スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翡翠の雫 ドラマCD

乙女ゲーム 関連ドラマCD
11 /16 2007
翡翠の雫 緋色の欠片2 ドラマCD翡翠の雫 緋色の欠片2 ドラマCD
(2007/10/31)
羽吹梨里、野島健児 他

商品詳細を見る


聴きましたよ~♪
そして、笑いました(笑)。
あ。
本編のドラマ部分は、シリアスでしたので、あまり笑いませんでしたが(でも少しだけ笑いました)。
おまけのミニドラマは大笑いしました♪
彼らの意外な一面・・・というか、なところが、また魅力的ですなので、それもよし!という事で(笑)。

【キャスト】
重森晶/野島健児さん
壬生克彦/石田彰さん
壬生小太郎/成瀬誠さん
天野亮司/浜田賢二さん
高千穂陸/伊藤健太郎さん
御子柴圭/近藤隆さん
賀茂保典/千葉優輝さん
高千穂珠洲/羽吹梨里さん
八坂真緒/桜井浩美さん
トラック1~4までがメインのドラマで、綿津見村に蔓延した疫病を玉依姫たちが解決しようと頑張るお話です。
守護者6名と御子柴、そして真緒姉さんもいたので、かなりの大人数でのストーリー。
なので、石田さん演じる克彦さんの出番が少ないのでは?とちょっと心配していましたが(笑)。
予想以上にありましたね。
全キャラ平等に、でも不自然にならないようなストーリー展開でした。
ちょっと気になったのは、ゲーム本編の、どのエンディング後でも無い事でしょうか。
最初は、裏切った亮司さんがどうのこうのという部分で、亮司エンド後なのかな?とも思ったのですが。
6人目の守護者も出現している事から、賀茂エンド後?との疑問も。
でも、どうやらどのエンディング後でもない様子。
う~ん。
それを思うと、ゲームにノーマルエンディングが欲しかったかも。

えー。
で、ストーリーに戻りますが。
洞窟の奥の祠に封印していた『マドワシ』が開放され、村に疫病を流行らせている事を知った珠洲。
御子柴によると、玉依姫本人か、その第一の守護者であれば、その洞窟に行き、封印する事が出来るというのです。
玉寄姫の守護者たちは当然、玉寄姫が行く事に異を唱え、自分が行くと言い出します。
この時、一番最初に自分が行くといったのが克彦さんで。
あっさりと珠洲に「ごめんなさい。克彦さんは一番の守護者じゃないんです」とフられてしまいました(笑)。
タイミングよく、しかもカッコつけながら登場しただけに、あっさりフられて可哀想に思いつつ。
その自信はどこから来たんだと突っ込みを入れてしまいました。
ま、それを言うなら、その直ぐ後で「じゃ、オレが」と言い出した小太郎も小太郎ですけどね。
って言うか、全キャラ自分が一番だと思っている辺りが嘆かわしい(笑)。
珠洲ってモテモテ~v
でも、珠洲の一番はわからずじまい。
珠洲は守護者を守ろうと、あえて一番を断定しませんでした。

そこで次に出した御子柴の案は、全員で行くというもので。
声は勿論、全ての音と光が遮られた洞窟へと入って行きました。
惑わされるなと、あれほど御子柴に忠告されていたのに。
入った人全員が『マドワシ』に惑わされています(笑)。
もうー。
ちゃんと人の話聞こうね、皆。

という訳で。
それぞれが己の葛藤に打ち勝って、封印に成功(え?端折り過ぎ?)。
めでたし、めでたし♪というお話でした。

マドワシの演じた底意地の悪い克彦さんも、石田さんは素敵に演じておられましたねv
最後、殺られた時の『小太郎!!』という苦悶の声は、まさに絶品♪(え?表現が変?)
私、石田さんのこういう声(演技)って大好きなのですv
普段の会話的演技も勿論素敵で好きなのですが。
こういう特殊な声って、更に好きなのです(〃∇〃)
そういう意味では、おまけのミニドラマは最高でしたね!
ゲーム本編のキャラは、カッコいい感じなのですが。
ミニドラマは、まさにギャグ!
キャラが壊れています(笑)。
石田さんは、挙動不審の克彦さんを演じているのですが、これはマジで面白い!
あ。
勿論、キャラのイメージを壊したくない方にはオススメしませんが。
私のように石田さんの声(演技)が聴きたい人には、超オススメですよv
服を着たサボテン(亮司のサボテンです)に語りかける克彦さん。
ぷぷぷっ。
いくら珠洲からのプレゼントが羨ましかったからといって、その言動ってどうなの?
もっと冷静になろうね(笑)。

あー、楽しかった♪

人気blogランキングへ
BlogPeopleブログランキング
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。