夢中で読み耽っています

趣味 文庫/小説
06 /13 2008
伯爵と妖精―あいつは優雅な大悪党 (コバルト文庫)伯爵と妖精―あいつは優雅な大悪党 (コバルト文庫)
(2004/03)
谷 瑞恵

商品詳細を見る


読み始めると止まらず。
子守りそっちのけで(待て!)読んでいます。

何というか、この伯爵(エドガー)の女ったらし振りは、凄いですねー。
呆れと感心と鬱陶しさで、私の彼に対する評価はかなり微妙です(笑)。
恵まれた美貌と話術は、自他共に認めるだけの事はあるのですが。
でも言い換えるなら、それ以外何もない男なんですよ!
そんな彼に好感を抱くのは難しいかなぁ、と。
でも、本気で惚れた女性には、かなり弱いですよね。
いえ、行動そのものは積極的で、今にも襲い掛かりそうなのですが(笑)。
純粋で潔癖で頑固な妖精博士のリディアが相手では、その辺の女性を口説くようなやり方では落ちるはずも無く。
悪戦苦闘している姿が微笑ましいです。
伯爵と妖精紳士の射止めかた教えます (コバルト文庫 た 16-32)伯爵と妖精紳士の射止めかた教えます (コバルト文庫 た 16-32)
(2007/10)
谷 瑞恵

商品詳細を見る


で、今はこの巻を読んでいます。
12冊目・・・でして、外伝集になっています。
10冊目でようやくエドガーのプロポーズを受け、正式に婚約した二人。
(余談ですが、11冊目は花嫁修行でリディアが苦労するお話でした)
長かったですねー(笑)。
まぁ、元はと言えば、伯爵の第一印象が最悪だったことと。
その後知った、女ったらし振りが酷すぎたのですから、リディアの心配も尤もなので、自業自得だと思うのですが。
あそこまで迫られて落ちない頑固な女の子も凄いです(笑)。
(でも私はそんな彼女が大好き♪)

エドガーとリディアは結婚が決まっても、まだまだ波乱万丈の予感!!
エドガーには、伯爵家の宿敵とも言えるプリンスの「記憶」が入っていますからね。
二人で困難を乗り越えて欲しいです。

さ。
続きを読もうっと♪

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします



【関連商品】
伯爵と妖精 プロポーズはお手やわらかに ドラマCD
伯爵と妖精 紳士の射止めかた教えます ドラマCD
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。