逢魔時~怪談ロマンス~ 【式部 密】

乙女ゲーム 怪談ロマンス・シリーズ
03 /31 2013

逢魔時~怪談ロマンス~(通常版)逢魔時~怪談ロマンス~(通常版)
(2012/03/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


怪談ロマンス・シリーズに、とうとう手を出してしまいました
これ、先が長そうなシリーズなんですよね・・・。

デフォルト名「涼江 静」での名前呼びなし。
ちょっと残念です。
システム周りはこれまでのQuinRose作品とそれほど変わりなし。

設定がしっかりしているような、しっかりしていないような。
まだ始めたばかりだからかもしれませんが、理解に苦しむ設定です。

人間たちが暮らす世界の夜に活躍する妖怪たちの物語で。
人間の子供たちがそうであるように、妖怪も学校に行っています。
しかし、年齢も学年も関係なく。
動物系の妖怪には親がいるし幼少時代もあるのですが、自然系の妖怪はある日突然発生するので、親もなければ幼少時もありません。
そんな中での年齢設定は曖昧なモノで。
人を喰らう妖怪がなぜ学校に行っているのか判りません。
・・・どんな勉強しているのでしょう・・・。
しかも何年間か学校行に通えば「卒業」・・・というわけでも無く。
気まぐれに「卒業」して居なくなる妖怪もいるらしいですし。
気まぐれに学年を変更することも可能のようです。
・・・学年を変わるメリットって何・・・?
気分転換?
ってか、学校に通う意味があるのかな?

ま、そんな謎を残しつつ。
妖怪との高校生活を楽しんでみました。
最初の攻略キャラは、多分王道だと思われる式部密(CV:緑川光さん)。

まずは普通のハッピーエンドを迎えました。
謎が色々残されており、真相エンドが存在するようです。
誰もがきっと予想していると思いますが(笑)
ヒロインが妖怪になったきっかけを作った人物ではないかと感じています。

ヒロインのことが好きで好きでたまらなくて。
自分だけのお人形さんだと豪語する密。
ヒロインとはイタズラ仲間であり、親友という設定ですが。
とにかく謎の多い男です。
でも、かなり病んでいるのではないかと感じました。
ヒロインをコチラ側に繋ぎ留める。ただそれだけのために動いているような感じです。
狂気を含んだ彼の行動を止めることに成功し、バカップルになったのは意外でしたが(笑)
ま、相手の黒い部分に気付かず幸せに浸っているヒロインは、ある意味幸せ者ですよね。

微妙にQuinRose作品にしては大人しめに感じました。
何が・・・と言われると説明しにくいのですが。
ただ単に私好みじゃないというだけなのかもしれませんし・・・。
ハマった感がないままエンディングを迎えたので、そう感じたのかも?!
他のキャラを攻略したら、また別の感想を持つかもしれませんけどね。
王道キャラだと思って期待しすぎたのがまずかったのかな?
となると、ますます真相エンドに期待が高まりますね。
どうなるのやら・・・。
とりあえず、次のキャラを攻略しますね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。