スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW最終日・・・。

趣味 文庫/小説
05 /06 2008
・・・・・・・・・・・・・・。

疲れました。

色々あって。

火事騒ぎ(親ばかブログ参照)の後は、ロタ騒ぎです。
まぁ、ノロじゃないだけマシ・・・なのかな?
義妹宅でロタウイルスが蔓延したんです。
幸い、我が家は今のところ感染しておりませんが。
WG中、両家を行き来していた子供達は、要観察状態です。

さて。
慌ただしかったGWも今日が最終日ですね。
帰省されておられた方も、そろそろ明日の準備に取り掛かっている頃でしょうか?
私は明日からまた、ゲーム三昧の予定です!
あ。
勿論、求職活動もしますよ。
失業手当はしっかり貰いたいので(笑)。

結局、様々な騒ぎのお陰で、あまり本が読めませんでした。
う~。
読書三昧の予定だったのに(><)
まぁ、仕方ないんですけどね。
読書(趣味)よりもご近所同士の助け合いが優先ですから。

取り合えず、ときメモGS2の小説を1冊だけ読み終えました。
ときめきメモリアルGirl’s Side2nd Kiss S (1) (KONAMI NOVELS 14)ときめきメモリアルGirl’s Side2nd Kiss S (1) (KONAMI NOVELS 14)
(2007/02/28)
ちゃい

商品詳細を見る

#1 佐伯瑛:ダブルデート
#2 氷上格:ヒトリジャナイ
#3 針谷幸之進:マリンレッド
#4 真咲元春:スペシャル!
#5 女友達:ランチタイム

ライトノベルというジャンル別けの意味は良く判りませんが。
これはそれぞれのキャラの日常を綴った短編集ですよね。
男の子とヒロインのゲーム本編のサイドストーリー・・・?
ゲーム本編では描かれなかった部分です。

佐伯くんのお話は、ダブルデートで遊園地に行った時のお話でした。
ゲームでは、ミニキャラで表現されていたメリーゴーラウンド。
馬車に乗った二人がそこで惚けた会話をしているシーンが描かれていました。
思い出の写真を撮ろうと言い出すヒロイン。
渋る佐伯くんですが、でもまんざら嫌でも無さそう・・・?
傍目には、仄々とした初々しいカップルなのですが。
天然ヒロインに振り回されている佐伯くんが可愛かったです(笑)。

氷上くんのお話は、生徒会執行部内での氷上くんの葛藤がメイン・・・かな?
己の正義を貫き過ぎて、他人の意見を受け入れられない氷上くん。
間違っていないけれど、正しくもない氷上くんの言動にヒロインはどう声を掛けて良いのか判りません。
一人で突っ走る氷上くんに、何とか気付いてもらおうと必死になるヒロイン。
一人じゃないんだよ?
皆を頼っても良いんだよ?
周りがどんどん見えなくなっていく氷上くんには、上手く言葉で表すのが苦手なヒロインの必死の言葉の方が届きやすかったのかもしれませんね。

針谷くんのお話は、ゲーム本編にあった、風邪でデートをドタキャンされた時のものがメインでした。
お見舞いに行ったヒロインのその後が描かれています。
おかゆを作ってあげたり、コタツに入って一緒にミカンを食べたり。
針谷くんのお母さんも登場しましたね。
このヒロインは、どのヒロインよりも天然が炸裂(笑)。
針谷くんが、ヒロインのペースにやられっ放しで、読んでいて可笑しかったです。
でも実際あそこまで鈍いヒロインって、居ませんよね。
そんな彼女に惚れた針谷くん。
ご愁傷様です(笑)。

真咲先輩のお話は、受験直前のお話でした。
真咲先輩と同じ大学に行きたくて受験勉強をしているヒロイン。
でも、真咲先輩の事は気になって、勉強が手につきません。
微妙な関係の二人。
デートもしているし、ただの先輩後輩という関係とはいえない間柄。
それなのに、ヒロインは自分の気持ちが何なのか気付かずに。
そして真咲先輩も、それを言葉に表そうとはしません。
受験が終わるまではと、待っているのです。
そんな真咲先輩の気遣いに気付かず、答えを探そうと必死になっているヒロイン。
鈍いというのもありますが、それでもちょっと可哀相でした。
受験が終わったら、たくさんデートして、たくさんお話してくださいね!

そして、最後のお話は、ゲームに登場する女の子達のランチタイムでの雑談が描かれていました。
それぞれの個性が良い感じで表現されていました。
でも考えてみれば、同じ学校に通うというだけで、クラスも部活もバイトも違うのに仲良くなった彼女達。
まぁ、小野田さんと水島さんは、中学時代からの知り合いっぽいですけど。
この面子が仲良くなるなんて、普通ありえないですよね。
やはりここにも、ヒロインの魅力が関係しているのでしょうか?
人を惹きつけるんでしょうね。
・・・多分(笑)。
お話そのものは、特に面白いというものではなく(爆)。
彼女達の男の子の好みについて盛り上がったり。
灯台の伝説について、本当に雑談というか、女の子特有の何気ない話で盛り上がるというものでした。
本当に、おまけ程度。
私としては、恋のライバル的話題で盛り上がって欲しかったです(笑)。

二巻もこの調子で各キャラ別の物語なんでしょうね。
私としては、もっと横の繋がりが読みたかったです。
あの魅力的な男の子達が、普段学校でどんな風に関わっているのか、知りたいですから!

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします



【関連商品】

ときめきメモリアルGirl’s Side2nd Kiss S (2) (KONAMI NOVELS 15)
コナミノベルス「ときめきメモリアルGirl's Side 2nd Season Short Stories」 (KONAMI NOVELS 24)
ときめきメモリアルGirl’s Side 2nd Kiss‐celebrate encounter〈1〉佐伯瑛編 (手のひらBOOKシリーズ)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。