ハリー・ポッターと謎のプリンス

趣味 文庫/小説
09 /18 2007
読み終えました!!
長かった・・・。
読み始めて一年くらいでしょうか?(嘘です)
買ってから一年間放置し、やっと最近読み始め・・・。
とうとう読み終え、ちょっと感動!
・・・ちなみにこの感動は、自分に対して、です(笑)。
ストーリー内容はもっと感動!
以下、ネタバレありの感想です♪

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
(2006/05/17)
J. K. ローリング、J. K. Rowling 他

商品詳細を見る
ハリーも6年生。(魔法学校は7年生まであります)。
初恋の人・チョウとの恋は儚く消え、新たな恋をします♪
その相手は、親友・ロンの妹・ジニーです。
ジニーは、最初っからハリーが好きだったのですが、ハリーの前では緊張し過ぎて声も出せず、息もし難いほどで。
これではどんな美人でもハリーに気に入ってもらえるはずありませんよね。
そこで、少しハリーから距離を置き、他の男の子と付き合ったりしていました。
そのお陰でハリーとも普通に話せるようになりました。
しかも、どんどん美人になって行くのです!
今では男子生徒の人気者♪
ハリーもジニーへの気持ちを抑えきれず、とうとう最後には付き合う事にO(≧∇≦)O

おめでとう、ハリー、ジニー。
ハリーの成長もそうですが、ジニーの成長がとても嬉しいです。
悪戯好きで、先学期学校を退学した双子の兄並みの悪戯心とユーモアを持ち、魔法の腕もなかなかですからね。
これで美人とくれば、人気も出ます。

しかし、今回はそんな幸せな事ばかりではありませんでした。
いよいよ最終決戦が迫っています。
ヴォルデモートとの戦いです。

今回は、ヴォルデモートの過去が色々と明かされました。
彼の両親がどうやって結婚し、彼が何故孤児院で育ったのか。
そして何故ヴォルデモートは父と同じ名前である「トム」の名を嫌ったのか。
その辺が明かされました。
そして、在学中の様子も垣間見れましたね。
11歳から17歳までのヴォルデモート。
彼は昔から闇に染まっていたようです。
何故そうなってしまったのか・・・。
類稀なる美貌と、魔法力。
そしてその頭脳。
それとも、歪んだ形での婚姻の元で生まれたが故、でしょうか。
なんとも悲しい、人を愛する事も信用する事もできないトムが哀れでなりませんでした。

在学中から、トムは己の魂を分ける策を考えていました。
そしてトムは成功したのです。
魂を7つに分断し、分霊箱にしまいこみ、隠していました。
だからこそ、かつて1歳だったハリーを殺し損ね、本来だったら致命傷であったにも拘らず、生き残り、復活したのです。
ダンブルドアは、この分霊箱を見つけ出し、破壊する事で、ヴォルデモートに死を与えようと動いていました。
しかし、その分霊箱は、生半可な事では隠し場所から取り出すことは出来ず。
結果、かなり苦労してその分霊箱を取り出し、ダンブルドアは瀕死の重傷を負いました。
そこにやってきたのが「死食い人」。
ヴォルデモートの部下達です。
手引きしたのは、ハリーの同級生で強敵(?)のマルフォイで。
その死食い人の中には、スネイプ先生も混ざっていました。
先学年まで魔法薬を教えていた先生で、ハリーの父親を憎んでいた先生です。
過去に死食い人となったスネイプ先生ですが、ダンブルドア校長は彼を信用していました。
何故校長は、彼を信じていたのでしょう。
それが不思議でなりません。
そして私は、スネイプ先生が嫌いではありません。
だからこそ、この裏切り行為は納得が出来ませんでした。
マルフォイが、スネイプは二重スパイだと打ち明けた時も。
スネイプが、校長に死の呪文をかけた時も。
信じられずに、これは何かの間違いだと思っていました。

でも、ダンブルドア校長は亡くなり、ハリーはジニーと別れ、ヴォルデモートを倒す為に立ち上がりました。
愛する人を人質にとられない為に。
もう二度と学校には戻らない覚悟で。

話は段々と暗くなると作者も断言していましたので、今後もきっと誰かが亡くなるのでしょう。
預言の通りになるのなら、最後にはハリーかヴォルデモートのどちらかしか生き残れないのです。
最終巻はすでに発売されていますが、私は原書が読めないので、翻訳版が出るのを待っています。
多分、一年後くらいでしょうか?
今から発売&結末が楽しみです!!
ハリー、頑張れ!
そして、トム。
どうか、これ以上の悲劇は止めて下さい・・・。

映画でトムの吹替えを石田さんが演じたからでしょうか。
トム(ヴォルデモート卿)を嫌いになる事ができません。
彼は一体世界をどうしたいのでしょうね。


そして、ちょっと雑談。
私は、ルーピン先生が大好きです。
ハリーが3年生の時に「闇の魔術と防衛術」を教えていた狼人間です。
今回、彼にも恋人が出来ました。
ちょっとショックです。
私が狙っていたのにぃ~(笑)。
でも相手があのトンクスなので、許します。
素敵な人ですもんね。
ルーピンとお似合いです♪

人気blogランキングへ
BlogPeopleブログランキング
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ハリーポッター 謎 プリンス ネタバレのご紹介!

ハリー・ポッターと謎のプリンスハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻, ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6) (2006/05/17) JK ローリング、JK Row

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。