クレプシドラ 伝道師カテキスタ

乙女ゲーム クレプシドラ
06 /23 2009
クレプシドラ ~光と影の十字架~クレプシドラ ~光と影の十字架~
()
不明

商品詳細を見る


続いての攻略は、闇のクレプシドラの伝道師・カテキスタ(CV:小野大輔さん)♪
小野さんの声を聴くと、↓【Little Aid】の沢登先輩を思い出します~(〃∇〃)
Little AidLittle Aid
(2005/11/23)
PlayStation2

商品詳細を見る

個性的で傍迷惑で、でも優しくて少しズレた気遣いの仕方をする人で・・・素敵でしたね。
ふふふふふっ。
今回小野さんが演じたカテキスタも、少し癖のあるキャラでした。
・・・沢登先輩ほど奇抜ではありませんでしたけどね(笑)。

ヒロイン・イヴは心の声が見える(聴こえる)のですが、闇属性の彼はディス同様、ヒトの罪が見えます。
そしてディスの部下だけあって、彼が罪の意識を抱えてい事を知っています。
そのせいでしょうか。
カテキスタの言葉の端々には、意味深なメッセージが隠されている・・・ように感じます。


基本は「軟派なお兄さん」なんですけどね~。
まだ年端もいかない(と思われる)イヴをデートに誘ったり、キスを催促してみたり、ベッドに誘ったり・・・。
相手が子供だから、適当にはぐらかされる・・・というか、理解できないだろうと高をくくっているのでしょうか?
それとも冗談に見せかけて、本気で誘っているのでしょうか。
う~ん、判り難いキャラです。
でもビジュアルも声も好みなんですよね。
彼になら、誘われてもイイかも(笑)。

今回のルートで、イヴの中に、ディスやアルの過去に関わる少女の魂が宿っている事が判りました。
が、これって、転生と解釈しても良いのでしょうか?

カテキスタがイヴに近付く理由は、ディスのためなのでしょうか?
それとも純粋に彼女を気に入っているから?
何となく、恋愛的展開は望めそうに無いと感じながら、それでもカテキスタと過ごすのは楽しいです。
そしてディス・ルートのようなギャグ要素は少なく、笑える部分は少なめでしたが、考えさせられる部分が多かったです。
カテキスタは、クレプシドラにやってきたこの少女に、色々な期待をしているのかもしれませんね。
ディスの心を癒す・・・というのもあるでしょうし、もしかすると自分も救われたいと思っている・・・のかも・・・?


カテキスタのエンディング1種類のようですね。
夜、寝付けなくて困ってしまったイヴ。
一人寝が怖いのか、寂しいのか・・・。
カテキスタとイケナイ遊びがしたいのか、トランプがしたいのか・・・(笑)。
そんな選択肢は登場しますが、私の思惑通りには事が運びませんでした。
・・・ち。残念(笑)。

ポーカーの真剣勝負。
カテキスタが勝ったら、イヴは今夜、彼と眠る事に。
そしてイヴが勝ったら、カテキスタはバロと眠らなければなりません(笑)。

で、勝負は一勝一敗の引き分けとなり。
イヴはカテキスタと眠り、カテキスタはバロと眠る事になりました。
・・・つまり、3人一緒に眠る、のだそうです(笑)。
既に墓穴の中で眠っているバロの元へ向かう二人。
私の欲望的には若干の不満が残りますが・・・。
でもまぁ、一応カテキスタと一緒に眠ることができたので、良しとしますvv
カテキスタの寝顔、可愛かったなぁ(〃∇〃)
それにこれでイヴも眠るのが寂しく無いですし・・・きっと楽しい夢が見れることでしょう。

狭い墓穴の中で、彼らの下敷きになってしまったバロ・・・ご愁傷様です(笑)。


人気blogランキング参加中
↑1クリックお願いします

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

亜樹(あじゅ)


ドリーマーな妄想が趣味の乙女ゲーマー。
声優・石田彰さん、安元洋貴さん、前野智昭さんたちの大ファンです。
此処では乙女ゲームの感想をメインに、漫画やドラマCD等についても萌え綴ります。
今日明日も明後日も、私は趣味に勤しみます♪

ただ、自由時間が少ない関係で、記事内容が時期外れとなる場合が多々ありますので、ご了承下さいませ。
また、当ブログは趣味のブログですので、私個人のその時の感情を全面的に出しております。
記事内容で不快になりましても一切責任は取れませんので、自己責任でお願いします。
コメント・トラックバックは承認制。アダルト系や宣伝目的、管理人が凹む内容は削除対象ですのでご了承下さい。

当ブログはリンクフリー。
相互は募集しておりません。


↑バナーをご利用の方はお持ち帰りでお願いします。