ可愛いだけではありません。
突っ込みのタイミングも絶妙で、少々貴族的ではない(上品さに欠ける)振る舞いに好感が持てます(笑)
突っ込みは、クインロゼ作品のヒロインには欠かせない要素ではありますが。
やはりそのヒロインの性格によっては鬱陶しいですからね。
今回のヒロインはサバサバしていて、良かったです。
まぁ、アラビアンズ・ロストのアイリーン程ではないかもしれませんけどね(笑)

最初に攻略したのは、王道キャラと思われるロイです。
お忍びで下町にやってきた世間知らずの貴族のボンボンと下町娘との叶わぬ恋・・・っぽい物語(笑)
バッドエンドも含め、相変わらず多数のエンディングが用意されています。

最初に好みの男性を選択する場面があり、そこから先は、その選んだキャラのルートなので、途中の選択肢を色々変えていけば問題無く全てのエンディングが見れると思いますが。
基本は、他キャラとの友情イベントを発生させるかさせないかで、エンディングが別れるようです。
例えば・・・。
靴屋・グラスとの友情イベントを発生させるか、させないか。
魔法使い・シリウスとの友情イベントを発生させるか、させないか。
といったところでしょうか?
エンディングが多彩ですが、大陸シリーズほど難しくないので、システム的には「お菓子な島のピーターパン」っぽいゲームでしょうかね。

ロイとの物語は、可も不可もなく。
文字通り王道キャラでした(笑)
全体的に胸温かくなる物語って感じで。
若干切なくなる程度で、号泣することはありませんでした。
バッドエンドも、死別などの悲壮なものではなく。
復興できなかったね的な感じでしょうか・・・。
なので、誰もが安心してプレイできるのではないでしょうか?

このルートでは、名前や声だけしか登場しないキャラもいるので、今後そういったキャラがどう絡んでくるのか楽しみです!!





お菓子な島のピーターパン(通常版)お菓子な島のピーターパン(通常版)
(2011/10/06)
Sony PSP

商品詳細を見る



アラビアンズ・ロスト (通常版)アラビアンズ・ロスト (通常版)
(2012/06/28)
Sony PSP

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。