宇宙意識に目覚めた義経 ~遮那王~

18禁乙女ゲーム 宇宙意識に目覚めた義経
03 /21 2008
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~ 全年齢版星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~ 全年齢版
(2007/03/23)
Windows

商品詳細を見る

星の王女 ~宇宙意識に目覚めた義経~18禁追加DISC星の王女 ~宇宙意識に目覚めた義経~18禁追加DISC
(2007/03/23)
Windows

商品詳細を見る


遮那王(CV:プログレスさん)千葉進歩さん

最後の攻略キャラは、ヒロインの大好きな兄・遮那王です!
ここまで来ると、殆どの内容が既読スキップ可(笑)。
なので、サクサクと進みました。
彼とのエンディングは二種類。
【散りゆく桜のように】ENDと【瞬夢】ENDです。
基本的なルートは同じなのですが、
最初の選択肢「やっぱり兄様と離れるなんて嫌だ」 「これ以上兄様を困らせちゃだめだ」と、
中盤に出現する選択肢「少し外を歩いてみようか」 「そろそろ眠った方がいいかな」のどちらかを選ぶかによって、回想シーンが追加され、エンディングが変わるようです。
そして最後に、戦をするなと言う頼朝に対し、「納得できない」を選ぶと、後は選択肢も無く進みます。

【瞬夢】は、兵糧を届ける際に、法皇様幽閉の知らせを持ってきた辺りから、展開が変わりました。
今までは、ただの兵士でしたが、今回は「盛遠」という仮面の男でした。
法皇の元に居る妖しい術使い「文覚」の配下であるこの仮面の男・盛遠。
実は、術によって操られている遮那王でした!!
驚きですね。
死んだはずの遮那王が生きていて、しかも操られ義経に斬りかかってきたのです。
必死の攻防の末、仮面を剥いで素顔を明らかにし、その事実に驚く義経。
でも考えてみれば、義経も一度死んだ身ですよね。
なので、何でもあり、です(笑)。
操られている兄に必死に呼びかけ、正気を取り戻させる事に成功した義経。
しかし、文覚はそれでも諦めず、術を使います。
義経へ太刀を振るう事を拒む遮那王。
葛藤の末、その刃を自分に向けました。
目の前で血まみれになる兄・遮那王。
二度も兄を亡くそうとしている義経は、これを夢で片付けたくて仕方がありません。
隙だらけの義経。
今回の計画の失敗を悟った文覚は、次代に計画を移す事にし、義経をも殺してしまいました。
一体文覚は何を望んでいたのか。
不老を求める法皇様とは異なる目的を持つ文覚。
このルートでは、それは明かされませんでした。
という訳で、義経の死でこのルートは終了です。


【散りゆく桜のように】のルートでは、文覚が義経の体の中にある宝珠を求めている事が判明しました。
源氏以外の者が宝珠を手に入れ扱うには、宝珠を持つものと近しい者が、アマノムラクモノツルギで殺さなければならないのだそうです。
義経を殺そうとする遮那王。
しかし、最後の最後で自我を取り戻し、文覚に斬りかかります。
でも、待ってください。
遮那王は文覚の術によって生かされているのです。
文覚が死ねば、遮那王も死んでしまいます。
兄を喪いたくない義経は、当然止めるのですが・・・。
その事実を知っても、遮那王の気持ちは揺るぎませんでした。
文覚を生かしておけば、また義経の命を狙うからです。
妹を守れず、無念のまま死んでしまった遮那王としては、今度こそ妹を守りたいのです。
文覚を殺し、遮那王の命も・・・。
その亡骸を抱き、泣き続ける義経。
その時、義経の体内が熱を帯び、光が遮那王を包みます。
宝珠の力によって甦った遮那王。
こうして義経は桜子に戻り、遮那王と末永く暮らしたのでした・・・。
勿論、夫婦になって。
でも待ってください。
このルートだと、二人は双子の兄妹設定のままですよ?
近親相姦ですか?
・・・ま、18禁だから、ありなのかな?
あと、まだ解決していない疑問が!
文覚の目的って、何でしょう?
それと、桜子が叔母の家で育てられていた理由です。
なぜ遮那王と暮らす事、会うことが禁じられていたのか、さっぱりです。
宝珠の関係・・・なのでしょうか?
うーん。
気になります!!

しかし、エンディングを全て制覇したお陰でしょうか?
【鑑賞】コンテンツに「文覚シナリオ-袈裟-」が出現しました!!
「袈裟」とは、かつて文覚(昔の名を盛遠)が愛した同僚の妻の名でした。
もしかすると、文覚は袈裟を甦らせたかったのかもしれませんね。

さってと。
間もなく、予約していたゲームも発売されるのですが、未開封のゲームもあるんですよね。
次はどれをプレイしようかなvv

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。