遙か4 コンプリート!!

乙女ゲーム 遙か シリーズ
07 /08 2008
遙かなる時空の中で4 トレジャーBOX遙かなる時空の中で4 トレジャーBOX
(2008/06/19)
PlayStation2

商品詳細を見る


風早エンド2を最後に観たのは正解ですね!!
事の真相が明らかになりました。
なるほど~。


以下、ネタバレ感想です!!
最初の疑問は、風早エンド1ルートでの出来事でした。
時間稼ぎの為に風早とアシュヴィンを残して出航(出港?)した天鳥船。
二人の無事を祈り、髪を切った千尋(ヒロイン)の元に、風早は戻ってきました。
驚く千尋。
風早は、出航ギリギリに乗り込めたと言っていましたが、どう考えてもそれは無理があります、よね?

次の疑問が、シャニ攻略時の出来事。
彼が書き記した日記が、伝承として残されていると言う事。
筆跡も汚れも、シャニの記憶にあるものばかり・・・。
これだとまるで、シャニが予言しているように感じますよね。
まぁ、時間枠的に【予言】とは言えないかもしれませんが。

そして、一番納得の行かなかった忍人ルート!!
彼との異なるエンディングって・・・。

その疑問すべてが、風早が白麒麟だという事実の判明で、納得が出来ました。
彼の主は龍神で、人の世の善悪を判定するために遣わされた存在だったのです。

この世界は龍神によって時間を歪められ、何度も何度も歴史を繰り返いていたという件には、驚きを隠せませんでした。
・・・いや、まぁ、隠す必要もないのですが(笑)。
パラレルワールドではなく、現実に、歴史を繰り返していたんですね。
平和な中つ国に戦が起き、二の姫だけが生き残ると言う歴史を。
そして人々の辿った道は、おおむね同じだった為に、類似した伝承がいくつも残っている、と。

なるほど。
シャニの日記も、忍人の別のエンディングも、繰り返し同じ歴史を刻んでいれば、有り得る話ですよね。
そして、ギリギリ船に乗り込んだと言う最初の疑問も解決。
アシュヴィンは黒麒麟に乗って、天鳥船に帰還したのですが、風早は自力で(元の姿になって)空を飛んだんです。
・・・そりゃ、追いつきますよ。

はー。
奥が深いですね。

何度歴史を繰り返しても、人の世は争いを生み、平穏の世が続かない・・・。
確かに、創造主である神が、それを憂いてしまうのも仕方の無い事かもしれませんが。
傲慢とも取れますよね。
今、必死に生きている人々を無に還そうだなんて。

で、千尋たちの活躍のお陰で、神の世が終わり、人の世が始まったわけです。
新たな伝承が・・・。

遙か1~2で神子が龍神の贄だと言う設定は、この辺の名残(伝承)なんですね。
そして八葉と呼ばれる神子を助ける存在が生まれ、人の世に災いが起きたとき、立ち上がると。
でも、基本的に龍神は手を引いたわけなので、歴史が進むにつれて力が失われていった・・・。
そんな感じでしょうか?

全ての始まりの物語。
色々と感動しました。
そして、かなり泣きました(^^;
でもシリーズの中で、一番私好みの作品です!!
いつかまた、最初からじっくりとプレイしたいですね(〃∇〃)

人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします



【関連商品】
遙かなる時空の中で4 コンプリートガイド 上
遙かなる時空の中で4 コンプリートガイド 下
遙かなる時空の中で4 オフィシャルガイド
遙かなる時空の中で4~大地(おおつち)の書~
遙かなる時空の中で4~天空(あめそら)の書~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。