宇宙意識に目覚めた義経 ~弁慶~

18禁乙女ゲーム 宇宙意識に目覚めた義経
01 /28 2008
星の王女 ~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女 ~宇宙意識に目覚めた義経~18禁追加DISC

今更ですが。
ヒロインボイスのオン・オフ機能がやっと判りました。
喜三太攻略時には、全く判らず、ずっと聞いていたんですけどね。
どうやらヒロインボイスの設定は『源義経』のチェックを外せば良いようです。
私は、ヒロインの兄・遮那王のボイス設定だと信じて疑わなかったのです(^^;
基本的なストーリーにヒロインボイスはあっても問題ないのですが。
やはり、あのシーンには、声が無い方が好みです。

という訳で、続いての攻略は弁慶です!!


武蔵坊弁慶(CV:先割れスプーンさん)
弁慶との最初のエンディング【幼馴染】ルートの話です。
ここでは、後に女であることが全員にバレてしまうのですが。
事情を説明する際、弁慶の幼馴染である事も明かしたのでしょうか?
スッゴク気になっていたのですが、どうやら、その辺は明かしていなかったようですね。
弁慶攻略は、エンディングが多く、この【幼馴染】を観なければ、他のエンディングは観れないようになっています。

選択肢によって分岐する【二つの大地に包まれて】エンドは、ハッピーエンドですね。
前世の話がちょっとだけ出てきて、彼らの関係が垣間見れました。
そして、頼朝から逃げる事ができ、二人の子供も生まれ、崑崙の大地で幸せに暮らしましたとさ・・・。
で、終わっていました。
・・・他のキャラは、一緒じゃないんですか?
一緒に逃げたのになぁ。
ちょっと気になりました(笑)。

次に迎えたエンディングは、【死せる時は共に】でした。
ストーリー展開が今までと違って、水軍の必要性が云々というものでした。
そして、女とバレてしまうイベントも別の展開でした。
船の上でバランスを崩した義経(ヒロイン)が水中へ転落。
弁慶が飛び込み、一命を取り留めたものの、服が体に張り付いて体型を露に!
それ以降、何故かよそよそしい弁慶。
しかし、義経が女であろうと男であろうと、自分が惚れて付いてきたのは「義経」という人物だからこそ、と。
彼は彼なりに考え、気付かないフリをする事にしたのです。
うーん。
イイ漢だなぁー(笑)。
ただ、このルートは悲恋・・・というか、タイトル通り一緒に死んでしまうというもので。
お腹に子供がいながら、弁慶と共に死ぬ事を選択。
忠信の式である妖狐が羽交い絞めにして止めたにも拘らず、それを振り切って戦地の真っ只中へ。
それはある意味凄い事ですよね。
人の身でありながら、妖狐の力を振り切るだなんて。
でも、それが愛のなせる業・・・なのかな?
ただ、我が子も一緒にという展開が良かったのか悪かったのか・・・微妙です(^^;

そんな私のモヤモヤを解決(?)したのが、次に迎えたエンディング【死が二人を分かつとも】でした。
史実通り、義経を守って全身に矢を受けました。
愛する人と我が子の事を最後まで思いながら。
・・・・・・。
・・・泣けますね。

【久遠の宝】エンドでは、義経が捨て子だという事が明かされました。
頼朝によって。
そこで、仲間の命と引き換えに、妾になれと脅してきたのです。
・・・とことん嫌な奴だなぁ(笑)。
そこへ現れたのが、義経を助けに来た弁慶!
颯爽と攫って行って、二人で逃避行ですO(≧∇≦)O
追われる身でありながら、幸せな二人。
あれ?でも待ってください。
他の人達は?(^^;
喜三太や忠信たちはどうなったのでしょう。
気になります。

最後に迎えた【静けし涙】エンドは、多分弁慶ルートでは最悪のエンディングですよね。
弁慶は頼朝によって殺され、義経は「静」として弁慶の子を生み。
でもその子は、歴史上は死んだ事にされ、北条家で育てられ。
義経の人生、なんとも後味の悪いモノとなりました。
やはり攻略順は、気をつけないと、ですね(^^;

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします




星の王女 ~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女 ~宇宙意識に目覚めた義経~18禁追加DISC
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

きょう亜樹と、購

きょう亜樹と、購入しなかったよ。
それで着替えするはずだったの。
だけど、きょう亜樹と、発売予定したいです。
だけど、みそパンダが松山ケンイチ特集は意識した。
だけど、ひなで発表するつもりだった?
だけど、歩智(ポチ)は宇宙意識は上映すればよかった?

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。