貴族探偵エドワード

趣味 文庫/小説
02 /05 2008
角川ビーンズ文庫の「貴族探偵エドワード 銀の瞳が映すもの」ですが。
あまりにも面白く、読みやすく、昨夜一気読みしてしまいました!
私にしては珍しい事です。
WJより優先して読んでしまいましたから(笑)。

早く続きが読みたいっ!!
明日は絶対買いに行かねば♪
架空の国・アングレの首都ロンドラにある小さな探偵事務所。
そこで探偵業を営む少年エドワード(18歳)が、彼の守り役・シーヴァ(27歳)と共に、母校で起きている幽霊騒ぎを解決する事になったのです。
そこで不思議な能力を持つ霊感少年トーヤと出会い、今回の奇怪な事件を解決。
推理小説ではなく、ちょっとオカルトチックなファンタジー小説です。

イギリス風の世界観ですが、でもちょっと違ってて。
本当に幽霊が出てきたり、その幽霊と会話できる少年が出てきたり。
メインキャラたちの最初の出会いなども織り込まれ、とても読みやすい小説でした。
魅せ方が上手いですね。

という訳で、ドラマCDにも手を出してみました(笑)。
でも今、取扱店が少ないんですよね。
なので、今回はKORDER.comで注文しました!
届くのが待ち遠しいですvv

【キャスト】
エドワード・H・グラッドストーン:宮野真守さん
シーヴァ・アトウッド:森川智之さん
トーヤ・アカホシ:柿原徹也さん
ケビン・プライス:檜山修之さん
ハリエット・マーシャル:佐久間紅美さん
ジェイド:日野由利加さん
クレメンス・マクファーソン:石田 彰さん

このドラマCDは、石田さんご出演という事で、以前チェック入れていたんですけどね。
原作を知らない事と、金銭的理由から購入しなかったのです。
こんな事なら、最初から買っておけば良かった(^^;

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。