予定通り

乙女ゲーム 遙か シリーズ
06 /29 2008
遙かなる時空の中で4 トレジャーBOX遙かなる時空の中で4 トレジャーBOX
(2008/06/19)
PlayStation2

商品詳細を見る


遙か4に夢中♪
毎晩、睡眠時間を削ってプレイ中です。
でも、なかなか進まないんですよね(^^;

ヒロイン名は、デフォルトでプレイすると、キャラがちゃんとボイス付きで呼んでくれます♪
なので、私はデフォでプレイ。
やっぱり、一緒に戦えるヒロインって、良いですよね~。
前作(遙か3)のヒロインの好感度が高かったのは、偏にそれにあると思うんです。
なので今作でもヒロインが戦え、しかもちゃんと戦力になると言う設定は、とても嬉しかったです。

一周目では攻略できないキャラとか。
恋愛対象じゃない、でも魅力的なキャラ(リブ・カリガネ・サティなど)が居る関係で、不満が無いわけではないのですが。
プレイし甲斐のあるゲームだと思います!!
(そして、密かに追加ディスクを希望(笑)もっと多くのキャラと恋愛したい♪)
待った甲斐があったなぁ(〃∇〃)
そして何よりも嬉しいのが、アシュヴィン(CV:石田彰さん)の台詞が多い事でしょう(笑)。
人間味溢れる、感情のあるキャラ。
勿論、泰明さんのように無口なキャラも大好きなのですが、石田さんの声を少しでも沢山聴きたい私としては、今回のキャラシャッフルは嬉しかったです。
今回は、地の青龍なんですよね。
今後このシリーズが多方面で発展し、石田さんの声がもっともっと聴けると良いんですけどね~(〃∇〃)

で、ゲームの進行状況ですが。
以前叫んだ通り、最初に那岐(CV:宮田幸季さん)を攻略し終え、ニマニマ(笑)。
現代では風早と共に3人で一緒に暮らしているという設定ですが、周囲にはどう説明していたんでしょうね?
親戚同士?
周囲の友達にも、仲が良いと評されている割には、付き合っているとは思われていない様子。
家族として認識されていたのでしょうか?
その辺の状況がもっと詳しく知りたいです!!

以下は若干のネタバレ有りプレイ感想です。
(注:攻略情報はありません)
那岐攻略中に、衝撃的展開が。
アシュヴィンの雷を受けて、二人が黄泉路へ旅立ってしまったのです。
まさか(私の大好きな)アシュヴィンの手にかかって二人が生死の境を彷徨う羽目になるとは・・・。
(いえ、でも正確には、アシュヴィンのせいではないのですが、一瞬そう感じたので)
ショックを受けつつ、プレイし続けていると、何とか二人は現に戻って来れました。
ほっ。
と、一安心したのも束の間。
二人が甦ったのは、その体に流れる王族の血のお陰だとか。
ここで、那岐が千尋(王族)の親戚である事が判明・・・。
その関係で、さらに周囲の思惑が絡み合い、面倒な事に。

この後の展開は、ちょっと切なかったですね。
お互いを大切に思っているのに、すれ違う思い。
必死になる二人が可哀相でした。
で、私は、勇気を振り絞って「那岐が好き!!」と告白したのですが・・・。
思いっきりフラれてしまいました(^^;
しかも、それに対して「私」はかなりショックを受けたのに、「千尋」は「私」ほどショックを受けていない・・・様な気が。
気のせいでしょうか?(^^;
一大決心で告白したのになぁ。

でも、最終的には、協力して敵をやっつけ、幸せに♪
ふふふふふっ。
あのやる気の無い那岐が、やっと熱い台詞は囁いてくれました。
海に膝まで浸かっていた状態ですが、海水程度では、その熱を冷やす事は不可能でしょう!!
・・・でも、風邪ひかないでね、二人とも(笑)。

こうして、一周目を終了。
次は、ノーマルエンド(?)の孤高の書を進めていこうと思い、プレイしたのですが・・・。
何故かアシュヴィンの章に突入。
でも嬉しい誤算でした(笑)。

皇(アシュヴィンの父)の命で、千尋と対峙するアシュヴィン。
しかし皇は、そのアシュヴィン共々千尋を攻撃したのです。
兼ねてから、父の言動に疑問を感じていたアシュヴィンは、自分の真の敵が皇である事に気付き、反旗を翻しました。
実は皇は、黒龍に操られていたのです!!
しかし、いくら操られているとはいえ、常世の国の最高権力者である事に変わりは無く。
戦力的に圧倒的有利を誇る相手と戦わなければなりません。
そこで、常世の国の皇子と、中つ国の皇女が手を取り合えば、軍備増強に繋がるとし、偽装結婚をする二人。
でも千尋はその展開に心が付いていかず、戸惑う事に。
それはそうですよね。
国のために犠牲になる結婚なんて・・・。
例え相手が、少し気になる存在であったとしても。
それに、戸惑う千尋と違い、アシュヴィンは平然とした態度。
できる事なら、好き合って結婚したいのに、政略結婚と割り切ったその態度に、「私」はショックを隠せません。
あぁ、アシュヴィンが冷たい・・・(T△T)
でもその後で、ちょっと喧嘩したら、アシュヴィンが謝りに来てくれましたvv
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
嬉しい~!!
もうこれだけで、全てを許してあげれます(単純/笑)。

こうして、二人で力を合わせて皇に立ち向かい。
困難を乗り越え、未来を掴みました!!
そして、偽装結婚ではない、二人だけの結婚式を・・・。

()

アシュヴィン、大好きです~!!


という訳で、現在二人を攻略し終えました。
今度こそ、【孤高の書】ルートのエンディングを迎えたいですね。
そして、【大団円の書】を開きたいです!!

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ボチボチと・・

こんにちは♪
亜樹さんも、順調に、二人目攻略されて、で、その思いもかけずアシュヴィンの章に突入されたところが、素晴らしい!
私、2周目に狙ったにも関わらず、入れず(^^;)
今は、遠夜と那岐、そして、昨日、風早一つ目で、涙流してしまいました。
那岐の時も、泣いたんだけど、最近、涙腺弱くて困ります~
どうしましょ・・・
このまま「いま、会い」を聞くのが、すっごく怖いです。
目が腫れてしまいそうで・・・

遙か4、ほんとに待った甲斐がありました。
亜樹さんの仰るように、派生ソフトやドラマCDやら、アニメになってくれるといいですね。そしたら、たくさん、この世界に浸れそうです(^^)

泣けますよね!

v-278晶さん

遙かのストーリー展開は、あっと驚くものが多く、泣けるシーンも多いですよね!
もう、楽しくて、楽しくて。
睡眠時間を削ってプレイしていたら、今朝、しっかり寝坊してしまいました(爆)。

・・・・反省(^^;

でも今夜も頑張りますよ~v
風早のもう一つのエンディングが早く見たいですしね♪
お互い、頑張りましょうね!

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。